« 大フィルポップスコンサートで宮川氏大奮闘 | トップページ | くまのプーさん殿堂入り »

2006年4月 2日 (日)

ミュージックコンサート

Piano22年に1度、子供が習っている声楽&ピアノの先生の門下生の発表会があります。今年は9回目。
その名を「Music Concert」とこだわるくらいですから、ピアノの独奏、連弾、歌はもちろん、オーボエ独奏、過去には、チューバ独奏、マリンバ独奏、ドラム独奏などもあり、門下生だけでなく、先生の知り合いやかつての教え子達も演奏やスタッフに加わり、みんなで作るコンサートです。
最後には、全員でリコーダー、鍵盤ハーモニカ、打楽器などで大合奏ととても楽しいものです。
Piano1息子の出演は5回目くらいになるのでしょうか。中学生になったので、学校に部活に大変忙しく、殆ど練習ができないのも事実ですが、もともと歌は大好きなのですが、変声期で無理に声を出さない方が良いというこことで、1~2年レッスンはお休みし、あまり好きではないピアノは、やめたいと思いながら続けているので、練習にも身が入りません。
とても人前で聞かせられる演奏ではないですが、過去には、歌やドラムも披露して、周りからわりといい印象を持たれているので、つまりながら演奏するのは、緊張によるものだと見られていたようです。(-_-;)
上手な女の子が、難しく長い曲を弾いたのですが、2週間ほど前に時間を計ったときに、あまりに息子がテンポも遅く、つまったり止まったりで先に進まないので、実際はその女の子の半分くらいで終わるはずの曲なのに、その子より大曲になったと先生に茶化されたくらいです。
それでも、本番では、息子なりによく頑張ったと思います。
いつか、ピアノが弾けることへの喜びを感じて、伸びる時期もあることでしょう。

私は、毎回プログラムを作ることで、スタッフ側で参加しています。これが3月の最も忙しい時期に、作業をしなければいけないので、寝る暇も惜しんでの作業です。
どうにか時期を変えることはできないかと毎回懇願していましてが、やはり節目のこの時期にやりたいというこでした。
しかし、先生も自分の定期演奏会の出演や、他の演奏会の準備と重なり、限界を感じたようで、次回は、8月にすることになりました。ほっ。
夏なら、私はいくらでも手伝えます。(^_^)b

2年後なら、息子も声が安定して、また歌が歌えるかもしれませんので、息子とデュエットでオペラ曲の抜粋なんてチャレンジしてみようかな・・・(夢は大きくです)

|

« 大フィルポップスコンサートで宮川氏大奮闘 | トップページ | くまのプーさん殿堂入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/9420705

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージックコンサート:

« 大フィルポップスコンサートで宮川氏大奮闘 | トップページ | くまのプーさん殿堂入り »