« 東山魁夷展 | トップページ | つぶやき・・(-_-;) »

2004年5月22日 (土)

お帰りなさい

北朝鮮拉致被害者の家族5人の方々お帰りなさい。

夕方から、首相への期待が一転して厳しい批判に変わってしまいました。
「これでは子供のつかい」「予想できる範囲での最悪の結果」と。

毎回、曽我ひとみさんはお気の毒だと思います。
それでも、他の方々への配慮と今後の望みを含めたしっかりした言葉、
家族が帰ってきても喜べない、蓮池さん、地村さん夫妻の苦悩の表情・・・
行方不明者の10人についても「再調査」にとどまり、
一人も一緒に帰国させることができなかった。
一気に解決に至らなかったということで、
批判されるのは、しかたがないことのように思います。
ですが、

これまで子供のつかいすら出来なかった人は、批判の対象すらならなかったわけですし、今回の結果に満足できなかったのは、小泉首相も相当のものでしょう。
理の通る相手ではないので、慎重にもならざるを得なかったところもあると思われます。
もう少し、踏み込んで会談をして欲しかった気持ちも大いにありますが、
バスから降りてきた家族5人の方々が、出迎えた人々としっかり両手で握手をし、
やわらかい笑みも見せられたことで、今回努力をした人々に対してねぎらいたいです。
そして、蓮池・地村さんご家族は、これからまた新しいご苦労があると思いますので、
まず、自分たちの生活のことを考えていっていただきたいです。

全面解決に向けて、政府に早急にさらなる努力を、期待します。

|

« 東山魁夷展 | トップページ | つぶやき・・(-_-;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/637088

この記事へのトラックバック一覧です: お帰りなさい:

« 東山魁夷展 | トップページ | つぶやき・・(-_-;) »