« だら??(こうさぎ) | トップページ | アテネ あと一日  »

2004年8月28日 (土)

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ

昨日ブレイクしたので、今日は、クラッシックを・・のつもりだったのですが、とてもくだけたコンサートでした。
みんなに親しみやすいようにということなんでしょうけれど、最近の佐渡裕氏はどんどん大衆化してきたというか、ウケを狙ってるのではないかとも思います。(^^;)
DSC00838.JPG
佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ
  日時:8月28日(土) 14時00分開演
  会場:神戸新聞松方ホール
  指揮:佐渡 裕
   ・ホルスト:セントポール組曲
   ・ヴィヴァルディ:「四季」”夏”より
   ・J.S.バッハ:゜無伴奏チェロ組曲第2番、3番」より
   ・カーペンターズ・メドレー
   ・ルロイ・アンダーソン:プリンク・プランク・プランク
   ・レスピーギ:リュートのための古代舞曲とアリア第3組曲
ジュニア演奏家(18歳以下)をオーディションで選抜し、小オーケストラ(弦楽器のみ)を編成。
進行役もホール内のアナウンスもすべて子供達。
子供たちの音は素直で、指揮に忠実で上手ですね。演奏も楽しそうにやっていたのが印象的でした。
管楽器や打楽器が無いのは個人的には、少し残念。
ですが、曲の合間にチェロを回したり、ポップスでは、タンバリンやリコーダー、ハミングがあったりで、楽しい構成でした。
知り合いが出ている訳ではなかったのですが、すぐ近くで、チケット代も安かったので、行ってみたら、観客は、出演者の親、兄弟、親戚、友人・・でいっぱいでしたね。(^^;)
(後日追記:実際はメンバーのご家族には2枚ずつしか、割り当てがなかったそうです。会場やホワイエでの様子がいつもと違っていたので、そう感じたのですが、訂正させていただきます。)
講師陣(ラムール管弦楽団の5人)による「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」のパロディ?版もありました。
小さな幼児がケラケラ笑っていました。
少し、邪道かなとも思いましたが、プロは何でもやらなきゃいけないんだ!

この様子は、8/31(火)10:30~11;10に毎日放送「2004こどもたちの夏休み・これが私の目指す道!?」で放送されます。

佐渡裕氏は、大植英次氏と同様、バーンスタイン氏と小沢征爾氏に師事、お二人とも、前途有望な若き演奏者達のために、学校を回ったり、子供向けイベントをされています。
佐渡裕氏は夏休みに、「ヤング・ピープルズ・コンサート」という、会場中を巻きこんで、また、子供達に楽器に直接触れさせるといったイベントも開いています。
各地で、1泊2日の子供の音楽合宿というのもあったようで、楽器の経験者を20人ずつくらい募集して、佐渡氏から直接指導をしてもらえるそうです。
今年は、募集期間を逃したので、次回機会があれば、うちの子も応募してみたいなと思っています。

(そういえば、佐渡氏とお顔がとてもよく似た人が会場にいらっしゃったのは、ご身内?他人のそら似?)

|

« だら??(こうさぎ) | トップページ | アテネ あと一日  »

コメント

チケットは確かに安かったですよ。行ってみたら観客は出演者の親、兄弟、親戚、友人でいっぱいだった、、、???
いい加減なこと書かないで下さい。メンバーが合格をもらったのは6月22日で、その時にはすでに29日の神戸公演のチケットは完売で、メンバー1人に確保されていたのは、たった2枚のみでした。主人も親戚も兄弟も友人も誰も見にこられませんでした。あなたのチケットを売って下さればうちの父母だって見に来られたのに。身内は30日の龍野市の公演に来てもらう予定が台風でキャンセルになってしまいました。子供たちはがっかりです。

投稿: メンバーの親 | 2004年9月 8日 (水) 04:00

メンバーの親さま、大変失礼致しました。
本文に追記致しますとともに、この場でお詫びさせて頂きます。
なにぶん、個人的に勝手に感じたことを書き綴っているもので、不快に感じられる方がいらっしゃることもあるかと思います。至らない点について、ご了承願います。
松方ホールには、いろいろな演奏会で足を運ぶのですが、会場内やホワイエの雰囲気が、いつもとずいぶん違っていたので、ホールメイト、リピーター、佐渡氏の関係者、スポンサーの方などもいらっしゃったと見受けます。申し訳ございませんでした。
メンバーの皆さんが、難関を突破されて、短い練習期間で努力をされた成果を、ご家族の方が聴くことが出来なかったのは、残念なことだと思います。(私も経験があります。)
決して、チケットの値段が安かったからだけで、聴きに行ったわけではありません。プロ・アマ問わず、内容が最優先で、機会があれば出来るだけ多くの生の演奏を聴きに行くようにしています。
キッズオーケストラの皆さん、とても素敵な演奏で、楽しませて頂きました。ありがとうございます。
テレビの放送も拝見しました。
我が子も、オーディションを経て、大フィルのオケや海外のプロの管弦楽アンサンプルと一緒に舞台に立ったことがありますが、子供達にとっては、誰が観た、聴いたということより、著名な指揮者のもとで大きな舞台で演奏したこと(それまでの過程も含めて)が、いい経験、思い出となり、自信、財産となっていくのだと思います。
これからのますますのご活躍をお祈りします。
(もし、度重なる失礼がございましたら、どうか、ご容赦下さい。)

投稿: mee | 2004年9月 8日 (水) 06:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1277636

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ:

« だら??(こうさぎ) | トップページ | アテネ あと一日  »