« 12人の優しい日本人 | トップページ | 神戸電鉄脱線 »

2006年1月20日 (金)

西本智実&大阪フィルハーモニー交響楽団

クラッシックブームに一役かっている指揮者の西本智実さんが神戸神戸ポートピアホールにやってきました。
このホール、神戸ポートピアホテルの中にあります。ホテルには何度か行ったことはありますが、初めて行ったホールはとても立派なもので驚きました。
集客数も十分、おかげでホテル内にあるレストランはどこも満員でした。
せっかく大きなホテルに行ったので、ちょっと豪華な食事をしたかったのに・・・
仕方がないので、ホールの中でサンドイッチを食べて、早めに座席につきました。
舞台上にも少しずつ演奏者が入ってきたのですが、知らない顔がいっぱい。
確かに、大阪で見るいつもの大阪フィルのメンバーもいるのですが・・・
客演が多いのか、メンバーの入れ替えがあったのか、定かではありません。(^_^;)

西本さん、さらに痩せたでしょうか。でも、表情は前よりやわらかでした。
演奏後は、サイン会まで。お疲れのところありがとうございました。

曲目:
グリンカ/歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
チャイコフスキー/バレエ音楽「白鳥の湖」ハイライト
ドヴォルザーク/交響曲 第9番 ホ短調「新世界より」作品95
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

|

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 神戸電鉄脱線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/8245573

この記事へのトラックバック一覧です: 西本智実&大阪フィルハーモニー交響楽団:

« 12人の優しい日本人 | トップページ | 神戸電鉄脱線 »