« 陸上アテネ五輪代表選考会 | トップページ | 清原2000本安打! »

2004年6月 3日 (木)

小学生の心理

あまり、一つの記事(まして、あまり明るい話題ではないもの)に固執したくはないのですが、私がよく訪れる高校の先生をなさってるcosさんのところの「心の教育」「被害者の人権は?」や、ピーちゃんの身元引受人さんところの「最初から殺すつもりだった」で記載されているように、複雑な問題がある事件です。
やりきれない思いがつのります。

加害者の話ばかりが前に出て、他の事件と同様に、被害者の人権の保護が後回しになってきそうです。
正しいことを子供たちに伝える・・・ほんとに難しいものです。
現場では、ほんとうに、真剣に皆さん努力をなさってるはずですが、昔のように『要注意』と明らかにわかる子供ではなく、成績もよく、ごくごく普通の子供が、とんでもないことを起こすようになり、対処しようがないところもあります。
成長の過程において、子供たちの世界をつくり、親や教師に「言えない」、「言わない」ことも増えます。
賢い子供は、上手に取り繕うこともします。

7年前の神戸の事件が起こった頃、その地域の近くの中学校の教師の知り合い(生徒指導担当をしていた人もいます)が数人いたのですが、彼らが同じようなことを言うのは、
「最近の情報社会で、子供たちは、自分たちが罪に問われないことを、明らかに意識して行動している。」
ということです。
それを聞いたとき、衝撃を受けました。まさか・・・と思いました。
でも、「陰湿で、ずるがしこくて見ていて腹が立つこともある。」という感情的な表現を、教師がするくらいひどいものもあるようです。
事後の周りのことを考えず、自分のことだけは、守る術を知っている(守ることができるつもりでいる)ようです。
もちろんみんながみんなではありませんが、今はどんな子供たちも加害者になる可能性があるということです。
コミュニケーションのとり方が下手で、感情を抑えきれない、命の尊さもわからない子供たち・・・
ネットやメールで伝えるのも決して悪いとは思いませんが、もっともっと視野を広げましょうね。
パソコンは道具です。それを操るのは私たちです。楽しく役に立つ道具にしましょう。

1学級しかない学校も私の周りの地域でもいくつかあります。
6年間同じメンバーで過ごすのは、結束も固くなりますが、どうしてもうまくいかない相手ともずっと一緒で逃げ場がなくストレスもたまります。
担任教師も、協力者がなく、一人で子供たちを見て、事務的な業務(教材を選定する、学級通信をつくるなど)も、行事の準備も、会議の出席も、親や地域とのやりとりも、全部一人でしないといけないのです。
目が届かないことも、出てきて当然だと思います。限界がありますね。
心理的負担も相当で、転勤や休職を希望する教師も出るほどです。
そこをなんとか、先生方にも、頑張って頂いて、少子化で親も共働きの多い時代ですが、親側にも、学校に責任をおしつけるようなことはしないで、学校を、みんなの力で、楽しいところにしましょうね。

|

« 陸上アテネ五輪代表選考会 | トップページ | 清原2000本安打! »

コメント

ショッキングな事件でした。

問題は簡単ではないんでしょうけど、
学校でできることには限度があります。
だから家庭での教育も重要です。

学校教育は家庭の協力があって成り立つ気がします。
共に育てていこうという姿勢を啓蒙しないと
学校はますます辛くなるかも。

投稿: bass0451 | 2004年6月 3日 (木) 14:45

なんだか知れば知るほど憂鬱になる事件ですね。
チャット、
PC
テレビの番組
普通の子供・・・

どこででも起こりうる事件・・・なんですね。

投稿: Cos | 2004年6月 3日 (木) 20:27

bass0451さん、おっしゃるとおりです。
基本は、やはり家庭で自分の子供の教育をしなければいけないですね。
Cosさん、教育現場にいらっしゃるだけに、
ご心労も大きいかと思います。
生の声を聞かせて頂き、
こういう事件が繰り返されないよう祈りたいです。

投稿: (^o^)丿mee | 2004年6月 3日 (木) 22:56

どうもです。なんだか暴力的な小説や映画が問題なんていう何度もいままで出た話に落ち着いちゃったりするのかなぁと 思ったりしています。それにしても小学校6年ですからねぇ。う~ん。
僕は人もそうだし、動物、植物、命に触れ合う時間が大事なのかも知れないなぁと思って居たりします。

投稿: | 2004年6月 3日 (木) 23:56

惑さん、こんにちは。
何度も今までに出た話・・・そうなんですよ、
それだけ、事件が増えたってことですよね。
最近の住宅事情で、植物、動物が身近に少ないですし、
核家族化で、人間の命が亡くなることも、
目の当たりにすることも減ってますから。
生きてることの意味、有難さを考えたいですね。

投稿: (^o^)丿mee | 2004年6月 4日 (金) 12:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/704153

この記事へのトラックバック一覧です: 小学生の心理:

» ネットの書き込みがトラブルに? [dress-up-smartly]
昨日の事件、“HP書き込み”で呼び出す ホームページへの書き込みでトラブルか  [続きを読む]

受信: 2004年6月 3日 (木) 13:45

» 心の教育 [こすもす]
学校でできる心の教育なんて、限度がある。 「心の教育再考を」 河村文科相 河村建 [続きを読む]

受信: 2004年6月 3日 (木) 20:33

» 彼女に起こったことはみんなに起こりえる [OREGONOMI!!]
小学六年生の女子生徒がクラスメイトをカッターナイフで刺殺した事件が、今、日本を震撼させている。 おせっかいにもマスコミは小学生であろうと容赦をせず、そのプライ... [続きを読む]

受信: 2004年6月 5日 (土) 21:18

» 「最初から殺すつもりだった」 [たなぼた]
なんともやりきれない、長崎・佐世保での小学生殺人事件。 ここにきて、加害者少女に [続きを読む]

受信: 2004年6月 6日 (日) 04:43

» 晴れないなぁ [dress-up-smartly]
沖縄では、梅雨が明けが発表されました。当分晴天が続くようです。 窓の外はどんより [続きを読む]

受信: 2004年6月23日 (水) 13:49

« 陸上アテネ五輪代表選考会 | トップページ | 清原2000本安打! »