« イコちゃんマグネット | トップページ | ブサイク君オムソバ丼 »

2006年2月19日 (日)

オペラとミュージカル

ライブが大好きで、素人ながら、クラッシック、ジャズ、ポップス、その他諸々時間の許す限り足を運んでいます。
で、とあることで、話題になったオペラとミュージカルの違いは?
これが正しいかどうかは、勉強をしていませんので解りませんが、私がこれまで見聞きした舞台から、私なりに解釈していることは次の通りです。

・分類・・・オペラはクラッシック音楽である。ミュージカルはクラッシック曲が使われることもあるが、主にポピュラー音楽である。時代が古いか新しいかといったところでしょうか。
・演奏形態・・・オペラはオーケストラの生演奏である。ミュージカルは、生もあるが、PAシステムを通じて音楽が流れている。
・発声・・・オペラはクラッシックの声楽家によるので、元々の発声方法が違うのでしょう。肉声そのままですが、ミュージカルは、役者がそれぞれマイクをつけている。
・演技と台詞・・・オペラは演奏会形式の場合は、ほとんど動かず、手で表現する程度で、舞台形式でも、バックでは踊りがあっても、歌手はあまり大きく動き回ることはなく、歌(声)ですべて表現し、台詞がない。ミュージカルは、動きが多く、台詞も合間に入る。

といったところが大きな違いかと思います。
それから、オペラにハッピーエンドはないと言われ、「悲劇」が扱われていますがミュージカルはさまざまですね。
オペラとよく似たものでオペレッタというものも時々行きますが、これが中間的なものではないでしょうか。オペラと同様、マイクを通さず肉声で歌われますが、喜劇もありますし、題材もポピュラーです。また、台詞もあれば、歌いながら演技もしますね。

ま、あれこれあまり気にせず楽しんでいます。音楽は、肩に力を入れず、気分がよくなれば、それだけで、私は満足なのです。(^_^)

|

« イコちゃんマグネット | トップページ | ブサイク君オムソバ丼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/8673658

この記事へのトラックバック一覧です: オペラとミュージカル:

» 『舞台は語る』 扇田昭彦著 [あっかんべぇ]
 読みました。  『劇団四季と浅利慶太』(松崎哲久著)と『日本の現代演劇』(扇田昭彦著)と合わせて、Amazonで3冊まとめ買いをして、一気に3冊読みました。よく著者を確かめずに買ってしまったので、『日本の現代演劇』と『舞台は語る』の2冊が、同じ著者の本であるということに、本が届いてから気が付きました。  同じ著者の、似たような内容の本なので、『日本の現代演劇』と重複するところがだいぶありました。  筆者も、「おわりに」で『日本の現代演劇』について触れています。筆者の説明するに、2冊の書の違いとして... [続きを読む]

受信: 2006年2月20日 (月) 11:54

« イコちゃんマグネット | トップページ | ブサイク君オムソバ丼 »