« おんなの落語 | トップページ | 「郵政解散」…「自爆解散」 »

2005年8月 7日 (日)

神戸市民交響楽団夏休みポピュラーコンサート

神戸市民交響楽団の第56回定期演奏会はこれまでの春・秋ではなく、夏休みに行われました。
自由席なので、いつも開場前に、ホールの外で長蛇の列が出来ますが、今回は炎天下ということが配慮されたようで、チケットに表示されていた開場時刻は30分繰り上げられ、円滑に入場が出来たかのように思えました。
ですが、開演20分前あたりから続々と観客が増え、座席がない、プログラムもない・・・というような状態になってしまいました。
これまでも、開場を埋め尽くし、立ち見も少しありましたが、そのときは座席が中程でポロポロ空いている状態だったように思います。
今回は、会場に入れず、ロビーのモニタで見る人が続出することになってしまい、その中に、初めてクラッシックの演奏会に来た人がいたら、がっかりだったことでしょう。
ここのバンドは、未就学児の入場もOKというこもあって、アットホームが売り物ですが、未就学児は無料で入場し、席を一つ確保するようなことは問題だと思います。バスや電車でもそうですよね。空いている場合は別ですが、やはり、お金を払っていないなら、膝の上に抱いて欲しいですし、席を確保するなら、チケットを入手してもらいたいですね。舞台の上からも、座席を詰めて欲しいとか、幼児は膝の上にとかアナウンスされ、会場ではそれに従っていましたが、それでも溢れてしまっていました。
夏休みという時期と、クラッシックの有名な曲のさらに有名な楽章をつまんで演奏するという美味しいとこ取りの企画は、ほんとに大人から子供まで楽しめる演奏会だと思います。
私は、今回は自分の子供と、私の友人の子供(中学生と高校生)を連れて行きました。早めに行ったので席はもちろん確保できましたし、一緒に連れて行った子供たちがとても喜んでいたのでよかったのですが、会場に入れなかった人たちのことを考えるとほんとに残念でした。
演奏の合間でも、終了後のホームページでも楽団からのお詫びの言葉がありましたが、次の演奏会では、改善されることを望みます。

日時:2005年8月7日,午後2時開演
場所:神戸文化ホール(大ホール)
演奏曲目:
ポルカ「雷鳴と雷光」(J.シュトラウス)
ワルツ「美しく青きドナウ」(J.シュトラウス)
交響曲第40番第1楽章(モーツァルト)
交響曲第5番「運命」第1楽章(ベートーベン)
組曲「くるみ割り人形」より「花のワルツ」(チャイコフスキー)
「サウンド・オブ・ミュージック」より(ロジャーズ)
ワルティングキャット(アンダーソン)
シンコペーテッドクロック(アンダーソン)
クラリネットキャンディ(アンダーソン)
交響曲第9番「新世界」第2楽章(ドヴォルザーク)
組曲「惑星」より木星-快楽をもたらすもの(ホルスト)
指揮 : 大河内 雅彦
管弦楽: 神戸市民交響楽団

|

« おんなの落語 | トップページ | 「郵政解散」…「自爆解散」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/5370315

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市民交響楽団夏休みポピュラーコンサート:

« おんなの落語 | トップページ | 「郵政解散」…「自爆解散」 »