« 近畿初の恐竜化石 | トップページ | 二重虹と携帯電話 »

2004年8月 3日 (火)

ハルウララついに引退へ

ハルウララついに引退へ、最後の騎乗は武豊騎手(2004/8/3/03:14 読売新聞)
デビュー以来、112連敗中の高知競馬(高知市)の人気サラブレッド・ハルウララ(8歳牝馬)が武豊騎手の騎乗を最後に引退することが2日、わかった。 引退レースは10月か来年3月の見込み。ハルウララは人間だと約40歳。引退後は、父が余生を過ごす北海道浦河町の乗馬体験型観光施設に引き取られる。
武豊騎手とのコンビは3月22日に実現しており、レースの売り上げは中央競馬のメーンレース並みの約5億1000万円。
お疲れさまでした。 盛り上げてくれましたよね。いろんなグッズも発売されて。
前回、武豊騎手が「もう一度乗りたい」とコメントされていましたね。
引退レースで叶うというのは嬉しいです。引退レース、どんな風に飾ってくれるか楽しみです。  

|

« 近畿初の恐竜化石 | トップページ | 二重虹と携帯電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1111468

この記事へのトラックバック一覧です: ハルウララついに引退へ:

« 近畿初の恐竜化石 | トップページ | 二重虹と携帯電話 »