« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

しあわせカレーうどん丼

DSC01681恒例「おじょママ!P弁当 おいしい丼で5めんなさい」の3つめ、「しあわせカレーうどん丼」です。
かつカレーライスとカレーうどんが一緒になった感じですね。これまでのお弁当の味付けは独特でしたが、今回のカレーの味は普通でした。
我が家でもカレーを作ると1日目はカレーライス、2日目はうすあげや醤油などを加えて、和風に味付けてカレーうどんにします。でも両方一緒にっていう発想も面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

息子のバースデー

DSC016831日早いのですが、息子の誕生日のお祝いをしました。お料理は私の実家の父、母、妹が用意してくれました。ありがとう。
何が楽しみって、昔、娘の誕生日には出てこなかったのですが、孫のお祝い事にはいつも欠かさず大きな鯛を焼いてくれる私の父。
まだ、うちの子が食べられないお食い初めのお祝いや、初節句でも鯛が出てきて、私が喜んでいたのです。
息子は肉より魚が好きなので、最近は鯛の当たりが減ってしまいました・・・(^_^;)

DSC01685ケーキは息子と一緒に買いに行ったa la campagne(ア・ラ・カンパーニュ)のもの。
チョコレートの甘いのが好きだった息子も、シナモンやキャラメルの少し大人の味を好むようになりました。
私の手作りのケーキでないと嫌だと言っていた日もはるか遠くに感じます。
家族でお祝いするのもあと何回できるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫高吹奏楽部創部50年

とてもローカルな話題ですが、今年の年賀状で、「見に行く、聴きに行く」と話題に上っている演奏会の練習風景が地元神戸新聞に掲載されていました。今回は大きな会場で、創部50年記念だそうで(もうそんなになるのか・・)、年配のOBも出ますから、知っている顔も見られます。
会場でも懐かしい人たちに会えると思うので、久しぶりに足を運ぶ予定です。なんといっても、当時顧問だった吉永陽一先生も指揮をされるということで楽しみです。
息子が夏に中学校の吹奏楽コンクールに主演したときの賞状の最後に関西吹奏楽連の兵庫理事長として吉永陽一先生の名前が書かれていていました。息子が吉永先生の指揮を見たのは、まだ小学生の頃だったので、今回は見方が変わると思います。
詳しくは、兵庫高校OB吹奏楽団のホームページで。
00048747ko200702261001

兵庫高吹奏楽部創部50年 現役と卒業生150人舞台で祝う(神戸新聞)
”吹奏楽の甲子園”と呼ばれる全日本吹奏楽コンクールに十一回出場し、プロの音楽家も多く輩出している長田区の兵庫高校吹奏楽部が今年、創部五十年を迎える。三月下旬には、卒業生と現役部員の総勢百五十人が合同演奏会を開くが、その中には夫婦や親子二代で舞台に立つ卒業生も。四十周年は阪神・淡路大震災で中止になっただけに、「今回こそ記憶に残る演奏会にしたい」と張り切っている。
 同部は一九五六年に発足。七四年に全日本吹奏楽コンクールに初出場し、八〇年には金賞を取るなど実績を重ねてきた。
 震災では校舎が避難所に。音がもれないよう練習場の会議室の壁に毛布を敷き詰め、避難者に配慮しながら練習をした。
現在、部員は五十一人。朝の授業前、昼休み、放課後の練習に励む。「上手な生徒が入部する訳ではない。みんなハードな練習に耐えて上達する」と指導する恋野善樹教諭(45)。
演奏会には、十八―六十四歳の卒業生約百人も出演。卒業後に結婚した夫婦や、親子二代の卒業生もおり、昨秋から練習に励んできた。
指揮を執るのは元顧問の吉永陽一さんら。卒業生らはショスタコービッチの「祝典序曲 作品九十六」など五曲、現役部員はOBの藤井敬士さんが新たに作曲した行進曲「ユーカリスティア」など三曲、合同で一曲の計九曲を披露する。
ホルン担当の冨田武志さん(28)は「演奏する『スプリングマーチ』は震災の年のコンクール曲。聞くとプレハブ校舎での練習を思い出します」と話す。
また、過去の名演を収録したCDや、歴史、写真入りのエピソードをまとめた記念誌を、今回初めて作成する。
二十五日午後一時半から、中央区の神戸国際会館こくさいホール。入場料五百円。同会TEL691・5595


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

荒川静香さん 華麗な演技

一躍時の人となった荒川静香さん、金メダルの演技も素晴らしかったですが、エキシビションは、優雅で華麗で素敵でした。青い衣装もとても似合っていました。
メダルを獲得してから、ほとんど睡眠がとれないままの演技たったそうですが、メダリストの意地を見せてくれました。
浦島太郎ならぬ「浦島花子です」とユーモアのあるコメントがかわいくて、帰国が待ち遠しいです。20060225i112

荒川の夢はアイスショー、東京での世界選手権に意欲も(読売新聞)トリノ五輪・フィギュアスケート女子で日本人初の金メダリストに輝いた荒川静香選手(24)が25日、メーンプレスセンターで会見し、「時間がたつにつれ、実感と重みを感じています」と改めて感想を語った。

「金メダルを取った後で最も驚いたことは」との質問に対し、「忙しいことです」と述べた。23日(現地時間)のフリー演技終了後、取材に追われ、睡眠時間は2日間で6時間しかないという。
一方、今後について、「夢はアイスショーで滑ること。1日でも多く自分の滑りを見たいと思ってもらうことが目標」とした。競技生活については、「現時点で引退か続行か断言はできない。日本に帰ってしばらく考えます」と白紙であることを強調したうえで、「国内で開かれた世界選手権に出場したことがないので、(来年の東京での世界選手権に)出たい気持ちはある」と現役続行に含みを持たせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

電子申告

確定申告のシーズンになりました。
我が家には少しだけですが、不動産所得があり、確定申告をする必要があります。
でもって、昨年の年末調整に住宅借入金控除の記入をするのを忘れてしまったので、それも含めて、また今回は加えて医療控除も申告してみました。
ということで、今回は還付の申告になったので、申告期間より先に提出するつもりだったのですが、結局今となりました。でも、申告期間はまだ始まったばかりのこの時期に申告が終わったのでほっとしています。

国税庁のホームページでも申告書が作れるサービスをしていますが、もう1歩進んで、今年初めて電子申告をやってみました。昨年もするつもりだったのですが、準備に手間取り、1年のびてしまいました。
昨年行った準備は、電子署名を行うための電子証明書を取得、公的個人認証サービスのICカードを入手し、税務署に開始届出書を提出後、e-Taxを利用するために必要なe-Taxソフト(CD-ROM)や利用者識別番号等の記載された通知書を受け取りました。
e-Taxソフトをインストールし、暗証番号の変更や電子証明書の登録をして、やっと利用できるようになります。

今年はこのソフトで実際の申告するのみなのですが、国税庁のシステムにアクセスできるのは、確定申告期間中は、平日の9時から21時まで。パソコンも認証を受けたマシンのみで使うことができるので、自宅のパソコンでしか作業ができません。
となると、平日はその時間帯には在宅していないので、不可能なのです。
特別に2月19日(日)と2月26日(日)だけ、9時から21時までアクセスができるということで、19日(日)午前中を利用してやっと申告完了です。
手書きの申告書だったら、すぐ出来るのに・・・(^_^;)

国税庁のホームページは年々改良されて、ずいぶん親切につくられていますが、確定申告がはじめての人には難しいかもしれません。
電子申告に至っては、書類を作成し、電子署名を行って・・・など、パソコン操作にも慣れていなければ、大変ではないでしょうか。
なにがともあれ、あとは、還付金を楽しみに待つばかり。(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

またやってきた一年の中で最も忙しい時期で、毎年、同じ思いをするのですが、夜、眠れないのです。
寝る時間も遅いのに、神経が高ぶっているせいか、眠りも浅く、何度も何度も目が覚めます。
そこへ最近は夢をよく見ます。
朝になるとほとんど忘れてしまうのですが、出てくる登場人物は、職場の同僚や顧客先の人など。
トラブルが発生すると、それを巡る夢を見てしまうので、とてもリアルで、はっと目が覚めます。
仕事のシミュレーションができていいなんて、笑い話になるくらい。(^_^;)
ああ、肩こりもひどいし、胃も痛くて。
一つ一つ片付けていくしかないのですが、早く終わって、ゆっくり寝たい~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

ブサイク君オムソバ丼

DSC01678先週に続いて「おじょママ!P弁当 おいしい丼で5めんなさい」の2つめ、菜摘の「ブサイク君オムソバ丼」を食べました。
1つの店舗に1日15食は、激戦地の三宮では、本日はお昼休みに4人分買いに行きましたが、3つしか買えませんでした。(>_<)

神戸では、そば飯は発祥の地と言われるくらいですから、食べる機会は多いです。なので、それを玉子でくるんだオムそば飯もお好み焼屋さんでは間違いなく食べられるものです。
ただし、「ブサイク君オムソバ丼」は、先週の「らんぷく丼」と同様、味が濃いめ。
こちらは、胡椒がよくきいて、スパイシーです。食べながら鼻がムズムズ、ズルズルしてきました。
小さな海苔にうまく描かれたブサイク君がかわいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

オペラとミュージカル

ライブが大好きで、素人ながら、クラッシック、ジャズ、ポップス、その他諸々時間の許す限り足を運んでいます。
で、とあることで、話題になったオペラとミュージカルの違いは?
これが正しいかどうかは、勉強をしていませんので解りませんが、私がこれまで見聞きした舞台から、私なりに解釈していることは次の通りです。

・分類・・・オペラはクラッシック音楽である。ミュージカルはクラッシック曲が使われることもあるが、主にポピュラー音楽である。時代が古いか新しいかといったところでしょうか。
・演奏形態・・・オペラはオーケストラの生演奏である。ミュージカルは、生もあるが、PAシステムを通じて音楽が流れている。
・発声・・・オペラはクラッシックの声楽家によるので、元々の発声方法が違うのでしょう。肉声そのままですが、ミュージカルは、役者がそれぞれマイクをつけている。
・演技と台詞・・・オペラは演奏会形式の場合は、ほとんど動かず、手で表現する程度で、舞台形式でも、バックでは踊りがあっても、歌手はあまり大きく動き回ることはなく、歌(声)ですべて表現し、台詞がない。ミュージカルは、動きが多く、台詞も合間に入る。

といったところが大きな違いかと思います。
それから、オペラにハッピーエンドはないと言われ、「悲劇」が扱われていますがミュージカルはさまざまですね。
オペラとよく似たものでオペレッタというものも時々行きますが、これが中間的なものではないでしょうか。オペラと同様、マイクを通さず肉声で歌われますが、喜劇もありますし、題材もポピュラーです。また、台詞もあれば、歌いながら演技もしますね。

ま、あれこれあまり気にせず楽しんでいます。音楽は、肩に力を入れず、気分がよくなれば、それだけで、私は満足なのです。(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月18日 (土)

イコちゃんマグネット

DSC01676JR西日本のICカード「ICOCA」とスルッとKANSAIのICカード「PiTaPa」が1月21日に相互利用が開始されましたが、その記念に、「ICOCA」を新規に購入または「ICOCA」に2,000円以上チャージ(入金)すれば、先着70,000名に、特製「イコちゃんマグネット」がプレゼントされるというキャンペーンがありました。
最近こういう情報に疎くなってして、知ったのが昨日でした。
早速チャージして、もらってきました。まだ残っていてよかった。(^^ゞ
ちなみに、昨日、JRの三宮駅でも大阪駅でも、「J-WESTカード」の入会パンフレットが配布されていました。
情報に疎いですが、このカードの存在だけは以前から知っていました。三宮駅で説明を聞いてみると、便利そう。バンフレットと一緒に「仲間由紀恵さんのクリアファイル」ももらいました。
少しだけ得した気分。(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月17日 (金)

大阪フィル第395回定期演奏会

仕事が繁忙期に入り、極力コンサートは避けているのですが、これだけはどうしても外せません。
2月のライブはなんとこれだけです。
大植 英次氏の指揮の大フィルの定期演奏会2日目に行ってきました。
大植氏が次々と、朝比奈隆氏が大フィルと作ってきた曲に新たな風を吹き込んで行きます。
クラッシックの演奏会は好きですが、詳しくはありませんし、最近は単に大植氏の追っかけ?のようになっているので、あまりコメントできませんが、大フィルの演奏会は2日とも行く人も結構多いようです。
その中から聞こえてくる声によりますと、今回は1日目より2日目の方が良かったそうです。ラッキー!!
私は、いつもどちらかしか行かないので、聞き比べることができません。でもそういう贅沢な聴き方もしてみたいです。
今回は、前半に首席客演コンサートマスターの長原 幸太さんのソロ演奏がありました。
こういうコメントもどうかと思いますが、幸太くん、いつ見てもかわいいです。(^_^;)

第395回定期演奏会
大阪 ザ・シンフォニーホール
指揮:大植 英次
ヴァイオリン:長原 幸太
武満徹/ノスタルジア(1987)
ブルックナー/交響曲 第7番 ホ長調

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

神戸空港(マリンエア)開港

関東方面では、知名度がかなり低いそうですが、ようやく、神戸空港が開港しました。
今朝も霧が出て、第1便の飛行が心配でしたが、無事立ったようです。
諸事情により、開港のまでに随分かかりました。作るのか作らないのか論議もされ、先週の一般公開日にも、まだ開港反対のデモ行進が行われていました。
パイロットも怖いと語るくらい、関西空港を離発着する飛行機の高度と近い高さを飛行するそうで、事故が起こらないように注意して欲しいです。
飛行場としては、当初予定より、全く利益が上がらないそうですが、絶景が楽しめたり、多くのテナントが入っていて、観光気分で遊ぺるそうなので、神戸に来られることがある他の地方の方は、ぜひお立ち寄り下さい。
ポートライナーが延長され、三宮から16分で行けるそうです。
私はまだ行ってませんが、また、機会があれば、ブログにアップしたいと思います。

神戸空港が開港、関西圏「3空港時代」幕開け(読売新聞)
神戸空港(愛称・マリンエア)が16日、開港した。
構想から24年。阪神大震災を乗り越え、神戸市が建設・管理する第3種空港として開かれた新たな空の玄関口。真新しい滑走路から午前7時過ぎ、「1番機」が飛び立ち、関西、大阪(伊丹)両空港とともに関西圏は<3空港時代>を迎えた。
午前7時の運用開始を前に、旅客ターミナルビルの出発ロビーで開港式が行われ、矢田立郎・神戸市長が「開港」を宣言。搭乗口では、就航3社がそれぞれ、セレモニーを行った。
開港1番機は、羽田行き日本航空のボーイング777型機(472人乗り)で、前日から待機する予定だったものの、天候不良で関空に一晩駐機し、出発3時間前に到着。雨模様の中、整備や点検作業が慌ただしく行われ、飛び立った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

息子のバレンタインデー

バレンタインデーです。
中学生になった息子が学校から帰宅して、まず始めに「チョコレート4つもらった」と。
わぁ、すごい。
中学生になったら、そんなふうになるんだ。(^_-)
小学校の間は、学校にもって来ることが出来ないこともあって、直接家に持ってきてくれたり、塾でもらったりしていましたが、それでもせいぜい1個だけでした。
中学校でも、持って来てはいけないはずなんですが、そのへんはちょっぴり大人?
もらった相手は部活動の先輩と同級生だそうです。
本人曰く「ギリチョコ」、殆ど女子ばかりのブラスバンド部ですから、当たりはいいかも。
でも、なにがびっくりしたって、そのうち3人は手作りなんです。
それも手がこんでて、かわいい、きれい。ラッピングもそれぞれ凝っています。
チョコレートだけでなく、カップケーキがついていたり、クッキーがついていたり。
1つの箱に3種類でそれぞれいっぱい入っていたものがありました。これは本命チョコなのでは?(^^ゞ
そのあたりは、あまりつっこまないようにしましょう。
女の子も作るのが楽しい時期なのでしょうか。みんなに手作りチョコを配ってるのですね。
(私が中学生の頃、そんなことしなかったなぁ(^^ゞ)

息子が、塾に一緒に行っているお友達3人に聞いたら、誰ももらってないって言われたそうです。
私が、「それって、みんな内緒にしてるんじゃないの? あんたはみんなにもらったよって言ったの?」と尋ねたら、息子は「い~や、言ってない」
ほらね、やっぱり。(^_^;)

叔母や近所のおばちゃんにもらったチョコレートは私にも食べていいって言うのですが、お友達からもらったものは、分けてくれないのです。_(‥)フーン

追記:
15日に、もうひとつ追加で手作りチョコをもらっていました。
やっぱり分けてくれない・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

いない・・・

お昼休みに交差点の信号待ちをしていると、観光バスがやってきました。
ここは、観光地神戸です。
視界が大きく開いたフロントガラスから見える運転手さん、若くてイケメン。
それは、いいとして。
乗車している団体名が書かれている表示板に目をやると、

「いない 様」

????しかも、ひらがなですし。

大きくカーブしていくバスの中は、誰も い・な・い!!
私の横で信号待ちしていた人は、この不思議な光景を見たのでしょうか・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

今年もおじょママ!P弁当

昨年職場で盛り上がった毎週日曜日朝9:00~9:30に放送されているおじょママ!Pから生まれた「おじょママ!P弁当」第5弾「おいしい丼で5めんなさい」が発売されました。
約1ヶ月の発売期間ですが、今年は41週間ずつ4種類出てくるようです。
◆モモコの「らんぷく丼」 470円(2/12~2/18)
◆菜摘の「ブサイク君オムソバ丼」 450円(2/19~2/25)
◆よし子の「幸せカレーうどん丼」 470円(2/26~3/4)
◆シークレット丼(内容はまだヒミツ) (3/5~3/11)

DSC01668モモコの「らんぷく丼」は今日から発売で、1店舗15食限定(近畿地区ローソン)だそうです。
明日の昼休みではもうないかも!?
今回は売り出しが休日からということで、午前中に近所のローソンに行き、ゲット。
普段全くコンビニのお弁当を食べない息子は、あまり乗り気ではなかったのですが、話題性のものですからと説得しました。
具とご飯は別パッケージ。ちょっと変わった味です。なるほど、モモコ風がこれなんですね。かなり濃いめの味付けでお汁もたっぷり。温泉玉子が真ん中にポン。

午後から休日出勤したら、限定品には必ずとびつく某同僚、発売日は知らなかったらしいのですが、ローソンに入って見つけたらしく、しっかり買ってきて食べていました。さすが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年2月11日 (土)

オリンピック始まったのに

オリンピック始まりました。
いつもなら、開会式は夜中であれ、早朝であれ、リアルタイムに見たい私ですが、もうだめ・・・
連日の仕事の多忙さと、睡眠不足でクタクタ。
すっかりあきらめて寝てしまっていました。
華やかな開会式、あの雰囲気大好きなんです。
ソフィア・ローレンさんやオノヨーコさんもルチアーノ・パバロッティさんも・・・

ダイジェスト版もまだ見ていません。(;´_`;)

これからの競技もあまり見られず、結果をニュースで知る程度になってしまうのでしょうか。
見たい、見たい、見たい、見たい~

追記
やっと録画を見ました。
聖火が花火のドミノ倒しで灯く瞬間も。
ふぅ、落ち着いた。(^ヘ^)v

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 7日 (火)

紀子さまご懐妊

皇室におめでたい!?話題です。
まだ、テレビの報道は見ていませんが、これは大きなニュースになるのでしょうね。
昨年皇室の皇位継承権について、ずいぶん論議され、ようやく落ち着いてくるものと思っていたのですが・・・大変そうです。(^_^;)
眞子(まこ)さま、佳子(かこ)さまとはずいぶん歳が離れているので、お姉さまたちにも可愛がられてお幸せに育つことでしょう。
そういや、今年出産(初産)する友人がいます。お子様と同級生だ~
紀子様は私たちと歳が近いのですが、こういう報道を見ると、まだまだ高齢の出産・育児も出来そうだなって思えてきます。(^_^)

紀子さま、第3子ご懐妊(共同通信)
秋篠宮妃紀子さまが懐妊されたことが7日、分かった。宮内庁関係者によると、経過は順調とみられ、秋ごろ出産予定。秋篠宮ご夫妻にとっては、1991年10月に誕生した長女眞子(まこ)さま、94年12月誕生の二女佳子(かこ)さまに続くお子さまとなる。男子誕生ならば、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位。天皇、皇后両陛下にとって4人目の孫となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

神戸市営地下鉄全線停止

japanese今朝、通勤時間に神戸市営地下鉄が送電事故による停電の為全線停止しました。
神戸市の西の端から中心地三宮まで(図の緑の部分<クリックで拡大>)が全部止まったようです。市内は他の交通機関も多々あるので、おおかたは、何かに乗り換え、つないでいけば目的地に着くわけで、同路線の代替バスは出なかったようです。ですが、この地下鉄は結構便利なので利用客はかなりのもの。西区あたりは、陸の孤島化してしまうのです。
さてさて・・・
私も地下鉄を利用しますが、乗っている区間は3つだけ、所要時間5分なので、タクシーを使えば全く影響を受けませんでした。
しかしながら・・・
先日神戸電鉄の脱線事故で大変な苦労をした同僚のどろんぱくん、今回も被害に遭ってしまいました。(^_^;)
かつては、三田・有馬方面の人は、神戸電鉄三田線・有馬線を終点まで乗り、グル~っと大回りして大変時間をかけて出勤していましたが、今は、谷上駅から北神急行(図の茶色の部分)を利用し相互乗り入れしている地下鉄で三宮までというのが普通のルートとなっています。
ということで、今日は谷上駅で足止めされ、大まわりをすることになりました。なんとか30分ほどの遅れで職場に到着、ごくろうさま。
そのころJRも人身事故で遅れていたようで、もんちっちくんも少し遅刻してきていました。
今日は、みんな仕事をするなってことだったのかなぁ。(^_^;)
神戸市交通局のホームページには、やっと昼に、以下のような記載がされました。
2月2日8時11分に発生しました停電により、西神・山手線が運転を停止しておりましたが、9時56分に全線で運転を再開しております。
ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
(ただ今、運行情報のページは、アクセスが集中しておりつながりにくい状態になっております)
地下鉄停電で6万人に影響 車内から1時間出られず(共同通信)
2日午前8時10分ごろ、神戸市営地下鉄西神山手線で停電があり、西神中央-新神戸間の全線が不通となった。午前10時前に全区間で復旧したが、車内に一時乗客が閉じ込められるなど通勤客ら約6万人に影響が出た。
同線が停電により全線不通となったのは、1987年に開通して以降、95年の阪神大震災を除いて初めてという。
停電当時は約1万5000人が乗車。地上部分を走る区間では職員の誘導で近くの駅まで歩くなどした。地下部分の新神戸-名谷間で停車した電車の乗客は、車内に約1時間閉じ込められた。けがや体調不良を訴える乗客はいなかったという。
神戸市交通局は電気系統のトラブルとみて原因を調べている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »