« 大奥完結編 | トップページ | 震度6弱 »

2005年8月14日 (日)

有馬玩具博物館

あの温泉で有名な有馬に2年前に出来た楽しいところがあるのを見つけました。神戸電鉄「有馬温泉駅」から徒歩5分くらいのところにある有馬玩具博物館
1階にガラス張りのアトリエがあり、館長をはじめ職人さんたちがおもちゃの製作、修理を行っています。
3階は懐かしいブリキのおもちゃ・・・鉄人28号や鉄腕アトムなどや、鉄道のジオラマも展示されています。
4階は巧妙なからくり人形・・・外国のおもちゃは結構ブラックユーモアな作品が多いのですが、日本のものはとても夢があります。
5階は積み木などの現代のおもちゃ・・・積木ってこんなに沢山の遊び方ができるのって思うくらい、子供の想像力をかきたてるものです。
6階はドイツの伝統工芸のおもちゃ・・・クルミ割り人形や煙出し人形、動物のミニチュアなど見事な職人芸。
フロアごとに20分ほどの玩具の解説や実演があり、大人が行っても楽めそう。
夏休み期間中は、特別展「開かぬなら…開けてみせよう!ひみつ箱」が開催中。
展示されている玩具は、1階と隣のミュージアムショップ、ネットでも買えます。
博物館から遠くても、ここのサイトでかなり詳しく紹介され、見るだけでも楽しめますね。
5-02印象的なのは、館長が結婚式の引き出物として作成を依頼されたというからくり人形の「ジャック&ベティー」。
ゼンマイをまいて箱をスライドさせると、男の子がピョコっと出てきて、きれいなオルゴールの音色に合わせて、箱の上の女の子に…chu。ロマンティックで愛らしくて。贈り物にぴったり。
機会があれば、足を運んでみては?

|

« 大奥完結編 | トップページ | 震度6弱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/5482789

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬玩具博物館:

« 大奥完結編 | トップページ | 震度6弱 »