« マンマ・ミーア! | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団のテレビ放送 »

2005年10月14日 (金)

ハテナ?

朝から、面白い記事を見つけたので、アップします。
世の中には不思議な生物がいるものです。「ハテナ」・・・わかりやすいネーミングだこと。(^_^;)

“半草半獣”の新種微生物、その名は「ハテナ」(読売新聞)
光合成をする植物と、植物などを食べて生きる捕食生物の両方の姿を持つ“半草半獣”の新種の微生物を、筑波大の研究チームが見つけた。14日付の米科学誌サイエンスで報告する。
和名で「ハテナ」と名づけた新種は、特定の藻類を食べると、それを消化せずに体内に取り込み、藻類が持っている葉緑体を使って「植物」として光合成をしながら生き延びる不思議な一生を送る。多様な植物が誕生した進化の途上の生命体とみられ、生物進化の解明につながる重要な発見として注目されている。
ハテナは、和歌山県の砂浜などで見つかった体長100分の3ミリほどの単細胞の海洋微生物。分裂して増える時は葉緑体は片方が“相続”。葉緑体のない片方には、捕食用の口が出現するという。
半分動物、半分植物=不思議な微生物、和歌山で発見-葉緑体取り込み利用・筑波大(時事通信)
他の微生物を食べる動物の一種、鞭毛(べんもう)虫なのに、藻類の葉緑体を取り込むと捕食装置が退化し、植物として生きる不思議な微生物を岡本典子日本学術振興会特別研究員と井上勲筑波大教授が発見し、14日付の米科学誌サイエンスに発表した。
仮に「ハテナ」と命名されたこの微生物は、植物への進化過程にあり、数千万年後には完全な藻類になる見込みだという。
 

|

« マンマ・ミーア! | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団のテレビ放送 »

コメント

(^o^)丿mee さん、こんばんは。こういう話は大好きです。人魚姫、半魚人につながるとは思いませんが、かものはしのように半獣半鳥みたいな生物もいるわけで、もっとすごい発見につながらないかとわくわくです。

投稿: | 2005年10月16日 (日) 00:57

惑さん、こんばんは。
地球上には、まだ知らない生物がいっぱいいるのでしょう。
見た目は、いろいろでしょうけれど、生物の神秘みたいなものは、夢がありますね。

投稿: (^o^)丿mee | 2005年10月17日 (月) 21:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/6392183

この記事へのトラックバック一覧です: ハテナ?:

« マンマ・ミーア! | トップページ | 大阪フィルハーモニー交響楽団のテレビ放送 »