« 女性皇族、結婚後も皇室に | トップページ | 木村拓哉 藤沢作品で時代劇初主演 »

2005年10月 5日 (水)

お茶にチョーク、13歳男子生徒補導

身近で学校での事件が続きます。
今回は、ほんとに近くで起こっています。子供が通う塾に事件のあった学校の生徒がいるそうで、話題になったそうです。
最近、子供たちが精神的に幼稚になっているという話を、学校の先生に伺いますが、結果をきちんと考えないこういった行動は、大ごとになりかねません。学校にだけ責任を押し付けることは出来ません。考えさせられる事件です。

お茶にチョーク、13歳男子生徒補導…「驚かそうと」(読売新聞)
神戸市中央区の市立楠中学校で4日、昼食時にお茶を飲んだ生徒12人が体調不良を訴えて経過入院した事件で、兵庫県警生田署は5日、お茶が入ったやかんにチョークを混入したとして、同中の男子生徒(13)を補導、児童相談所に通告した。
男子生徒は「みんなを驚かそうと思ってやった。騒ぎになって言い出せなくなった」と話しているという。

調べによると、男子生徒は、教卓に置かれていたやかんの注ぎ口から、二つに折ったチョークの一つを入れたという。

追記: はせまなさんのところで知りましたが、チョークの成分である炭酸カルシウムに毒性があり、体重1kgあたり15gを取ると死んでしまうと言う毒物だそうです。
イタズラでは済まされません。

|

« 女性皇族、結婚後も皇室に | トップページ | 木村拓哉 藤沢作品で時代劇初主演 »

コメント

 トラックバック、どうもありがとうございます。
 補導された生徒は「冗談好きな明るい生徒」と言う記事もありました。やんちゃな男の子が、面白半分イタズラしたのでしょうね。確かに、中学生としては幼稚すぎるかもしれませんが。
 それにしても、高速道路で空気銃らしきもので銃撃された事件などもそうですが、何の恨みも無い不特定な相手を傷つけることが、多くなっているように感じます。自分の身の回りの人も、自分と同じ血の通った人間で、家族や友人がいて……などと言うことを想像することが出来なくなっているかのように感じます。

投稿: はせまな | 2005年10月 6日 (木) 13:35

自分の子供を見ていてもよく感じます。
自分が相手の立場だったらということをあまり考えません。
また、子供のやることは、自分で責任なんて取れないことが多く、親が全ての責任を追うことになること、それによって、家族や周りの人が、生活が変わってしまうような迷惑をかけることもあることを、何度も何度も言い聞かせていますが、なかかな理解できないらしいのです。
すぐに「なんでそんなことで、怒るの?」とか、「それくらい、ええやん」って言葉が返ってきます。
情けなくなることがあります。
ですが、そうも言ってられません。それでも、根気よく言い聞かせていかないといけませんね。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年10月 6日 (木) 15:06

 紹介リンクありがとうございます.
 炭酸カルシウムの毒性ですが、体重1kgあたり15gと言うのはかなりの量のようで、体重40kgのひとなら、600gとなり、チョーク120本分に当たるそうです。
 なお炭酸カルシウムを原料とせず、炭酸カルシウムを原料とするチョークもあるようです。
 詳細は、以下のサイトをごらん下さい。

 ●科学のつまみ食い・蟻がチョークの線を通らない理由
 http://www.kagaku.info/faq/ant990730/

投稿: はせまな | 2005年10月 6日 (木) 15:14

「やんちゃなこどものいたずら」で片付けられるのも、
「犯罪行為」とされるのも、どっちもやりきれないものを感じます。

悪意なくそういうことが平気でできそうな生徒の顔が次から次へと思い浮かぶし・・・

それにしても、チョークって毒だったんですかぁ
Cosは大体2時間授業をするとチョークを一本消費します。
黒板に書いては消し、書いては消し・・・・どれぐらいチョークの粉を吸ってるんだろう・・・・怖くなってきた∥xx;∥☆\(--メ)

投稿: Cos | 2005年10月 6日 (木) 21:26

はせまなさん、コメントどうもです。
チョーク120本分も一度に口にすることはたしかにまず無いでしょうね。(^^ゞ
だから大丈夫ってこともないのが問題。
イタズラと済ませたいなら、最低限、食品を使うのがルールだと思います。これも、度が過ぎない程度で。
ごめんなさいで済んだら警察はいらない・・・よく言われることですね。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年10月 6日 (木) 23:04

COSさん、こんばんは。
教育の現場にいると、こういう事件はいたたまれないことでしょう。
チョークといえば、遠い昔、当番制で、先生の書いた板書を消して、窓の外で黒板消しをぱたぱたとはたいて、風が逆向きに吹いてきて、ゲホゴホとやっていました。(^^ゞ
少し吸い込んでも、苦しかったものです。直接飲んだら、もっと気持ち悪くなるものなのでしょうか。
体重40kgの人でチョーク120本分と、致死量にはほど遠いとは思いますが、COSさんも、あまり吸い込まないように、なさってくださいね。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年10月 6日 (木) 23:21

Cosのところでは各教室に黒板消しクリーナーがあるのですが、これも粉が出ます・・・

そのうちに「健康のために」チョークは使わなくなるんだろうなぁ

投稿: Cos | 2005年10月 8日 (土) 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/6272471

この記事へのトラックバック一覧です: お茶にチョーク、13歳男子生徒補導:

» 市立楠中学校でお茶にチョーク混入、男子生徒を補導 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「市立楠中学校でお茶にチョーク混入、男子生徒を補導」に関連するブログ記事から興味... [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 (木) 14:35

» 学校の責任? [こすもす]
13歳の少年がクラスで飲むお茶のやかんにチョークを入れた。 少年にしてみればいた [続きを読む]

受信: 2005年10月 6日 (木) 21:22

« 女性皇族、結婚後も皇室に | トップページ | 木村拓哉 藤沢作品で時代劇初主演 »