« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 皇位継承は「長子優先」で一致 »

2005年11月21日 (月)

マンハッタン・ジャズ・クインテット

「マンハッタン・ジャズ・クインテットJapan Tour 2005」神戸こくさいホールにて。
マンハッタン・ジャズ・クインテットは、よく来日していますが、初めて聴きに行きました。
4ビートジャズバンドとして結成され、メンバーを少しずつ変えながら今年は21年目を迎えたそうです。
現メンバーは、
デビッド・マシューズ(リーダー、アレンジ、ピアノ)
ルー・ソロフ(トランペット)
アンディ・スニッツァー(テナーサックス)
チャーネット・モフェット(ベース)
ビクター・ルイス(ドラムス)
デビッド・マシューズとルー・ソロフは結成当初から不動。
今回の曲目は
カム・トゥゲザー/ア・デイ・イン・ザ・ライフ/恋を抱きしめよう/テイク・ファイブ/アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー/A列車で行こう/ブルー・ポッサ/ミッシェル/アイ・ガット・リズム/枯葉/ザ・チキン/キャラバン
と、おなじみのジャズの曲や、ビートルズやクイーンの曲などが演奏されましたが、1曲が10分前後、アレンジやアドリブで原曲はどこへ~といった感じです。それぞれのソロがかっこいい!!
ルー・ソロフの愛嬌たっぷりの動きが面白く、トランペットのミュートは足もとに7つ、8つ並べられていたでしょうか、巧みに取り替えて演奏されました。
DSC01554デビッド・マシューズはとても日本語が上手で、曲目も日本語で紹介してくれました。字も書けるそうです。(^^ゞ
コンサート終了後は、パンフレットまたはCDを買った人対象にデビッド・マシューズのサイン会。私もしてもらいました。最近、この形式のコンサート、続いています。流行っているのか、はたまた偶然かしら。
マンハッタン・ジャズ・クインテットは『MJQ』と略されるそうですが、そういえば、昔「MFQ』( The Modern Folk Quartet)っていうアメリカで一世風靡したグループもありましたね。

|

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 皇位継承は「長子優先」で一致 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/7243444

この記事へのトラックバック一覧です: マンハッタン・ジャズ・クインテット:

« 竜馬の妻とその夫と愛人 | トップページ | 皇位継承は「長子優先」で一致 »