« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

<給食>パンに裁縫針3本

いろんな許せない事件が日常茶飯事で起こっていますが、こういう事件、本当に許せません。
間違って入ったものではなく、明らかに故意でしょう。裁縫針やクリップは、学校の中にあるものです。外部からではなく内部関係者の疑いも大きくあると思います。
もし、児童がやっていたら・・・と考えると、ぞっとします。と同時に、とても悲しくなりますね。こういう事件は、絶対に起こってほしくないです。

<給食>パンに裁縫針3本 けがはなし 兵庫の小学校(毎日新聞)
兵庫県芦屋市立潮見小学校で、28日の給食に出されたコッペパンから裁縫針3本が見つかり、翌29日のドライカレーにクリップ1個が混入していたことが30日、分かった。同小は同日午後の授業を取りやめ、来週以降も当面の間、給食を見合わせることにした。児童1人が針を口に入れたが、けがはなかった。
ちなみに裁縫針というのは、こうやって使うものです。
一針のぬくもり届け キルトを共作、病院に寄贈へ(神戸新聞)
訪れた人にパッチワークキルトの縫い合わせに参加してもらい、布のぬくもりを病院に届けるイベント「ヒーリング・ハート・キルト」(日本手芸普及協会主催、神戸新聞社など後援)が二十九日、中央区下山手通四、県民会館二階大展示場で始まった。二日まで。
大展示場では、仮縫い状態の二百十六センチ四方のキルトを、訪れた人が少しずつ縫ったうえサインを記入。完成したキルトは、神戸中央市民病院に寄贈する。「キルトを見た患者や家族の方々に、少しでも心の安らぎを得てほしい」と同協会。
初心者にも手芸の講師が指導する。会場ではキルト作品約二百五十点が展示され、きんちゃく袋製作コーナーもある。
無料。午前十―午後五時(最終日午後四時まで)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

阪神タイガース優勝

今日の話題はこれしかないでしょう。岡田タイガースV1!!
各記録も残し、ドラマティックな試合で、地元甲子園での最後、宿敵ジャイアンツとの試合で5-1でシナリオ通り文句なしの優勝が今、午後8時49分に決まりました。選手達の顔が輝いていました。
タイガースファンというわけではないですが、今日の試合はしっかり見ましたよ。9回表の長く感じたこと・・・球場で風船を持つ手がまだかまだかと待っていました。
タイガースの優勝は、経済効果大ですから、嬉しいですね。あちらこちらでセールが始まります。
今回は2年ぶりなので、2年前ほど大きな盛り上がりはないのでは・・・と思うのは、タイガースファンを知らない人。半端じゃないですから・・・。
仕事からの帰り、電車から降りて"かえるコール"をする男性を見かけました。「勝っとう?ほな、もう帰るから。」
今日は、球場にいる人、まっすぐ帰ってテレビを見ている人、居酒屋さんでみんなで盛り上がっている人、夜中まで六甲おろしが響き渡り、興奮はさめないのでしょう。
地元のサンテレビジョンでは、野球中継のあとの祝勝会まで特番でしっかり中継するそうです。
職場の近くにある「神戸サウナ&スパ」では、前回の優勝の時と同様、無料ビールかけ大会が行われているはず・・・
2年前のときは、私は、確か外に出かけていて、帰宅時間と優勝が決まったあとの時間ががっちんこしまって、三宮駅周辺はパトカーがいっぱいで、道路が規制され、ものものしい中、大変な目に遭いましたから、今日は、早々と帰宅しました。とても静かです。(^^ゞ
神戸でのパレードは・・・・いろいろ条件が整わないらしいので、保留だということですが、どうなるのでしょうね。

こうなれば、日本シリーズも期待したいですね。
阪神タイガース公式サイトの優勝の挨拶はアクセス集中で繋がりませんでした。また明日にでも、と。
とりあえず、睡眠不足が続いているので、私は、早く寝ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

生協の白石さん

フジテレビ系列の朝のワイドショー「特ダネ!」の「TIMES」のコーナートップで、ポスト電車男ということで『生協の白石さん』なるものかピックアップされていました。
東京農工大学生協職員の方だそうですが、インターネットでとりあげられたことで、有名になったそうで、学生ブログ人気ナンバー1になっているそうです。番組ではインタビューもモザイクがかけられ、声も変えて、年齢:も性別も明かされていません。

生協対する意見を募る「一言カード」に学生達がいろいろ書きこむのですが、悪ふざけで書かれたものにも、丁寧に、かつ、ユーモアたっぷりに答えられていました。いくつかそのカードが紹介されていましたが、カードに書かれた字もとてもきれいで、人柄を表していました。中には悩み相談のようなものまでありましたが、きちんと回答されているのにびっくり。いったいどういう人なのでしょう。

学生「あなたを下さい。白石さん。」
白石さん「私の家族にもこの話をしてみたのですが、「まだ譲ることはできない」との事でした・・・・」
学生「愛は売っていないのですか?」
白石さん「どうやら、愛は非売品のようです。もしどこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます・・・」
こんなカンジのやりとりでした。
11月13日に講談社より「生協の白石さん」の単行本として発売されるそうです。ぜひ読んででみたくなりました。

がんばれ、生協の白石さん!で、詳しく情報が掲載されていましたので、拝見しました。私も少し流行に追いついたかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年9月27日 (火)

何処に行っちゃった?

日本が気に入ってくれたのだったらいいのですが・・・でも、そんなにいいことばかりじゃないですよ。
♪横浜の~波止場から~お船に乗って~異人さんに連れられて行っちゃった!?

万博で来日した8か国30人が失跡(読売新聞)
25日閉幕した愛・地球博(愛知万博)に関係者として来日したナイジェリア、スリランカ、カメルーン、パキスタンなど8か国約30人の外国人が姿を消していることが26日、愛知県警の調べで分かった。
うち20人はインドネシア人で、万博の特定活動ビザの有効期限内のため不法残留ではないが、県警は不法就労する可能性もあるとみて行方を捜している。
調べによると、失跡したインドネシア人はダンサーとして26人で来日した。今月中旬に中部国際空港から帰国する予定だったが、今月5日のイベント終了後に姿を消し、空港にも現れなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「刑務所に入りたかった」強盗致傷容疑者

世の中、何か違っているなぁ・・・
軽犯罪の受刑者ばかりが収容されている刑務所では、こういうの多いそうです。出所してすぐまた舞い戻ってくる犯罪者。犯罪癖があるわけではなく、出所したところでまともな仕事にもなかなか就けない、公演や駅でダンボールや新聞を集めて生活するのも大変、なら、事件を起こして刑務所にいた方がマシ。
自由はないかもしれませんが、雨露をしのげて、適度な労働をし、カロリー計算された食事が規則正しく与えられ、睡眠時間も確保され、娯楽も多少はあるでしょう。小耳に挟んだところ、監視している刑務官よりずっと健康的な生活で、持病が治ったりするくらい・・
なんびとにも権利があるとはいえ、きちんと更正して社会貢献する人のために、税金は使って欲しいです。

「刑務所に入りたかった」強盗致傷容疑の男が供述 岐阜(asahi.com)
岐阜県多治見市の金物店で25日、小学1年の男児(7)が鎌を持った男に切られて大けがをした事件で、強盗致傷の疑いで現行犯逮捕された住所不定、無職長谷川良満容疑者(48)が、多治見署の調べに対し、「刑務所に入りたかった」などと話していることが分かった。「金が欲しかった」とも供述しており、同署は動機について慎重に調べている。
同署によると、長谷川容疑者は、1月に同市のJR多治見駅前で包丁を持っていたなどとして銃刀法違反の疑いで、同署に現行犯逮捕された。3月、同法違反の罪で懲役7カ月の刑が確定。今月、刑務所を出所したばかりだったという。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

固定・携帯電話、番号統一へ

10年近く前になるでしょうか、DoCoMoのPHSの端末を、外では携帯端末として、家では、固定電話の子機として使っていました。固定電話の機械を変えたり、引っ越したり、PHS端末機の機種変更をしているうちに、この利用をしなくなりましたが、たぶん今でもこのサービスって使えるのではないのかしら。
といっても、DoCoMoはPHS端末をFOMAに変えるように何度も案内を送って来ていますから、PHSのサービスも無くなる日はそう遠くないでしょうね。
通話用とおサイフケータイとしてはDoCoMoのmovaを利用していますが、PHSは通信用としてBluetooth対応で、niftyをはじめパソコンのプロトコルも使えるので、欠かせません。いくら携帯電話の機能がアップしても、PHSのサービスがなくなるまで、端末を離すつもりはありません。(^^ゞ
@niftyの会員種別も、旧会員に対するサービスがどんどん減っていっているにもかかわらず、旧会員のままにしています。このこだわりはいったい何でしょう。サービスを提供している側にしてみれば、迷惑な客なのでしょうね。(x。x)゚゚゚

固定・携帯電話、番号統一へ 一体利用、総務省検討(アサヒ・コム)
1台の携帯電話の端末を、会社や自宅などでは固定電話の端末として、屋外では普通の携帯電話として使う「一体化」サービスについて、一つの電話番号でいつも使える制度の検討に総務省が入った。一体化サービスは通信各社が実用化を目指しており、同省は27日から広く意見を募る「パブリック・コメント」を始める。これを受けて省内の研究会で年度内に結論をまとめ、早ければ07年度にも新しい番号制度に移す方針だ。
1台の電話を固定・携帯の両用として使う通信方式は、NTTコミュニケーションズがNTTドコモと企業向けにサービスを今月から始めたほか、通信各社も導入の検討を進めている。
03や06などから始まる一般の固定電話の番号では地域が特定されて移動中に使えないため、統一番号には「090」や「050」など、全国で同じように使われている番号にする案が有力。一般固定電話の番号は当面、現在の制度を続ける方針だという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

019s小中学校では、あちらこちらで、運動会が開催されています。今週末から来週あたりがピークでしょうか。
暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったもので、昨日今日はずいぶん涼しくなり、気持ちよく過ごせました。
朝夕には肌寒いくらいです。
日が落ちるのもすっかり早くなりましたし、朝は、早起きするとまだ外は薄暗くて。
そろそろ、夜は、靴下を履かなければ。(^^ゞ
冷え性で手足の先が感覚がなくなるくらい冷たくなるので、また悩みが多い季節がやってきます。(;´_`;)
その前にわずかの間ですか、「秋」を楽しみたいですね。
まずは、食欲の秋を・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

名刺

最近は、名刺もパソコンで作る時代ですし、それで身分を証明するという役割はあまりないと思いますが、それでも初対面では、挨拶代わりに名刺を交換しますね。
プライベートで食事に行って、知り合った人や、お店の人にも名刺を渡している人も見かけます。個人(会社)情報は漏れるばかり・・・(^_^;)

さて、仕事をしていると、いろいろな営業マンがとびこみでやってきます。主に若い人たち。コピー機やFAX等の事務機器など。頑張れ!!と応援してあげたいところですが、あまり関係のないものであれば、丁重にお断りして(一種の門前払い)帰って頂きます。で、その際、必ず、名刺を下さいと言われます。
営業に行ってきた証拠として、社に戻って報告するためなのでしょうか。その後も、何度もやってくるガッツのある人は殆ど皆無。では、その渡した名刺は、どうなってしまうでしょう。悪用はされないと信じたいですし、すぐに捨てられるなら、持って帰って欲しくないのですが。と言いつつ、こちらがくれと言ったわけではない名刺は、申し訳ないですが、そのままシュレッダーにかかることもしばしばが現状です。(ーー;)
私のいる業界は、営業を大々的にすることは少なく、アポなしで面会することも少ないので、所長クラスを除いて、対外的には口頭で名乗るだけで、あまり名刺を出さない人が多いと思います。ということもあってか、門前払いする営業マンに、対応する職員は、個人名が書かれているものではなく、定形郵便用の社用封筒を渡しているようです。なるほど。(^_^;)

今日、顧客先に行って、そこで区役所の職員の方と会うことになりました。最近はクールビスで、役所の人はスーツもネクタイもなし。かといって作業服(制服)らしきものを着て名札や腕章のようなものをつけているわけでもなく、ポロシャツ姿の普通の男性が二人やってきました。事前にアポはとっていましたが、相手が二人ということは知りませんでしたので、最初は全く気付かなかったくらいです。
前述のように名刺を日頃必要としないので、私も、すっかり忘れていて慌てましたが、バッグの中に数枚入れていたもので間に合いました。やれやれ・・・
で、相手から受け取った名刺に苦笑。(*_*)
一人は係長で一般的な名刺だったのですが、もう一人は、名刺の左上に『神戸市中央区役所○○部△△課××係』、右下に所在地と電話番号と『(内線   )』だけが印刷されていて、名前の部分はゴム印、内線番号はボールペンで手書きでした。
人事異動も多いでしょうし、経費も削減するといったところなのでしょうか。
他の部署や他の地域ではどうなっているのかはわかりませんので、この件に関してとやかく言うつもりはありません。
本日の話題は、名刺の使い方事情についてですから。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト古田監督に?

球界には、身体を張って貢献している古田選手が監督になるというのは、とてもいい話ではないかと思います。選手兼任監督の可能性もあるというのも面白そうです。
野球はどこのファンということでもないですが、古田選手はずっと好きですから、できるだけ長く、多く、テレビで見られるといいなぁ。(^_^)

“ヤクルト古田監督”22日にも誕生(日刊スポーツ)
ヤクルトは今日22日、古田敦也捕手(40)に来季の監督就任を正式要請し、条件面などで合意すれば、一気に「古田監督」が誕生する。都内で堀澄也オーナー(70)多菊善和球団社長(69)が古田と会談して要請するとみられる。古田は「簡単には決められない。いろいろと相談しなきゃいけない人もいるし、大事なことだから」と決断には慎重な姿勢。ただ、「帰りがけに聞いてびっくりした」と勇退を表明した若松監督からバトンを託された格好となり、急速に進展する可能性が出てきた。
多菊社長は21日、東京・新橋の球団事務所で「こちらからの条件なんてない。来てもらうんだから。向こうの要求を聞いて、それを1つずつ、つぶしていくだけ」と最大限の譲歩を行う姿勢を見せた。契約年数、年俸など条件面の方針を固め、長期政権、複数年提示も視野に入れている。古田は現役続行にこだわっており、選手兼任監督で合意する可能性も十分ある。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

喜多嶋舞・大沢樹生離婚

まあ、美男美女素敵なカップルだと思っていたのですが・・・でも、ちょっと両方とも自己主張がはっきりしてそうで、こじれたら修復が難しそうにも見えますね。

<喜多嶋舞さん>大沢樹生さんと離婚 2カ月前から別居(毎日新聞)
女優の喜多嶋舞さん(33)と俳優の大沢樹生さん(36)が20日、離婚届を出した。所属事務所によると、2人は96年に結婚したが、結婚生活への考え方の違いなどで、2カ月前から別居していたという。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月19日 (月)

愛地球博

3月より開催された愛地球博も25日までとなりました。
子供の夏休みにでも行こうかと思いながら、肝心の子供が部活でほとんど休みなしの夏休みで、行くことができませんでした。
やっと昨日休みがもらえたので行ってきました。といっても、夫と子供だけ。私は、こんなぎりぎりに行くと人混みで何も見られないことが想像出来たので、お留番です。
朝、4時半頃に家を出て、始発の新幹線で行った模様。普段全く起きてこない子供も、こんな時だけは早起きです。(-_-メ)
案の定、会場は満員。今朝の新聞によると18日は開催以来最高の人出と発表されていました。

受付では、まるで人間のようなロボットがお出迎え。リアルな動きや表情、瞬きもするんだそうです。
パピリオンはお目当てをいくつか絞って行ったので、トヨタグループ館以外は、ロボットステーションなど目標のものは見られたらしく、マンモスも見ることが出来たそうです。
売っているものも、値段が下げられていて、お得感があったとか。
22時までだったのですが、2時間ほど早く会場を出て、とりあえず、昨日のうちに帰宅してきました。
お疲れさま・・・
今朝は起きることが出来ず、部活に大幅に遅刻した我が子です。(ーー;)

ちょうど昨日は満月だったので、旬の三菱未来館@earthもしも月がなかったらにリンクを貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

お月見

DSC01484今日は満月(中秋の名月)。
大阪で月が出るのが 18:14 - 05:25 だそうです。
昨日もほぼま~るくきれいに見えました。
今日の神戸の天気予報は晴れ。きれいなお月さまが期待できそうです。
昨日、子供達のパソコン教室で、インターネットの検索方法について教えていました。
ちょうどいいので、月について調べて、「明日は満月だから、夜、お空を見ましょうね。」と話しました。小学校3年生の女の子が、「月にはうさぎがいるねんなぁ。小さいけど、見えるもん」って、可愛いお話しをしてくれていました。
我が家のうさぎのゆきも元気です。
そうだそうだ、お団子買って来なきゃ・・・(^^ゞ

参考にさせていただいたサイトThe Moon Age Calendar

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月17日 (土)

ドレッサー

ボケとプライド、傲慢と弱気…揺れ動くワンマン座長を平幹二朗さん、自分こそが座長の唯一の理解者と信じ、仕え続けたドレッサー(付き人)を西村雅彦 さんが演じます。
80年にロンドンで初演されて、その後各国で上演されてきた作品で、81年の日本初演時にドレッサー役を演じた平 幹二朗さんが、今度は座長役に回りました。
「戦場のピアニスト」のロナルド・ハーウッドによるバックステージドラマで、西村雅彦さんの長い台詞と演技には、圧倒されました。いくつか舞台を観ていますが、テレビで見るのとは全く違いますね。(どちらもいいです(^_^))
平さんという大物俳優さんを横に、付き人としての役を演じながらも見事に「主役」をこなされたと思います。
派手さがなく、終始役者さん達の演技に引き込まれる舞台らしい舞台でした。
舞台にかける座長の人生観は、平さんの実生活を想像してしいました。(^^ゞ

終演後に会場から出ると、どこかで見た顔が・・・
吉本の大介・花子の二人が観に来られていました。帰りにロビーを見ると、大介さんからのお花も飾ってありました。
その後、楽屋の方に消えて行かれたので、出演者のどなたかの知り合いなんでしょうね。

西村さんの動画コメントはこちら

ドレッサー THE DRESSER
公演日程 : 2005/09/16(金) 19:00 ・ 2005/09/17(土) 13:00
会場 :梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
作 : ロナルド・ハーウッド
訳 : 松岡和子
演出 : 鈴木勝秀
出演 : 平 幹二朗 西村雅彦 松田美由紀 久世星佳 勝野雅奈恵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

「北斗の拳」映画化 声優は阿部寛

昔、テレビアニメではまってしまいました。劇画タッチで、戦闘シーンが多い漫画は好まないのですが、何故かどっぷり。でも毎週見ていたわけではなかったので、最初も最後もわかりませんが。(^_^;)
ケンシロウの「お前はもう死んでいる」の決め台詞、今度は阿部寛さんだそうで、いいかも。
ラオウの宇梶剛士さんは、役にぴったり!?何年かラオウのような人生を送っていたと、会見で笑いながらコメントしていました。
今ごろどうして「北斗の拳」?と私なんかも思ったのですが、火付けになったのは、『パチスロ』だそうで、業界でこれまでにない台数が置かれているそうです。
職場のQちゃんたちに、「パチンコ屋さんに行ったら、何をするの?何が一番多くおいてあるの?」と尋ねると、「北斗の拳」と即答が返ってきました。私には他のものと何が違うんだかさっぱりわかりませんが、全然違うんだそうです。

柴咲コウ「筋肉もりもりが好き」(スポニチ)
人気漫画「北斗の拳」のアニメ映画「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章」の製作発表が15日、都内で行われ、声優を担当する阿部寛(41)柴咲コウ(24)宇梶剛士(43)が出席した。映画化は86年以来2度目。原作者の武論尊(ぶろんそん)氏らが練り直した新作で、08年までに映画とビデオで全5部作を発表する。主人公ケンシロウ役で声優初挑戦の阿部は「昔からまねをしていたけど、磨き次第でいい物になる」と自信。オリジナルのキャラクターでラオウに恋をするレイナ役の柴咲は「筋肉もりもりが好きなので、ケンシロウもラオウも好き」と笑顔。来年3月公開。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年9月13日 (火)

フォーリーブス コンサート

我ながら、観に行ったり聴きに行ったりするライブの内容の一貫性のなさにも呆れますが、暑い時期によく体力も続くものだと思います。(^_^;)
確かに、夏場は、仕事は少し落ち着いてはいますが、その間、週末には自宅でパソコン教室もきちんと開いていますし、知り合いの家のパソコンのメンテナンスに走り回ったり、子供の学校や塾の行事にもきちんと参加しています。早朝練習で毎日早くに出かける子供のお弁当作りもその他の家事だって手を抜いてません・・・たぶん。
ので、やっぱり、気分転換、ストレス解消にはライブです!!
今月4度目の大阪行き。神戸と大阪は、そう遠くはないようですが、平日の場合、仕事の後に出かけ、帰宅は遅くなり、次の日も仕事で、往復電車は満員、神戸とは比にならない大阪の人ごみに入るのが、やや負担かなぁ。

今回は最後列でした。先月行った『ブラスト!』が行われた大阪厚生年金会館の2階ににある芸術ホールはホールがとても小さいので、最後列でも十分見えます。でもって、後ろに人がいないということは、立つこともできるのです。(^o^)丿
ずっと立っていなくても、座席を折りたたんだ状態で、シートのヘリの部分に座ってもOK。
客席でのマナーは、ファンクラブの掲示板で、お互いに気をつけようと書き込まれているので、わりときちんとしていると思います。先行予約の座席は抽選で、それぞれの席の特権がその席についた人が活かせることが許されるわけですね。
最近、反抗期でバトルを繰り返す子供ともコンサートの時は休戦。とても仲良し母子で、ペンライトでは小さすぎるので、大きな誘導灯を両手に一緒にはじけてきました。
フォーリーメンバーにそれぞれシンボルカラーがあるので、ライトの色でで誰のファンかがわかります。私は赤、子供は黄色と青を持っています。
でもって、フォーブスのコンサートにはできるだけ同じ服を着ていくようにしています。メンバーに近づくチャンスが沢山あるので、覚えてもらえるように。(かなりミーハー)
メンバーもやはり、自分のファンを中心に、トークをしたり、握手をしてくれたりします。
全身真っ赤なチャイナドレスで、赤のライトをもっていたのですが、会場の中はいつも赤のライトが少ないので、有利です。思惑通り、客席に回ってきたお目当てのメンバーは、私を見つけてくれ、握手をしてもらいました。わーい!!

もうそろそろ、フォーリーブスを終わりにしようかなと日頃は思っているのですが、いざライブに行くと再燃するんですよね。
今年は、まだ、年末にもういちど大阪に来ます。昨年もチケットを入手しながら行けなかったこともあったので、どうしようか思案中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

小泉首相 勝利

予想通りというか、予想をはるかに超え、自民党は絶対安定多数(269)を大きく上回る296議席を獲得し、公明党と合わせた与党全体の議席が総定数の3分の2(320)を超す圧勝となりました。
自民党は小選挙区での当選者が増えたために、比例区で重複候補者が抜けると名簿の人数が足りなくなって、議席を他の党にに譲ってしまったというちょっと恥ずかしいことにもなったようですが、これも自民党も予測出来なかった嬉しい悲鳴が上がっていることでしょう。
投票率は過去最高、選挙区選は前回2003年より7.65ポイント増の67.51%、比例選も7.65ポイント増の67.46%となったそうで、女性は過去最多の43人当選、有権者の関心が高く、本当に面白い選挙だったと思います。
また、今回最も得票数が多かったのは直接投票といえる小泉純一郎首相(神奈川11区)の19万7037票で、1996年に小選挙区比例代表並立制が導入されて以降の当選者で最高、首相得票数としても、歴代トップだったそうです。
北海道の鈴木宗男さんも返り咲き、土井たか子さんが身を引く形で推し上げた辻元清美さんも当選しましたね。
兵庫では1区の候補者で"ピンさん"で広く知られている民主党の石井一さん完全な敗北でした。
話題の広島では、亀井氏がホリエモンに勝利し、面目が保てて、ほっとしたことでしょう。(^_^;)

自民党は圧勝しましたが、私の名前は「今回は土井たか子ではなく社民党です。」と連呼し、自身が比例区単独でしかも順位も下げて決死の覚悟で望み、わずかながらも議席を増やし、成果があったと思われます。
また、先の通常国会で郵政民営化関連法案に反対した前自民党議員を中心に、衆院選直前に結成された国民新党と新党日本が、それぞれ所属する国会議員が5人以上いるか、直近の国政選挙で有効投票総数の2%を超えることという要件を満たし、「政党」として存続できることになったことも評価に値するのではないでしょうか。

現閣僚が再任され、一気に郵政民営化が加速されそうですが、他にも課題は山積み。国民の期待を裏切らない形で進めてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

アカペラミュージカル「猫堀骨董店」

ライブに行くと、他の公演のチラシをどっさりくれますよね。その中で偶然見つけたアカペラミュージカル「猫堀骨董店
申し訳ありませんが、劇団の名前も役者さんも全く知らない人ばかりでした。それでも、すべてをアカペラでということ、今回は再演ということで期待できそうだったので、興味を持ちました。

期待は裏切られませんでした。台詞は関西弁なんですが、大阪とは少し違う・・・でも違和感はないです。
ところどころにきめ細かギャグが入りますが、これも、絶妙で、わざわざ無理して笑わせることもないのにって思う舞台がありますが、ここのは、前に出すぎることもなく、いい感じでした。
人数は少なめで、派手なイメージはないですが、十分な迫力もありますし、アカペラで演じるわけですから、歌は地声とファルセットの切り替えがきれいで心地よく、何より、稽古がかなりされている感じがしました。
前回の公演は、効果音は録音だったそうですが、今回はすべて生。
舞台は前回より大幅に大きなところで演じられたと、最後の舞台挨拶で言われていました。

●日程 : 2005年9月10日(土)~11日(日)
●会場 : シアター・ドラマシティ
●作・演出 : 中井由梨子(TAKE IT EASY!)
●出演 : ダイナマイトしゃかりきサ~カス /
      多根周作 / MaL /
      山根千佳、清水かおり、前渕さなえ、松村里美 (TAKE IT EASY!) /
      tekkan(友情出演) / 伊藤えん魔(ファントマ)

関連
e+特集ページ
世界初! アカペラミュージカル『猫堀骨董店』製作会見

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

大阪フィル第391回定期演奏会

今月2日3日に続いて3度目の大植英次&大阪フィルです。(^^ゞ
バイロイト音楽祭から帰った大植氏のマーラーはとても期待していました。
木曜日だというのに、客席はほぼ満員。さすが。
あとから聞いた話によると、金曜日の方がもっとよかった・・・らしいですが、木曜もステキな演奏会だったと思います。

大阪フィルハーモニー交響楽団第391回定期演奏会
日時:9月8日(木)・9日(金)19時開演
大阪 ザ・シンフォニーホール
指揮:大植英次
独唱:坂本朱
合唱:大阪フィルハーモニー女声合唱団、大阪すみよし少年少女合唱団
曲:  マーラー/交響曲 第3番 ニ短調

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月 7日 (水)

フジテレビ「女の一代記」

主演の女優陣も個性的ならば、演じられる女性も波乱万丈の人生、同じ女性としては、とても興味があります。
主題歌は大好きな中島みゆきさんの曲が起用されるとなると、ますます、見たくなります。
2時間ではとてもとても足りないのでは?プロデューサーの腕の見せどころといったところでしょうか。
スポニチの記事にそれぞれの年齢が書かれているのですが、女性なんだから少し配慮して・・・って思いますね。
でも、こうしてみると、そこそこ皆さん年齢を重ねてきていますね。私も、もう人生の折り返し地点が近くなってきたかなぁ、海千山千!?(^_^;)

りえ、米倉、天海「女の一代記」競演(スポニチ)
「女の一代記」シリーズを演じる宮沢りえ、米倉涼子、天海祐希(上段左から)下段左からドラマで演じられる瀬戸内寂聴さん、故杉村春子さん、故越路吹雪さん
宮沢りえ(32)、米倉涼子(30)、天海祐希(38)の人気女優3人が、明治から昭和、平成を生き抜いた実在の女性たちを演じることになった。今秋スタートするフジテレビの「女の一代記」シリーズで宮沢が作家・瀬戸内寂聴さん(83)、米倉が女優・杉村春子さん=享年(91)=、天海が歌手・越路吹雪さん=同(56)=の壮絶な生きざまに挑戦する。
活躍の分野こそ違うものの、人生をたくましく生き抜く女性たちの姿を宮沢、米倉、天海が再現することになった。
フジが初の大型シリーズとして打ち出す「女の一代記」の第1弾で、それぞれ2時間程度の作品になる予定。今秋、3夜連続で放送される。
学生結婚、不倫、作家活動、51歳での出家と、波乱に満ちた生き方を選んだ寂聴さんを演じるのは宮沢。シリーズを企画した同局の喜多麗子プロデューサーは「宮沢さんは魂から表現する女優。寂聴さんは彼女しかいない」と期待。宮沢は出家後のてい髪した姿も披露するという。
米倉は、数々の恋で得たエネルギーのすべてを芝居に注ぎ込んだ杉村さんの「女優」と「女」の顔を表現。華やかな私生活を送りながら、女優としての存在感を増しつつある米倉に重なる部分もあり、杉村さんの骨太で粋な生き方を体当たりで演じる。
また、宝塚歌劇団の先輩でもある歌手・越路さん役の天海が、歌と踊りの演技を披露するのは95年の宝塚退団以来初めて。華麗なステージ衣装もまとう予定で、久々の本領発揮となる。
主題歌は中島みゆき(53)の「命のリレー」。3作品のプロデューサーもすべて女性が務めるなど、女のど根性が結集したシリーズとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

有名になった?

ちょっと、記事のアップが遅くなりましたが、DSC014708月26日、頭痛が治らないまま、夏休みの練習の成果を披露するコンサートが子供の通う中学校の中庭で行われました。観客は、生徒はほとんどなく、父兄や卒業生、その他関係者と地域の音楽が好きな方々です。
吹奏楽部の演奏だけでなく、教師のお世辞にも上手と言えない余興(失礼\(^^:;)...マアマア)、PTAのコーラスなどもありました。例年、シャンソン歌手の風かおるさんが来られたりするのですが、今年のゲストは消防音楽隊でした。
自分たちの演奏が終わった後、極度の疲れでダウンした我が子、そのまま連れて帰ろうとしたのですが、消防音楽隊の演奏の最後に子供達とのジョイントで、日本テレビ系土曜ドラマ「ごくせん」主題歌の「NO MORE CRY」を演奏することになっていて、ドラム担当なので、どうしても帰るわけにはいかないと言い、出番まで安静にさせて、何とか舞台に穴を開けることなく終えました。
本番に強いというのでしょうか、ソロやフィルインも決めて、なかなか頑張ったと思います。アンコール曲は、予想外に、吹奏楽部だけで演奏した「マツケンサンバ2」を消防音楽隊の指揮者が選んだのです。この曲も偶然我が子の担当した楽器はドラム・・・もう体力が持たないかと心配しましたが、消防音楽隊の打楽器奏者のアドリブ演奏に刺激され、子供も、どかどかアドリブを入れて、打楽器セッションもどき!?すごい度胸ですよ。頭痛もどこかに飛んだようでいい笑顔でした。1年半前の大阪フィルの演奏会に出たときと同じくらいの達成感があったと喜んでいました。プロと演奏出来る機会はめったにないので、貴重な経験です。

数日後、「ブラスト!」を観に大阪に行ったのですが、休憩中に子供がジュースを買いに行ったときに、知らない人から声をかけられてそうです。
「君、○○中学校の子でしょ?」
どうして、こんなところで、こんな質問・・・何か悪いことでもしたかとドキッ。
「この間、ブラスバンドの演奏でティンパニを演奏していたでしょ」
びっくり、あの演奏会に来られていた人が、うちの子を覚えていてくれました。地元で声をかけられるならわかりますが、制服を着ていたわけでもありませんし、大阪の広いホールの人混みで・・・
ブラスト!を観に来られるくらいですから、打楽器が好きな方だったのでしょうね。
でも、そういうことも、子供にとっては、辛い練習に耐えて得た喜びの一つになります。
さて、2学期も始業式の日から、即、練習です。身体に気をつけて頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

台風14号接近

昨夜は、台風14号の影響で、東京都心や埼玉、神奈川県が1時間に100ミリを超す局地的な大雨に見舞われました。河川があふれて、沢山の家屋が浸水していました。
ずいぶんゆっくり近づいてきて、勢力が強い台風14号ですが、近畿地方に近づくのは明日の夜くらいでしょうか。
今朝の報道によると、暴風域は、アメリカの超大型ハリケーン「カトリーナ」よりも広いそうです。警戒が必要です。

天災の怖さと、それを前にする人間の力の弱さ・・・痛感します。

心に傷、警官や消防士が自殺(共同通信)

 【ニューヨーク共同】超大型ハリケーン「カトリーナ」に襲われた米ルイジアナ州ニューオーリンズのネーギン市長は4日、米CNNテレビに対し、被災者の救助に当たる警官や消防士が精神的ショックを受け、「2、3人が自殺した」ことを明らかにした。4日付の米紙ニューヨーク・タイムズも仕事のストレスなどから、警官約200人が職場放棄したと伝えており、ハリケーン被害の悲惨さ浮き彫りに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

文化庁長官河合隼雄&大植英次スペシャルライヴ

神戸混声合唱団の定期演奏会のあと、出勤しなければと思っていたのですが、2日前に久しぶりに大阪フィルハーモニー交響楽団のウェブサイトを見ると、大植氏のライブ情報。
気づかなければ、通り過ぎていたことですが、見てしまった(;´_`;)・・・これは聴きに行きなさいという神の声です。
チケットは郵送では間に合いませんので、当日券があるかどうかを問い合わせてみたところ、当日券という販売はないですが、予約をして当日会場で受け取るということは出来るとのことでした。
コンサートのハシゴは慣れたものです。超ロングのスカートに12センチのハイヒールのかかとを鳴らし駅まで走って、大阪へ向かう電車に乗りました。
会場の大阪フィルハーモニー会館は定員300人ちょっとの小さなホール。大フィルの練習などに使われているようです。1年半くらい前に、うちの子供が現田茂夫氏の指揮で、大阪フィルの演奏のオペレッタ「ヘンゼルとグレーテル」に子供達の役で出演したときに、このホールに練習に行きました。

今回、大植氏は指揮ではなく、司会とピアノの伴奏です。こういう機会は滅多に見られません。奏者は文化庁長官と大フィルの7名と大植氏のみ。ミニコンサートはとても親近感があります。
長官は普段のスピーチは全く緊張しないそうですが、フルートの演奏はかなりの緊張されたそうです。間違えながらも、大植氏やプロのメンバーに合わせもらえるので、とても楽しそう、いえ、気持ちよさそうに演奏なさっていました。77歳で、8曲中、6曲の演奏をされるのはすごいですよ。
ここでしゃべっていいの?というようなシークレットトーク(公開はひかえておきます)などもあり、驚きました。(^_^;)
昨年、コンサートマスターとして迎えられた長原幸太さんは24歳だそうで、へぇ~~。ヴァイオリンの絶妙なトリル演奏をばっちり近くで見せていただきました。
終始和やかな雰囲気で、演奏の途中で拍手が少しなったのですが、それを受けて、その曲が終わった後に大植氏が「楽章の途中で拍手してもいいんですよ~」って、フォローされていました。さすが、優しい心配りを。
大きな舞台の緊張した雰囲気の中での拍手は時として、雰囲気を壊すこともありますが、ケースバイケースですよね。
以前、大阪フィルポップスコンサートで、宮川氏もおっしゃっていましたが、素直な気持ちでの拍手、それぼと周りに迷惑をかけていませんし、演奏者はプロですから、平気だと思いますよ。(^_^)

連日の大植氏ですが、実は、来週も大阪フィルの定期演奏会で、また大植氏の指揮の演奏会に行きます。
まるで、おっかけになってしまってますね。(-.-)

河合隼雄&大植英次スペシャルライヴ
文化庁長官河合隼雄と大阪フィル音楽監督大植英次がライヴを開催!
絶妙なトーク、長官のフルート演奏、大阪フィルメンバーの出演など盛り沢山の内容!
日時: 9月3日(土) 17:00開演
場所: 大阪フィルハーモニー会館
フルート:河合隼雄、榎田雅祥、野津臣貴博
ピアノ、ハープシーコード:大植英次(司会)
ヴァイオリン:長原幸太、田中美奈
ヴィオラ:小野眞由美、チェロ:田中賢治
コントラバス:林俊武
1.里の秋(野田輝行編)
2.とうりゃんせ(川崎優編)
3.モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク
4.モーツァルト/フルート四重奏曲ハ長調 KV.171
5.ドビュッシー/月の光
6.フォーレ/シシリエンヌ
7.タルティーニ/悪魔のトリル
8. グルック/精霊の踊り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

神戸市混声合唱団 定期演奏会

春の演奏会には行けなかったので1年ぶりの定期演奏会。ですが、今回は、私にはちょっと苦手な曲でした。
合唱としてはきれいなのですが、宗教音楽って眠くて。
好きな人は大好きなんですよね。ある友人は、好きな曲ばかり・・・と喜んでいました。
神戸市混声合唱団の演奏会は、いつもいっぱいなのですが、今回はとても少なかったです。
次は、楽しい曲をお願いします。(^^ゞ

日時:2005年9月3日(土) 14:00 開演
場所:神戸文化ホール 中ホール
指揮:小泉 ひろし
弦楽:神戸市室内合奏団
曲目:
ラインベルガー :スタバート・マーテル
ペルト :ベルリン・ミサ
ペルト :二人の祈祷者
バッハ :カンタータ147番・心と口と行いと命もて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

大植英次の青少年のためのコンサート~情熱の響き~

昨年に続いて、青少年のためのコンサートに行きました。
~情熱の響き~と題してのなじみのある曲が選曲されていました。
学校の先生に引率された生徒達が会場に多く見られました。大阪市が主催だそうです。いいことですね。
7月にアジア人として初めて「バイロイト音楽祭」の指揮台に立った大植氏が帰国して初めての演奏会がこの日だったそうです。
指揮台の上で、やはり両足が離れて(跳び上がる)いました。
質問のコーナーは昨年より時間が多くとられ20分くらいあったでしょうか、大植氏が自ら客席に降りて駆け回っていました。
子供達の中には、初めて生の演奏会に来たという人もいたでしょう。ましてや、大植氏の指揮はおそらくほとんど見たことはないという感じの質問が子供達からいっぱいでした。
「どうして指揮者になったのですか?」「楽器は演奏出来ますか?」「どうしたら指揮者になれますか?」などなど・・・
そういう子供達の中から、新たな音楽家が出てくることを期待して、笑顔で答えておられました。
今回は2階席にいたので、うちの子の昨年からの質問「指揮台から落ちたことはありますか」は、また持ち越しになったと悔しがっていました。\(^^:;)...マアマア

ちなみに大植氏は、もちろん子供の頃から指揮者になりたいという思いはあったそうですが、かつて、演奏中に、トロンボーンの管を引き抜いてとばしてしまったり、ティンパニのヘッドを破ってしまったり、管をおもいきり吹いて、目眩を何度も起したりということで、楽器より指揮者に・・・とうエピソードを昨年のNHK「トップランナー」で披露されていました。

「バイロイト音楽祭」の前日だったと思いますが、近畿圏ローカル 毎日放送MBS 4ch.の「情熱大陸」で、大阪フィル、ハノーファー北ドイツ放送フィルでの活動から、バイロイトのリハーサルに至るまで、大植英次の半年間に完全密着したドキュメンタリーが放送されました。
放送後、大反響を巻き起こした「情熱大陸」に、未収録シーンをふんだんに盛り込んだ完全版として、9月4日(日)24時30分~25時30分に「魂のタクト~大植英次・バイロイトに立つ」が放送されます。
録画予約OKです。(^^ゞ

余談ですが、NHKのテレビカメラ4~5台入っていたのですが、カメラマンがほとんどスーツにネクタイ姿というのが、奇妙でした。昨年はそうじゃなかったと思うのですが・・・大植氏に敬意を表してか、はたまた、一連のNHKの不祥事で気持ちを引き締めるためか!?

青少年のためのコンサート ~情熱の響き~
日時: 9月2日(金) 18:30開演
場所: ザ・シンフォニーホール
指揮: 大植英次
司会: 濱中博久
曲目: バーンスタイン/ミュージカル「キャンディード」序曲
サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」より“バッカナール”
ラヴェル/ボレロ
マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
レスピーギ/交響詩「ローマの松」

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年9月 1日 (木)

ケーキパフフェ

01_pic01先日大阪に行ったときに、ぶらぶら歩いていると、喫茶店のウィンドウにケーキパフェなるものがディスプレイされていました。
パフェのカップの上にドカ~ンとケーキが乗っているのです。ボリューム万点、圧倒されました。なんとも不安定で、ただ迫力こそあるだけで、美観はよくありません。
誰が食べるんだろう・・と歩いていると、すぐ近くの店にもあるのです。
もしかして、今流行り!?神戸ではたぶん見かけませんよ。私が知らないだけだったかも知れませんが。
大阪っていうところは、何でも話題性のあるものが好きですから・・・(^_^;)
で、まぁ、話のネタにということで、「カフェ 茶茶 三番街」というお店に入ってみました。こちら、外で列が出来ています。阪急梅田駅のわりと雑然としたところに周りとはミスマッチにぽつんときれいなケーキ屋さんがあるのですが、みなさんよく知っているようですね。
いつもなら、絶対避けますが、時間もあったし、何より並んでるケーキがどれもオリジナリティいっぱいで美味しそうだったので、しばらく待って入ってみました。
ケーキパフェを注文する人が、いっぱいですよ。値段はケーキの値段プラス400円でどれでもケーキパフェにしてもらえます。もちろんこんな不安定な状態で食べられるはずはないので、別にお皿を持ってきてくれます。それなら、パフェとケーキと別に注文すればいいようなものですが。
「おうす紅茶」という和風の容器に入ったティーオーレを注文しましたが、美味しかったです。

ちなみに、この「カフェ 茶茶」は最初にケーキパフェを作った「元祖ケーキパフェのお店」だったようです。(画像はこちらのものを使用させていただきました)
随分前からケーキパフェはあったのですね。探してみると、あちらことらのメニューにもあるようですが、どれも小さめで、大阪で見たものとは違いますね。やっぱり食いだおれの大阪ですよ。(^o^)v


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »