« VELOTAXI | トップページ | ピンチ脱出 »

2005年12月16日 (金)

仰木彬前オリックス監督死去

テレビで「大奥」を見ていたら、速報が流れ、読んでびっくり。あまりに急で。
仰木氏は神戸では、歴史に名を残すほど。市民は彼に足を向けて寝られません。
あの震災のときに、どれだけ希望を与えてくれたか。
黙っていたらちょっと怖そうですが、口を開くと、神様のような人でしたね。選手からの人望も厚かったようですしイチローを世に出した名監督です。若々しい表情したが、もう70歳だったのですね。
「仰木マジック」忘れることはできません。
ご冥福をお祈りします。

前オリックス監督の仰木彬氏が死去(読売新聞)
プロ野球の近鉄とオリックスで監督を務め、3度パ・リーグを制して1996年には日本一にも輝き、米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手を見い出した仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日午後4時10分、呼吸不全のため、福岡市内の病院で死去した。
70歳だった。告別式は近親者だけで行う。
仰木さんは福岡・東筑高から54年に西鉄(現西武)に入団。三原脩監督の下、西鉄の黄金時代に二塁手として活躍した。67年に引退。西鉄、近鉄でコーチを務めた後、88年に近鉄監督に就任した。ロッテとのダブルヘッダーとなった88年10月19日の最終戦では、時間切れ引き分けでリーグ優勝を逃し、「10・19」は、球界の語り草となっている。
翌89年にリーグ優勝を果たし、94年からはオリックス監督となり、阪神大震災に見舞われた95年には「がんばろう神戸」を合言葉に、パ・リーグ制覇。連覇を達成した96年には“長嶋・巨人”を破り、念願の日本一に輝いた。
データを生かしながらも、時として大胆なさい配は「仰木マジック」と呼ばれた。近鉄では、野茂英雄投手を1年目からエースとして起用、オリックスでは、無名だった鈴木一朗外野手を「イチロー」の登録名でレギュラーに抜てき、7年連続首位打者を獲得するスーパースターに育て上げた。
今季、近鉄とオリックスが統合された新生「オリックス・バファローズ」の監督に就任。プレーオフ進出争いを演じたが、惜しくも4位となり、今季終了後、健康上の理由から勇退し、オリックスのシニアアドバイザーに転進していた。
監督としての通算成績は近鉄、オリックスの14年間で988勝815敗53引き分け、勝率5割4分8厘。


|

« VELOTAXI | トップページ | ピンチ脱出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/7647615

この記事へのトラックバック一覧です: 仰木彬前オリックス監督死去:

» 仰木マジック [七五白書 (しらけないために)]
 阪神大震災が起きました1995年、「がんばろう・神戸」をスローガンに掲げて、プロ野球オリックスをリーグ優勝、翌年は日本一に導きました。この時、4番も固定せず100通りを越すオーダーを組むという、仰木マジックの頂点を極めた名将・仰木彬元監督が15日、70歳で逝きました。早すぎた死は惜しんで余りあります。  震災当時、仰木オリックスの活躍は悲嘆に暮れる市民らに希望を与え続け、「やればで�... [続きを読む]

受信: 2005年12月17日 (土) 15:06

» 不覚にも泣いた [『日々日常』〜ブログページ]
『日々日常』本サイト 人気blogランキングへ 昨日、オリックス故仰木監督の追悼番組での田口壮の言葉に思わず泣いた。 平成7年1月17日午前5時46分52秒、神戸を中心とした阪神地域に直下型大地震が起こった。 避難人数30万人 死者6,433人 負....... [続きを読む]

受信: 2005年12月27日 (火) 15:49

« VELOTAXI | トップページ | ピンチ脱出 »