« 息子のバレンタインデー | トップページ | 大阪フィル第395回定期演奏会 »

2006年2月16日 (木)

神戸空港(マリンエア)開港

関東方面では、知名度がかなり低いそうですが、ようやく、神戸空港が開港しました。
今朝も霧が出て、第1便の飛行が心配でしたが、無事立ったようです。
諸事情により、開港のまでに随分かかりました。作るのか作らないのか論議もされ、先週の一般公開日にも、まだ開港反対のデモ行進が行われていました。
パイロットも怖いと語るくらい、関西空港を離発着する飛行機の高度と近い高さを飛行するそうで、事故が起こらないように注意して欲しいです。
飛行場としては、当初予定より、全く利益が上がらないそうですが、絶景が楽しめたり、多くのテナントが入っていて、観光気分で遊ぺるそうなので、神戸に来られることがある他の地方の方は、ぜひお立ち寄り下さい。
ポートライナーが延長され、三宮から16分で行けるそうです。
私はまだ行ってませんが、また、機会があれば、ブログにアップしたいと思います。

神戸空港が開港、関西圏「3空港時代」幕開け(読売新聞)
神戸空港(愛称・マリンエア)が16日、開港した。
構想から24年。阪神大震災を乗り越え、神戸市が建設・管理する第3種空港として開かれた新たな空の玄関口。真新しい滑走路から午前7時過ぎ、「1番機」が飛び立ち、関西、大阪(伊丹)両空港とともに関西圏は<3空港時代>を迎えた。
午前7時の運用開始を前に、旅客ターミナルビルの出発ロビーで開港式が行われ、矢田立郎・神戸市長が「開港」を宣言。搭乗口では、就航3社がそれぞれ、セレモニーを行った。
開港1番機は、羽田行き日本航空のボーイング777型機(472人乗り)で、前日から待機する予定だったものの、天候不良で関空に一晩駐機し、出発3時間前に到着。雨模様の中、整備や点検作業が慌ただしく行われ、飛び立った。

|

« 息子のバレンタインデー | トップページ | 大阪フィル第395回定期演奏会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/8685612

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸空港(マリンエア)開港:

« 息子のバレンタインデー | トップページ | 大阪フィル第395回定期演奏会 »