« ジャズやるべ | トップページ | 冬ソナ偽ネックレス販売で逮捕 »

2004年9月22日 (水)

徹子の部屋じゃない!?

21日の「徹子の部屋」のゲストは指揮者の小澤征爾さん、ヴァイオリニストの潮田益子さん、堀伝さんでした。
これは見なければと録画しました。

徹子の部屋のセットではなく、松本で行われている「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の会場である「まつもと市民・芸術館」からオペラ「ヴォツェック」のセット。
建築家の安藤忠雄さんがデザインした舞台は4万本の透明のペットボトルが組み合わされて、照明があたると壮大なスケールの輝きが映し出されるのでしょう。
このホールも4層のバルコニー席を備え、客席の天井が昇降して、容積を変化させることにより、さまざまな種類の舞台芸術に適した音響空間ができる立派なもの。驚き~!
最近何かと話題の長野・・・このホールを巡っても論争があるようです。
個人的には1度、行ってみたいなと思いますけど。(^_-)

今年は3人の恩師、斎藤秀雄さんの没後30年、サイトウキネンオーケストラは20周年ということで、黒柳徹子さんのお父さんが音楽家なので共通の話題に花が咲いてしました。
3人はお揃いのスタッフシャツを着て、とてもラフなスタイルで、生前の斎藤氏の話や、小澤氏の息子さんが俳優になると言い出したときのエピソードなどをユーモラスに話していました。
3人がまるで子供のように話していて、普段とは違う一面が見られました。

サイトウ・キネン・フェスティバルについて、評価はいろいろのようです。
華やかな舞台の裏も、無視できませんね。
参考:
るうかすの好きなこと サイトウ・キネン・フェスティバル「ヴォツェック」
Espresso Diary サイトウ・キネンの舞台裏。

|

« ジャズやるべ | トップページ | 冬ソナ偽ネックレス販売で逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1494660

この記事へのトラックバック一覧です: 徹子の部屋じゃない!?:

« ジャズやるべ | トップページ | 冬ソナ偽ネックレス販売で逮捕 »