« そんなに降らなくても | トップページ | 雷 大嫌い »

2005年7月 5日 (火)

NSPの天野滋さん急死

NSP」(ニュー・サディスティック・ピンク)って、比較的マイナーなグループだったかも知れませんが、クチコミで人気を得ていて知る人ぞ知るグループです。かつては、年平均7、80本のコンサート・ツアーを行い、アルバムも売れていたのではないでしょうか。
初めて聞いたのは小学生の頃でした。知り合いの大学生のお兄さんにカセットテープをもらい、字余りな歌詞になにか惹かれたものです。男性3人のグループなのに、男性のファンが多いのが面白いです。
その後、ペースを弾いている平賀氏はポニーキャニオンのディレクターとして平松愛理さんをヒットさせました。
メンバーの変更や、脱退などを経て、オリジナルメンバーで2002年に復活したときのコンサートで、一番復活を喜び、感極まって涙し、歌えなかった天野氏の姿が鮮明に思い出されます。
その後も、ファンクラブに入り、年に1度のペースくらいでコンサートに足を運んでいましたが、今年はまだ機会がないまま・・・彼らの曲の多くは天野氏が作っていたので、とても寂しいです。

天野滋さん急死…フォークグループ「NSP」のリーダー(サンケイスポーツ)
「夕暮れ時はさびしそう」「線香花火」などのヒット曲で知られるフォークグループ「NSP」のリーダーでボーカル、天野滋さんが1日午後、脳内出血のため都内の病院で死去していたことが4日、わかった。52歳だった。葬儀・告別式は故人の希望で3日にメンバーと近親者で営まれた。
天野さんは昨年初めに大腸がんが発見され、手術後に復帰してコンサートや楽曲制作を再開。今秋全国ツアーを計画していたが、今年6月中旬に容体が悪化して再入院。「今年も来年もコンサートがしたい」と話していたが、叶わなかった。発見の遅れから全身に転移したという。
昭和48年6月に「さようなら」でデビュー。活動休止する61年までにシングル28枚、アルバム21枚を発売。当時のNSPを知る関係者は「テレビに出ない音楽活動を貫き通し、人気と素晴らしさは口コミで伝えられた」と話す。平成14年に16年ぶりに再結成。今年2月に19年ぶりの新曲を発売し、フジテレビ系「僕らの音楽」に23年ぶりにテレビ出演。3月12日の東京・渋谷公会堂での公演が最後となった。

|

« そんなに降らなくても | トップページ | 雷 大嫌い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/4836080

この記事へのトラックバック一覧です: NSPの天野滋さん急死:

» 天野滋さん逝く [TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-]
5日の朝刊で天野滋さんの訃報を知りました。 [続きを読む]

受信: 2005年7月 7日 (木) 22:04

« そんなに降らなくても | トップページ | 雷 大嫌い »