« わがまちコンサートピフレ | トップページ | 神戸市民交響楽団第56回定期演奏会 »

2004年9月11日 (土)

佐渡 裕 VIVA! バーンスタイン

ひょうごオリジナル音楽公演
佐渡 裕 VIVA! バーンスタイン~バーンスタインの遺したもの~
20世紀を代表する指揮者であり、作曲者でもあったレナード・バーンスタインの名曲を、愛弟子 佐渡裕の指揮により演奏。

開演30分前よりスポーツライターであり、音楽評論家でもある玉木正之氏による作品紹介プレトークがあり、演奏会は、ジャズ、クラッシック、オペラ、ミュージカルなど、ジャンルも多彩であれば、舞台に並ぶ楽器は、オーケストラも大編成、弦・管は当然ながら、打楽器の種類も多く、ティンパについてはは5台が所狭しと置かれ、舞台の中央にはドラム、ピアノは中央とサイドに1台ずつ。
主演者もオーケストラのメンバーのほか、クラッシックのソリスト、ジャズシンガー、ドラム・ベース・ピアノソロ、合唱団まで、移動が大変でした。
佐渡氏のおしゃべりもいつもとても上手で、楽しいものです。
『今日は、色々聞けてお買い得でしょ。』と佐渡氏が言われたように、盛り沢山でした。

2004年9月11日(土)開演 16:00
神戸国際会館こくさいホール
指 揮 佐渡 裕(兵庫県立芸術文化センター芸術監督)
■ソプラノ 天羽 明惠
■テノール 中鉢 聡
■バリトン 黒田 博
■ヴォーカル 越智 順子
■ピアノ ブルノ・フォンテーヌ
■ドラムス 則竹 裕之
■ベース 納 浩一
■管弦楽 京都市交響楽団
■合 唱 大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団
(合唱指揮:本山秀毅)
■プレトーク&ナレーション 玉木 正之
〔第一部〕
「ウエストサイド物語」より / トゥナイト、マリア、サムウェア
「オン・ザ・タウン」より / アイ・キャン・クック・トゥ、ラッキー・トゥ・ビー・ミー、サム・アザー・タイムほか
〔第二部〕
「キャンディード」より / オトダフェ、着飾ってきらびやかに、畑を耕そうほか

共演するのは豪華ゲスト陣
 いまや国内で最も注目されるオペラ歌手として活躍中のソプラノの天羽明惠、テノールの中鉢聡、バリトンの黒田博はまさに今が旬。お聞き逃す手はありません。また関西をベースに、ハートフルなライブで人気が高い越智順子が、バーンスタイン・ナンバーをオーケストラバックで熱唱します。
 ピアノのブルノ・フォンテーヌは、ジャンルを問わず、今、フランスで一番評価の高いアーティストだといえるでしょう。その天才的な音楽的発想は、佐渡裕も舌を巻きます。
 そしてT-SQUAREでの活躍も記憶に新しい則武裕之(ドラムス)納浩一(ベース)は、フォンテーヌ、佐渡とのエキサイティングなセッションが期待されます。 (兵庫県立芸術文化センタ-ホームページより)

|

« わがまちコンサートピフレ | トップページ | 神戸市民交響楽団第56回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1400953

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡 裕 VIVA! バーンスタイン:

« わがまちコンサートピフレ | トップページ | 神戸市民交響楽団第56回定期演奏会 »