« ケーキパフフェ | トップページ | 神戸市混声合唱団 定期演奏会 »

2005年9月 2日 (金)

大植英次の青少年のためのコンサート~情熱の響き~

昨年に続いて、青少年のためのコンサートに行きました。
~情熱の響き~と題してのなじみのある曲が選曲されていました。
学校の先生に引率された生徒達が会場に多く見られました。大阪市が主催だそうです。いいことですね。
7月にアジア人として初めて「バイロイト音楽祭」の指揮台に立った大植氏が帰国して初めての演奏会がこの日だったそうです。
指揮台の上で、やはり両足が離れて(跳び上がる)いました。
質問のコーナーは昨年より時間が多くとられ20分くらいあったでしょうか、大植氏が自ら客席に降りて駆け回っていました。
子供達の中には、初めて生の演奏会に来たという人もいたでしょう。ましてや、大植氏の指揮はおそらくほとんど見たことはないという感じの質問が子供達からいっぱいでした。
「どうして指揮者になったのですか?」「楽器は演奏出来ますか?」「どうしたら指揮者になれますか?」などなど・・・
そういう子供達の中から、新たな音楽家が出てくることを期待して、笑顔で答えておられました。
今回は2階席にいたので、うちの子の昨年からの質問「指揮台から落ちたことはありますか」は、また持ち越しになったと悔しがっていました。\(^^:;)...マアマア

ちなみに大植氏は、もちろん子供の頃から指揮者になりたいという思いはあったそうですが、かつて、演奏中に、トロンボーンの管を引き抜いてとばしてしまったり、ティンパニのヘッドを破ってしまったり、管をおもいきり吹いて、目眩を何度も起したりということで、楽器より指揮者に・・・とうエピソードを昨年のNHK「トップランナー」で披露されていました。

「バイロイト音楽祭」の前日だったと思いますが、近畿圏ローカル 毎日放送MBS 4ch.の「情熱大陸」で、大阪フィル、ハノーファー北ドイツ放送フィルでの活動から、バイロイトのリハーサルに至るまで、大植英次の半年間に完全密着したドキュメンタリーが放送されました。
放送後、大反響を巻き起こした「情熱大陸」に、未収録シーンをふんだんに盛り込んだ完全版として、9月4日(日)24時30分~25時30分に「魂のタクト~大植英次・バイロイトに立つ」が放送されます。
録画予約OKです。(^^ゞ

余談ですが、NHKのテレビカメラ4~5台入っていたのですが、カメラマンがほとんどスーツにネクタイ姿というのが、奇妙でした。昨年はそうじゃなかったと思うのですが・・・大植氏に敬意を表してか、はたまた、一連のNHKの不祥事で気持ちを引き締めるためか!?

青少年のためのコンサート ~情熱の響き~
日時: 9月2日(金) 18:30開演
場所: ザ・シンフォニーホール
指揮: 大植英次
司会: 濱中博久
曲目: バーンスタイン/ミュージカル「キャンディード」序曲
サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」より“バッカナール”
ラヴェル/ボレロ
マスカーニ/歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
レスピーギ/交響詩「ローマの松」

|

« ケーキパフフェ | トップページ | 神戸市混声合唱団 定期演奏会 »

コメント

はじめまして、こんばんは。TBさせていただきました。
2日と3日両方行かれたんですね。羨ましすぎます!さぞ楽しかったのでは?
子どもさん質問できなくて残念でしたね。
最低1回は落ちているのでは、と私は睨んでますが(笑)。
河合隼雄さんは元々がおしゃべり好きでユング派の心理療法家ですから、講演会などではダジャレと真面目な話がチャンポンしてるくらいなのですが、フルートはどうなんでしょう?
大フィルは現在赤字が深刻なようなので、大植さんも文化庁長官をどんどんヨイショして補助金搾り取ってもらわないと(爆)。
またちょくちょくROMさせてもらいますね。

投稿: J.D. | 2005年9月 5日 (月) 23:34

J.D.さん、トラックバックとコメントありがとうございます。
小さい頃から演奏会に連れ回しているうちの子ですが、今年吹奏楽部に入ってからは、聴き方が変わってきたようで、成長を喜んでいます。

文化庁長官とのライブは、ダメもとで当日朝、電話予約でしたから、行くことが手来てラッキーでした。
長官のフルートも、ダジャレがまじっていたかも!?(ご本人は真面目に演奏なさっていたのでしょうけど(笑))
アンコールは「七つの子」でした。大植氏曰く、これは、長官のテーマ曲だと。
「か~わい、か~わい・・・」(^^ゞ

また、お越し下さいませ。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年9月 6日 (火) 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/5741606

この記事へのトラックバック一覧です: 大植英次の青少年のためのコンサート~情熱の響き~:

» 今日の出来事 [ミューズとソフィア]
 ネットで購入のデジカメが届いたんで、お日柄も好いことだし(謎)さっそく散策。様子はこちらに。  昨夜は大植さん指揮の大フィルで『青少年のためのコンサート 〜情熱の響き〜』があって、と〜〜〜っても行きたかったのですが、コンサートの趣旨を考慮して自重しました(泣)。人気が無いならともかく、大植さんは大阪滞在中に精力的に学校の吹奏楽部や管弦楽部を回ってはるので、ほっといても子どもたちが集まるし(定期でも中高生をよく見かけます、たとえブルックナーでも)。  素晴しい演奏共々とても盛り上がったようで... [続きを読む]

受信: 2005年9月 5日 (月) 23:06

» 大阪フィルハーモニー交響楽団のテレビ放送 [dress-up-smartly]
大フィルのホームページで掲載されています。 自分のメモのためにアップさせていただ [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 10:52

« ケーキパフフェ | トップページ | 神戸市混声合唱団 定期演奏会 »