« 兵庫県知事選告示 | トップページ | 今年も雨が少ない »

2005年6月17日 (金)

クラウディア再演

地球ゴージャスの10周年アンコール公演のクラウディアについて、先月行くかどうかを迷っていました。
はせまなさんのところの記事とそのトラックバックの記事を読んで、やっぱり行ってみたくなって、チケットを急遽入手しました。
昨年と同じかもしくはそれ以上のものが期待できると思い、楽しみにしていました。
今回は昨年とは会場が変わり、大阪NHKホールでした。ここは、大植英次「青少年のためのコンサート」の時に行きましたが、クラッシックとは大きく違っていたのが音響。座席の位置も良くなかったのかも知れませんが、音があまり良くなかったのが残念でした。
工藤夕貴さんは、みなさんの評価通り上手でした。ただ、やはり声の太さや演技の力強さが、クラウディアのイメージとは少し違っていたような・・・私にはやはり昨年の本田美奈子さんのイメージがあまりに大かったので。
パーツパーツは迫力もあり、芸術的でミュージカルらしく良かったと思います。

|

« 兵庫県知事選告示 | トップページ | 今年も雨が少ない »

コメント

 記事の紹介、リンクありがとうございます。
 (^o^)丿meeさんの評価を読むと、本田美奈子.さんのクラウディアも見たかったです。DVDとか出ていませんかね。「裏もの」を探せば、WOWOWを録画したものとかありそうな気もしますが……。
 初演と較べて、何か目立った違いはありましたか?きっと、細かい演出の変更はたくさんあっても、そこまではなかなか気が付かないのものでしょうけれど。

 物語的に、こういったユートピア論的な話って好きなので、興味深い物語でした。育児を個々の家庭で行わず、集団で行うという発想は、社会主義下の旧ソ連で実際に試みられた事があり、失敗に終わったという話を読んだか聞いたかしたことがあります。母親との1対1の愛情関係で育てないと、成長してから問題が出たという話だったと記憶しています。
 そもそも、この物語の舞台は、戦争ばかりしていて、生産はどうなっているのでしょう。社会主義的な集団農場のような形態で農産物を生産しているのでしょうか。あるいは、狩猟や漁業のような形で、日々の食料を調達しているのかもしれないですね。
 役者をそろえるのが難しいこともあるでしょうが、老人や子どもは、この社会ではどのように生活していたのか……。
 ミュージカルとしては、あんまり評価できないですが、物語はとても興味深くて、練れば練るほど深みを増すよい題材だと思います。ミュージカルにこだわらずに、再度演出しなおしてみてはどうかなぁ……などと思っています。
 なんだか、話が横道にそれてしまいました。(^^;

投稿: はせまな | 2005年6月23日 (木) 18:07

はせまなさん、いつもありがとうございます。m(__)m
初演との違い・・・そうですね。
ちょっとギャグが増えて、間延びしたように思います。
リップサービスで楽しいのですが、コメディならともかく、妙に中途半端で、やはり、テーマが大きいので、もう少し、抑えてもいいのかなと思いました。
前回よりもさらに良くしたいという、欲張りな心意気はあちこちに感じられましたね。(^_^;)
でも、少々突っ走りすぎたのか、中日で疲れも見られたように思います。
地球ゴージャスにとっては、本格的にミュージカルとして演じるのは、クラウディアが初めてだったようです。
ですから、ミュージカルとしての、音楽、ダンス、ステップ、衣装、照明、舞台道具などあらゆる要素を少しずつでも、入れたかったのだと思います。
ミュージカルの原点というか基本というか、ぜーんぶを盛り込みたかったのでしょう。
はせまなさんがおっしゃるように、全体としてミュージカルとして評価できないのもやむを得ないかなと思います。
パーツで見ていくと、ミュージカルをかなり意識して、頑張ってるなぁって評価しています。(^_^)
10年前の震災で自分たちができることは何かということがきっかけで作られたユニットで、彼らの個性を精一杯活かせて舞台を作っていると思います。
今後も、大いに期待したいと思います。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年6月28日 (火) 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/4563508

この記事へのトラックバック一覧です: クラウディア再演:

« 兵庫県知事選告示 | トップページ | 今年も雨が少ない »