« 台風14号接近 | トップページ | フジテレビ「女の一代記」 »

2005年9月 6日 (火)

有名になった?

ちょっと、記事のアップが遅くなりましたが、DSC014708月26日、頭痛が治らないまま、夏休みの練習の成果を披露するコンサートが子供の通う中学校の中庭で行われました。観客は、生徒はほとんどなく、父兄や卒業生、その他関係者と地域の音楽が好きな方々です。
吹奏楽部の演奏だけでなく、教師のお世辞にも上手と言えない余興(失礼\(^^:;)...マアマア)、PTAのコーラスなどもありました。例年、シャンソン歌手の風かおるさんが来られたりするのですが、今年のゲストは消防音楽隊でした。
自分たちの演奏が終わった後、極度の疲れでダウンした我が子、そのまま連れて帰ろうとしたのですが、消防音楽隊の演奏の最後に子供達とのジョイントで、日本テレビ系土曜ドラマ「ごくせん」主題歌の「NO MORE CRY」を演奏することになっていて、ドラム担当なので、どうしても帰るわけにはいかないと言い、出番まで安静にさせて、何とか舞台に穴を開けることなく終えました。
本番に強いというのでしょうか、ソロやフィルインも決めて、なかなか頑張ったと思います。アンコール曲は、予想外に、吹奏楽部だけで演奏した「マツケンサンバ2」を消防音楽隊の指揮者が選んだのです。この曲も偶然我が子の担当した楽器はドラム・・・もう体力が持たないかと心配しましたが、消防音楽隊の打楽器奏者のアドリブ演奏に刺激され、子供も、どかどかアドリブを入れて、打楽器セッションもどき!?すごい度胸ですよ。頭痛もどこかに飛んだようでいい笑顔でした。1年半前の大阪フィルの演奏会に出たときと同じくらいの達成感があったと喜んでいました。プロと演奏出来る機会はめったにないので、貴重な経験です。

数日後、「ブラスト!」を観に大阪に行ったのですが、休憩中に子供がジュースを買いに行ったときに、知らない人から声をかけられてそうです。
「君、○○中学校の子でしょ?」
どうして、こんなところで、こんな質問・・・何か悪いことでもしたかとドキッ。
「この間、ブラスバンドの演奏でティンパニを演奏していたでしょ」
びっくり、あの演奏会に来られていた人が、うちの子を覚えていてくれました。地元で声をかけられるならわかりますが、制服を着ていたわけでもありませんし、大阪の広いホールの人混みで・・・
ブラスト!を観に来られるくらいですから、打楽器が好きな方だったのでしょうね。
でも、そういうことも、子供にとっては、辛い練習に耐えて得た喜びの一つになります。
さて、2学期も始業式の日から、即、練習です。身体に気をつけて頑張って欲しいですね。

|

« 台風14号接近 | トップページ | フジテレビ「女の一代記」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/5805731

この記事へのトラックバック一覧です: 有名になった?:

« 台風14号接近 | トップページ | フジテレビ「女の一代記」 »