« あんこのコロン | トップページ | 三谷新作映画 »

2005年7月12日 (火)

Music Baton

まりあさんから、バトンを渡されたので、参加します。
ちょっと、チェーンメールっぽいカンジもありますが、バトンを渡され側で参加の意思を決められそうですし、くっきもさんみゅーみゅーさんも参加されてるので、私も宿題に答えてみます。

ミッションは5つ

1.Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

38Gちょっとです。結構入ってましたね。こちらから、Sonyのネットワークウォークマンにいくつか入れて持ち歩いています。

2.Song playing right now
 (今聞いている曲)

最近、あまり音楽は聴く時間がないのですが、声楽のレッスン曲をいくつか聴いています。
イタリア古典歌曲です。

3.The last CD I bought
 (最後に買った CD)

氷川きよし演歌名曲コレクション5
なんで突然・・・と思ったのですが、プロモーションビデオを見て、衝動買いです。(^_^;)

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

1.アヴェ・マリア(シューベルト)・・・バッハ、アルカデルト、リスト、ブラームスなどではなく、シューベルトのアヴェ・マリアをいつかは人前で独唱してみたいなんていう、大胆な夢があって。
2.ハロー・グッバイ・・・柏原よしえも好きですけど、ポール・マッカートニー のこの曲は、歌いやすいので。
3.乾杯グラス・・・フォーリーブスの曲なのですが、再結成してからこの曲を聴いたとき、メンバーが若いときに歌っていたのとずいぶん雰囲気が変わって、年齢に合った大人のムードがしっとりと印象に残りました。
4.オリビアを聴きながら・・・少し古い曲ですが、尾崎亜美のピアノの弾き語りをするこの曲が好きです。
5.22歳の別れ・・・初めてかぐや姫を聴いたのは小学生でした。かぐや姫といえば、「神田川」「妹よ」なんでしょうか、でも、この曲もいいなぁ。

5.Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す 5 名)

バトンを渡されてから、アップするまでに時間がかかりすぎて、あちらこちらにまわってどなたに渡していいかわからないので、パス。(^_^;)

ふぅ、やっと、宿題ができた~。

|

« あんこのコロン | トップページ | 三谷新作映画 »

コメント

こんにちは。
今頃コメントで、ほんと、ゴメンなさいm(__)m。

この宿題は、ほんとやるの大変でしたが、でもいろんな人の意外な面が垣間見えて、楽しく拝見できました。

声楽をやってらして「アヴェ・マリア」を歌いたい、という(^o^)丿meeさんのお好きな曲がフォーリーブス(これは予想できました)だったり氷川きよしだったり(笑)。
でも、そういう節操のなさ(笑)が私と同じだったり、またこういうフレキシブルさが大事かな~なんて思ったりします。

私も自分のハンドルにしているだけあって「アヴェ・マリア」はマスターしたいなと思っています。
シューベルトとそれからグレゴリオ聖歌と。
基礎を習ってませんから、人前ではとても無理ですけど(笑)。
それから尾崎亜美さん、私も好きです。
南沙織さん、松田聖子さんなど、いろんな方に楽曲を提供なさっていますが、ご本人が歌っても決して負けてませんね。良い味出しています。

(^o^)丿meeさんが記してくださって、改めて思い出した曲も多くて、楽しめましたよ~(^_^)。

投稿: まりあ | 2005年7月23日 (土) 21:59

まりあさん、お忙しい中、コメントをありがとうございます。
今日も声楽のレッスンから先ほど帰って来たところです。

好きな曲5曲は、難しい宿題でした。
Kinki KidsやTOKIOも入れたかったし、B'zやTHE ALFEEも、QUEENやCHICAGOも、テレサ・テンや松崎しげる・・・\(^^:;)...マアマア

音楽はフィーリングだと思うので、「アヴェ・マリア」もぜひ、マスターできるようにがんばりましょう。


投稿: (^o^)丿mee | 2005年7月25日 (月) 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/4944420

この記事へのトラックバック一覧です: Music Baton:

« あんこのコロン | トップページ | 三谷新作映画 »