« 新潟県中越地震 | トップページ | まだ続いている救助活動 »

2004年10月26日 (火)

今はあまり降らないで

北海道を除いて、全国的に一日雨が降ったりやんだりのお天気のようです。
新潟では、余震が続く中、地盤がゆるみ、二次災害が心配です。
避難生活をしている人たちにも、今は降って欲しくない雨でしょう。
疲れも出てくる頃です。
10年前、自宅にいることは出来たのですが、ガス・水道は止まり、小さい子供を横に、ぼーっと窓の外やテレビで変わり果てた街の姿を見ては、無気力状態に陥ったり、何も出来ないで自己嫌悪を感じたり、しばらくは涙があふれる毎日でした。
家の中の片付けは、早く出来ました。ほとんどのものが壊れたので、まとめて、処分するだけでしたから。(ーー;)
ゴミ収集所は、各家から出るゴミの山・・・今、テレビから流れる映像と同じです。
テレビを見ていると、避難所に行けない人たちが「他のものは不足していますが、米どころなので、井戸水で炊き出しをしいています」というような元気そうな映像が映っていました。少しだけほっとさせてくれます。なかなか待っていても、物資は特定のところにしか届かない、どこに行けば配給されるのかわからない・・・情報が発達している時代でもやはりそのような状況なのでしょう。
阪神淡路大震災の時もそうでしたが、地域ぐるみで自分たちで、工夫をして、連絡を取り合って、助け合うという気持ちが、早い復興に結びつきます。

兵庫県の各自治体も新潟の被災地に対して、動いているようですが、なにしろ、地元の相次ぐ台風の被害が大きく、現在、そちらの復旧にも多くの手を取られています。
豊岡付近、淡路島など、やはり今日の雨は、作業を遅らせたり、さらに被害を拡大させたりすることでしょう。
淡路に知人、親類がいて、床上浸水をしたところがあるのですが、多くの人の協力を得て、全力をあげて片付けをしているそうです。

当然のことですが、まず、知人、親類がいれば、まずそこへ協力しますよね。その際、必要なもの多めに届けると、その地域に最も必要なものが、より早く周囲にも届きます。が、個々に勝手にすると流通機関がいっぱいになってしまうということもあります。バランスが難しいところです。
普通では考えられませんが、災害の時は、とんでもない力が出るものなのでしょう、高槻から神戸まで道路が寸断されている中、自転車で来てくれた親戚や、東京から動いている交通機関を乗り継いで牛乳を持ち届けてくれた知人のことを思い出します。m(__)m

災害時にいつも気になるのですが、物資を届ける窓口がどこか、何が必要かというのが、情報が少ないのではないでしょうか。
経験したところでは、24日の記事のコメントにも書きましたが、パン、おにぎりなどの食べ物は、比較的早く届くようになります。むしろ過剰に届いたり、配布先が限定されていたりすることと、また、直下型の地震は、被害の格差が大きく、少し離れると被害はとても少なく、買い物に出ることが出来ると、そこではごく普通に物が豊富に買えるので、日持ちしない食品が沢山捨てられ、善意が無駄になったこともありました。
水は重いので、小分けに出来るようなものがいくらあってもいいと思います。紙皿、紙コップなどの消耗品、衣類(特に下着類)、子供向けの食料も不足していると思います。
それから、ボランティアの人たち、もうこの10年の間に、海外向けも含め、日本人にも馴染んで来たとは思いますが、「何か手伝いたい、行けば何かできるだろう」という気持ちだけで現地に行き、どこで何をすればいいかわからない、それどころか、軽装でやって来て、自分の食料も寝る場所も自分で確保しないで、自治体の職員の手を煩わせるような人がいました。
一人の力ではどうしようもない部分があります。やはの窓口になるところを見つけて、相当の覚悟で、活動をして欲しいものです。
集まった義援金の使い道も、自治体でよく検討して頂くことはもちろんお願いしたいですが、長い間プールするのではなく、出来るだけ早く有効に使って欲しいです。
各災害の義援金は、郵便局に行くと、それぞれに振込み用紙が用意されています。
アリスさんのところでは、現地に行かなくても出来ることについて、いくつか紹介されています。
皆さんにお見舞いを申し上げると共に、微力ですが、出来るだけの協力をしたいと思います。

P.S.
新潟のお年よりの方の、不安の中にもお元気そうな表情を見ると、勇気付けられますね。さすがに、都心よりも、皆さん、底力があるように見えます。

|

« 新潟県中越地震 | トップページ | まだ続いている救助活動 »

コメント

もうあの大惨事から10年が経つのですね。
あの時の様々な体験が今回に少しでも役立っていればいいのですが…。
何もできないけれど、@niftyのサイト経由で少しばかりチャリティーしました。
1日も早く復興することを祈るばかりです。

投稿: com | 2004年10月26日 (火) 19:36

離れていると出来ることって限られてしまいますよね。
二次災害も出ているみたいですが、早く元の生活に戻れるようになって欲しいです。

投稿: (^o^)丿mee | 2004年10月27日 (水) 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/1777525

この記事へのトラックバック一覧です: 今はあまり降らないで:

» 私たちにもできること。 [アリスとお茶を。]
連日、テレビのニュースで新潟中越地震の被災地の様子が映される。 いつも思うんだけ [続きを読む]

受信: 2004年10月26日 (火) 17:23

« 新潟県中越地震 | トップページ | まだ続いている救助活動 »