« 温泉水「財宝」 | トップページ | ドラゴンクエスト »

2004年9月23日 (木)

給食にブドウ

22日木曜日、学校から帰った子供がとても嬉しそうに、「今日、学校の給食でブドウが出たよ。」
「へ~、良かったね」と言ったものの、え?ブドウ?
それってどうやって、出てくるの?房で?バラバラで?(クエスチョンマーク続出)
給食係さん、配るの大変じゃないの、多いとか少ないとか差が出たり・・・
1年生なんて、足し算引き算ならったばっかり、担任の先生も協力しなきゃ。(^_^)
子供の話では、1人5個ずつ・・なんて言ってましたが。
そういうのも、給食の楽しみなんでしょうかね。

給食にブドウほっぺポロリ 2学期から市内小学校 (神戸新聞2004/09/23)
集団食中毒の発生を受け、同市教委では野菜と果物を生のまま出すことを自粛。その後の国の規定でも食材の「原則加熱処理」が盛り込まれ、野菜は七十五度以上に加熱して出すようにしている。
デザートは、皮で覆われたミカンなど柑橘(かんきつ)類を例外的に出してきたが、「幅広い食材を給食に」とする保護者らの声を受けてメニューを再検討。その結果、包丁を使わず調理でき、安定した量を確保できるブドウをデザートに加えた。
これまで以上に強力に洗浄して雑菌類の付着を防いでおり、九月中に市内の小学、盲養護学校計百七十五校でベリーA種が登場する。
政令市では、京都市などが今なお「柑橘類のみ」としているが、大半は生食を解禁する傾向という。神戸市教委は「給食を楽しみにする児童は多く、反応を見ながらブドウの回数も増やしたい」としている。


|

« 温泉水「財宝」 | トップページ | ドラゴンクエスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1507720

この記事へのトラックバック一覧です: 給食にブドウ:

« 温泉水「財宝」 | トップページ | ドラゴンクエスト »