« Music Baton | トップページ | 第43回パリ祭 »

2005年7月13日 (水)

三谷新作映画

来年1月公開予定だそうです。この夏の映画もいろいろ観たいものがいっぱいですが、お正月映画も楽しみです。
三谷氏の脚本の映画といえば、最近観たのは「笑の大学」。
次回新作映画と同じ役所広司さんが出演、ほとんど稲垣吾郎さんと2人だけしか出てこないという映画でした。
もともと、舞台で上演されたもので、映画化は難しいとされていたものでしたが、2人の巧妙なやりとりが、おかしくておかしくて。ほんとに三谷作品は舞台もテレビドラマももちろん映画もとても面白いです。

三谷新作映画は日本版「24」?(スポニチ)
人気脚本家の三谷幸喜氏(44)が、オリジナル脚本の「THE 有頂天ホテル」で4年ぶりの映画監督に挑むことになった。大みそかの高級ホテルで起こるさまざまな人間模様を、年明けまでの約2時間に凝縮して描く群像コメディー。主要キャストは役所広司(49)、松たか子(28)に決まり、三谷監督は「人生がかかっている、みたいな感じで満を持してやる」と意気込んでいる。
 「幾何学的に美しい脚本で、群像劇として究極の形。こんなの書こうと思う人は、世界でも僕くらい。もう、使命感ですね」。三谷監督が、10年近く温めていた夢の構想を、理想のキャストで実現させる。
「THE 有頂天ホテル」は、由緒ある高級ホテルが舞台。年明けが2時間後に迫ったけん騒の中、ホテルの従業員、客ら30人近い登場人物が織りなす、9つのエピソードで構成される。三谷監督は、昨秋にNHK大河「新選組!」の執筆を終えてから、半年以上をかけて脚本を練り上げた。
しかも、2時間のストーリーがそのまま上映時間になる、米人気ドラマ「24」のようなスタイル。そのため、ホテルの構造や人物相関図、そしてすべてのエピソードを時間軸に沿って列記した詳細な表を作成し、「どこか1つが欠けても成立しない、一瞬たりとも停滞しない脚本にしたつもり」と豪語する。現在はクランクインしたばかりだが「脚本を書き上げた時点で、僕の中では出来上がっている。現場で悩むこともあまりなく、プレッシャーもない」とまで言い切る。

|

« Music Baton | トップページ | 第43回パリ祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/4951023

この記事へのトラックバック一覧です: 三谷新作映画:

« Music Baton | トップページ | 第43回パリ祭 »