« 「神戸海洋気象台見学会」中止 | トップページ | ジャニーズ »

2004年8月21日 (土)

有馬温泉「多泉質混在」&新駅開業

オリンピック、あまりに日本人選手の活躍がすごくて、メダルもいっぱい。
書き切れないので、みんなまとめておめでとうございま~す!!!(^^)!

ということで、地元の話題を2つ。

あちらこちらで、温泉の問題が取り上げられていますが、神戸にも、歴史ある有名な温泉があります。
神戸新聞の記事をみて、あらためて、せっかくなので、行かなきゃ。
秋は、紅葉がとてもきれいなところです。

有馬温泉、効能お墨付き 神戸市「多泉質混在」(神戸新聞2004/08/21)
神戸市は二十日、有馬温泉(神戸市北区)に関し複数の成分を含む世界的にも珍しい「多泉質混在の温泉」と再確認された―などとする調査結果を発表した。同温泉内の病院の臨床データを踏まえた適応症も細かく挙げられており、同市は「“お墨付き”としてPRに活用したい」としている。
調査は、泉質の良さを医学的に裏付け、湯治場としての魅力をアップさせようと同市観光交流課が実施。これまで個別の調査はあったが、観光を主目的にした調査は初で、依頼を受けた元有馬温泉病院長で北海道大学名誉教授の阿岸祐幸さんが昨秋から調べてきた。
金泉、銀泉の分析では、国の指針で療養泉に指定されている九成分のうち硫黄泉と酸性泉を除く七成分を含有することがあらためて確認された。
また「含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉」の金泉は、塩分が肌に付着して保湿効果が持続するほか、殺菌作用が強いことが特徴で、適応症としてリウマチや自律神経系障害、乾癬(かんせん)などが挙げられた。

山陽電鉄・西二見駅が開業 明石 (神戸新聞2004/08/21)
山陽電気鉄道の「西二見駅」が二十一日、明石市二見町西二見に開業した。山電の新駅開業は一九五八年の手柄(姫路市)以来、四十六年ぶり。
新駅は、東二見―播磨町駅の中間に位置。両駅間は二・六キロと山電では最長だったことや、周辺で土地区画整理が進み、人口増加が予測されることから整備された。九月には、駅南東にスーパー「イトーヨーカドー明石店」を核とする大型商業施設がオープン、買い物客も含め一日三千五百人の乗降を見込む。普通電車と朝夕のラッシュ時に運行する「S特急」が停車。平日は一日上下百八十二本が発着する。
山陽電車は、私の知る限り、神戸市内では昼間は乗客が少なくゆったり座れるとか、運賃がとても高いと思っているのですが、もっと西へ行くと、利用が多いのでしょうか。
最近JRが事故が多く、遅れも頻繁でサービスの低下が目立っていますが、山陽電鉄は、電車に不備があれば、臨時バス(山陽バス)を運行するという素早い対応はいいと思います。

電車については、hirokunさんのところで、関東と関西の面白い違いが書かれています。なるほど・・・

|

« 「神戸海洋気象台見学会」中止 | トップページ | ジャニーズ »

コメント

>関東と関西の面白い違いが

京急の駅の広告に「羽田空港へは京急電車で」と、書いてありますが、関東の人で京急のことを京急電車と呼ぶ人は多分いないのではないかと思います。

投稿: hirokun | 2004年8月22日 (日) 20:48

hirokunさん、コメントありがとうございます。
大阪の地下鉄は、四つ橋線とか、御堂筋線とか言いますよね。
JRは宝塚線のように支線はよびますが、わざわざ神戸線なんて言いませんよね。(^_^;)
関東とは鉄道の量が違うんでしょうね。

投稿: (^o^)丿mee | 2004年8月22日 (日) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1245564

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬温泉「多泉質混在」&新駅開業:

« 「神戸海洋気象台見学会」中止 | トップページ | ジャニーズ »