« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

神戸電鉄 あわや・・・

事故が続く神戸電鉄で、惨事になりそうな事故が発生しました。通勤通学の時間帯での事故でしたが、電車が通っていなくてよかったです。

阪神高速から車転落、バウンドし線路越える(神戸新聞)
000608311









二十八日午前八時十五分ごろ、神戸市北区山田町藍那の阪神高速北神戸線南行き車線で、乗用車が左側ガードレールを突き破って、約十メートル下に転落し、乗用車の男女二人が全身を強く打って死亡した。転落した乗用車は、阪神高速の下をくぐっている神戸電鉄粟生線の架線を切り、西鈴蘭台-志染間の運転が二時間半以上、ストップした。阪神高速南行き車線も事故処理のため、しあわせの村-藍那間が午前十時半から約二時間半、通行止めになった。
神鉄粟生線は事故のあった午前八時台、上り六本、下り四本の電車が走っていたが、巻き添え惨事は免れた。
兵庫県警高速隊によると、死亡したのは、西宮市山口町、無職の男性(53)と、妻(53)。
 調べでは、現場は二車線で、ゆるい右カーブ。乗用車は高さ一メートルのガードレールを約四・四メートルの区間にわたって突き破り転落。阪神高速下で、交差する県道を飛び越え南側の駐車場でいったんバウンドし、さらに神鉄の線路を飛び越えて、南側の竹やぶに突っ込んだとみられる。竹やぶは、転落地点から約百メートル南だった。
神鉄は西鈴蘭台-志染間をバス十七台で代替輸送。約千人が影響を受けた。新開地-西鈴蘭台と志染-粟生で折り返し運転していた。レールに損傷はなく、午前十一時ごろ、運転を再開した。
転落現場は神鉄西鈴蘭台-藍那間。周辺には駐車場やマンションが点在している。
事故現場近くの藍那小学校では、六人が神鉄を利用しているが、発生時にはすでに登校しており、影響はなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

プーさんの商品化権戻らず 

ディズニーキャラクターの中では、最も好きなプーさんと仲間たち。家族側の言い分がわからないでもないですが、夢を売る裏側がドロドロしているのは残念です。気になっていた裁判でしたが、やっと決着がついてほっ。(^_^;)
これからも、たくさんの可愛いキャラクターが商品化されることを楽しみにしています。

プーさんの商品化権戻らず 原作者一族の敗訴確定
【ニューヨーク26日共同】「クマのプーさん」の原作者、英作家ミルンの孫らが、プーさんの商品化権の返還を求めていた裁判で、米連邦最高裁は26日、原告の上告を棄却、ミルン家の敗訴が確定した。米メディアが伝えた。
プーさんの関連商品を製造、販売する権利の返還を求められていたのは、ミルン本人から権利を獲得した米企業スティーブン・スレシンジャー。
米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、スレシンジャーに権利使用料を支払ってプーさんのキャラクター商品を販売している。ディズニーは訴訟でミルン家を支援、商品化権を原作者一族に取り戻した上で、独自にプーさんビジネスを展開したい意向だった。
これに対し、スレシンジャー側も、権利使用料支払いが実際の収益に比べて少ないとして、ディズニーに損害賠償を求めるなど、訴訟合戦となっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

とぼけた旧友

しばらくぶりに旧い友人からメールが来ました。
Title:「たしか」
本文:「今日ってお前の誕生日やったっけ?」

誕生日はもうずっと過ぎたのですが、6月ということだけ頭の隅にあったのでしょうか。
四半世紀のつきあいで、過去においても誕生日に何かしてもらった記憶は殆どないのですが、また何を急に?

メールが来たのは昼間でちょうど取り込んでいて、たいしたメールでもないのですっかり忘れていました。
夜、ふと思い出して、返信しました。
Title:「Re:たしか」
本文:「わぁ、すごい。覚えていてくれたんだ、ありがとう。」

すぐにまた返信してきました。
Title:「ビンゴ!」
本文:「連絡遅いから機嫌損ねたかと思ったで。」

得意気で、完全に、自分が勘違いしていることを解っていません。

再度返信。
Title:「Re:ビンゴ!」
本文:「ぜんぜん機嫌は損ねてないけど、誕生日は8日、誰と間違えてるんや?」

すぐさま、連絡が来ました。メールの着信でなく、携帯電話の呼び出しのランプがチカチカ。
「ごめん、来年は気をつけるから・・・」


<>
私の誕生日なんて今更いいですが、大事な人の誕生日は忘れないようにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

HUMANITY THE MUSICAL ~モモタロウと愉快な仲間たち~

地球ゴージャスプロデュース公演Vol.8「HUMANITY THE MUSICAL ~モモタロウと愉快な仲間たち~」大阪公演、初日に行って来ました。
地球ゴージャスの公演は、一昨年昨年に続いてです。

作:岸谷五朗 
演出・出演:岸谷五朗、寺脇康文
キャスト:唐沢寿明、戸田恵子、高橋由美子、蘭香レア、植木豪他
衣裳デザイン : 山本寛斎

フェスティバルホールは満席、立ち見もあり、私は今回の席は、2階席後ろの方で出演者の顔がほとんどわかりませんでした。
そんな中、探しても探しても、岸谷さんが、見つかりません。
最初の1時間あまり登場してこなかったので驚きました。
キャストも豪華・・というか、私の大好きな人ばかりで期待いっぱい。
東京では既に公演が終わっていますが、場所を変えて、大阪での初日の緊張感が伝わってきます。舞台の面白さの1つです。広い会場で行わることを意識した演出が要所に見られ、遠くからでも楽しむことが出来ました。

モモタロウ(役名はタネタロウ)に扮する唐沢寿明さんが、キジにあげるキビダンゴを落としてしまい、他の持っていたキビダンゴを全部投げ落としたり、その落としたキビダンゴを他の人に食べさせたり・・・これは、本来のストーリーの中にあったパロディだったのでしょうか、それとも、ハプニングによるアドリブで展開されていったのでしょうか、もう一度同じ公演を見る機会があれば、知りたいところです。(^_^;)
出演者の中では最年長と舞台挨拶で言われていましたが、戸田恵子さんの演技は、他の人とは違いアクロバット的なものはほとんどないですが、ベテランの味はしっかり出ていました。
小さな身体で声量たっぷりの高橋由美子さんも可愛かったです。
2年前、地球ゴージャスの舞台に出演された本田美奈子さんを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月15日 (木)

中森明菜アルバム「DESTINATION」

明菜ちゃん、20年前ってどんな髪型をしていたでしょうね。
当時、リアルタイムで、髪型を真似したものです。
聖子ちゃんカットが流行したのは、もう少し前だったし・・・ン~。
ワンレンボディコンという言葉が、浮かんできました。そのために、ストレートパーマをかけた記憶があります。
そうだそうだ、ソバージュがこのあたりじゃなかったのかなぁ。
今では半年に1度くらいしか美容院に行きませんし、ほとんど同じ髪型にしていますが、当時は1~2ヶ月毎に美容院に行き、髪形もよく変わっていました。(^_-)
それだけ暇があったんですよね。ふぅ~っ。

明菜ちゃんの話にもどって、「花よ踊れ」を携帯電話の着メロにしています。
でも、ほとんどマナーモードにしているので聞くことがないです。(^_^;)
久々のアルバムだし、買おうかなぁ。

明菜3年ぶりアルバムに20年前の明菜(日刊スポーツ)
中森明菜(40)が21日に3年ぶりに発売するアルバム「DESTINATION」のジャケットに20年前の写真を採用した。明菜が「今持ってる未公開写真で気に入っているものを使いたい」と出した1点だ。いつ撮影したかは記憶にないというが、モノトーンの特徴から86年発売のアルバム「クリムゾン」のころだと推測される。
明菜は今年、デビュー25周年で、先月発売のシングル「花よ踊れ」では、小学校時代、バレエを習っていたときの写真をジャケットで使用。今回、秘蔵写真第2弾となる。今月中旬から明菜のパチンコCR「歌姫伝説」が店頭に並び、24日からは全国ツアーがスタートする。明菜は「25年間の音楽活動を総括する記念すべきアルバムになりました。今まで以上に私の歌を多くの方々に楽しんでいただければうれしい」と話している。
曲目リスト
1.紅夜-beniyo-
2.嘘つき
3.Seashore
4.眠れる森の蝶
5.鼓動
6.GAME(アルバム・ヴァージョン)
7.夜の華
8.花よ踊れ(アルバム・ヴァージョン)
9.LOVE GATE
10.落花流水(アルバム・ヴァージョン)
11.Only you
12.Grace Rain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

初戦が~!日本

ワールドカップ初戦、逆転負け。悲しすぎる!!!!!
前半で早いうちに1点を上げたことは大きく、後半のプレーも乗ってきて、いい調子で流れていましたよ・ね。
川口が、当然といえば当然ですが、いつものように次々にかっこよく制止していたので、これはもう逃げ切れると安心していたのですが・・・
一瞬の隙に、川口がゴール前から消えたときの1点には、思わずテレビの前で悲鳴を上げてしまいまた。
まだ大丈夫だと祈るような思いでしたが、崩れ出すとひどいもので、わずかの時間に3点も入れられたのにはがっくり。
大事な初戦をこういう形で落としたのは、次の試合に影響が出なければよいのですが。
気持ちを切り替えて、次のクロアチア戦では勝利を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

スヌーピー腕時計

Gogohappy_p1スヌーピーグッズは小学生の頃から集めていました。
ピーナッツ生誕55周年の公式記念グッズが限定商品と称しながら、あちらこちらからいっぱい発売されていて、あまり価値を見出さないのですが、昨日はお誕生日でしたし・・・。
いつくかある中で、選んだのはこちら。ベルトが赤で文字盤の中でS・N・O・O・P・Yの金色の文字がチラチラ動きます。順番に並べることはまず無理なんですけど。(^_^;)
その上、文字が動いて、文字盤の時刻が解りづらい・・・それでもいいのです。
遊び心いっぱいで、コレクションの1つとしては満足しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮頚がんワクチンで予防

画期的だ!!と思ったのに年齢制限が・・・
実際に発病するのはもっと年齢が高いのに、予防は26歳まで!?
ほぉ~。どういう基準か、詳しく知りたいです。効果が現われる年月か、免疫の持続期間か・・・よくわかりませんが、私は、予防するには、もう遅いってことですね。(-_-メ)

子宮頚がんワクチンで予防(共同通信)
【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は8日、米医薬品大手メルクが開発した初の子宮頸がん予防ワクチン「ガーダシル」の販売を認可した。対象は9歳から26歳の女性。米内外の臨床試験で高い効果が確認されたのを受け約半年の審査でスピード承認。子宮頸がんは発展途上国を中心に、世界で毎年約23万人が死亡している。ワクチンで減らせれば画期的な成果で、多くの専門家が承認を歓迎。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

Birthday

6月に入ったら、ブログの更新は、もう少しできると思っていたのですが、4日ほどで、もう既につまづいてしまいました。(^_^;)

とりあえず、今日は、お誕生日ということで。
もう、お祝する歳ではないので、どうってことなく日が過ぎるのですが、ちょっとだけカードやプレゼント、「おめでとう」って声をかけてももらえると、やっぱり嬉しいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

彩香ちゃんの母親逮捕

秋田小1男児殺害事件で今朝から頻繁に「近所の女性の事情聴取」というニュースが流れ、一日中、何度も続報が流れていました。
夜になって、次々速報が入ってきて、慌ただしくなり、「女性に逮捕状請求」、次に実名表示で逮捕、そして、「4月に川で事故死したとされた綾香ちゃんの母親」という表現に。
短期間にしかも1軒おいて隣のお友達同士の子供が亡くなるということで、もしかして・・・と一番最初にこの事件が報道されたときに頭をよぎったのは、私だけではないはず、母親のいろんな思いが事件を起こしたものと思われますが、本当に最悪の結果です。
まもなく、5日1:15ごろより、操作本部の記者会見が行われるようです。

水死女児の母、死体遺棄容疑で逮捕(読売新聞)
秋田県藤里町、自営業米山勝弘さん(39)の二男、町立藤里小1年豪憲(ごうけん)君(7)が殺害され、同県能代市内の市道脇に遺体が放置されていた事件で、能代署捜査本部は4日夜、豪憲君と同じ町営団地の1軒おいて隣に住む無職畠山鈴香容疑者(33)を、死体遺棄の疑いで逮捕した。
畠山容疑者の長女彩香さん(当時9歳)は4月に川で水死し、県警は「事故死」としたが、畠山容疑者は納得せず、再捜査を求めていた。畠山容疑者は容疑を否認。
捜査本部は、動機を追及するとともに、彩香さんの水死と豪憲君の事件との関連も調べる。
調べによると、畠山容疑者は5月17日午後、下校途中に殺害された豪憲君の遺体を能代市二ツ井町の市道脇に遺棄した疑い。畠山容疑者は米山さん家族と顔見知りで、豪憲君と彩香さんは遊び友達だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー

ついに来ましたこの日が・・発売と同時にチケットを入手して、待って待って、やっと。
大植英次氏が首席指揮者をつとめるドイツで最も定評あるオーケストラの一つ、ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニーを率いてのコンサート。全国で8回の公演のうち、ザ・シンフォニーホールは、≪オール・ワーグナー・プログラム≫に行ってきました。
来日公演というのは、どれもチケット代が高いので聴く機会を逃してしまいますが、思い切って行って良かったです。
1曲目の歌劇『リエンツィ』序曲はパワフルに、2曲目の「ジークフリート牧歌」は対照的に優しく優雅な演奏が進行されていきました。
楽劇 「ワルキューレ」第1幕については、パンフレットに歌詞対訳はありましたが、舞台上に日本語字幕がなかったので、素人の私にはちょっと難しかったのですが、すばらしい演奏会でした。
アンコール曲も2曲演奏され、満足です。

会場では、2004年東京公演(ブラームス「悲劇的序曲」・R.シュトラウス「交響詩 死と変容」・ベートーヴェン「交響曲第3番 英雄」)のDVDが先行発売されていましたので、もちろん購入。
ワーグナーの感動と興奮は帰宅後、DVDの鑑賞でまだまだ続きました。

今回の来日には、≪オール・・ベートーヴェン・プログラム≫もあるようで、「田園」と「運命」が演奏されます。
ん~、これもぜひ聴きたいのですが、一番近い場所でも三重県の津です。6/10(土)の夜の演奏会だと、帰って来れません。
次の日が日曜なので、1泊という手もなくはないですが、先立つものが・・・(涙)

プログラム
ワーグナー:歌劇「リエンツィ」序曲
ワーグナー:ジークフリート牧歌
ワーグナー:楽劇 「ワルキューレ」第1幕
アンコール曲
楽劇「ワルキューレ」よりワルキューレの騎行
楽劇「神々の黄昏」よりジークフリートの葬送行進曲

[指揮]大植英次
[テノール]ロバート・ディーン・スミス
[ソプラノ]リオバ・ブラウン
[バス]クリストフ・シュテフィンガー

続きを読む "ハノーファー北ドイツ放送フィルハーモニー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

LIVE HOUSE BIG APPLE

昨日、LIVE HOUSE BIG APPLEというところに行きました。
一昨日、友人から突然誘われて、私の職場から徒歩5分ほどのところだし、友人との約束は20時半と遅めの時間なので、仕事にも影響ないですし、とりあえずOK。
その友人の大学時代からのお友達が出演されるということでした。
どういうジャンルかもわからず行ったわけですが、小さな小さなライブハウスで、まぁ、不思議不思議な世界でした。(ちょっと谷山浩子ワールドのような・・・。)
主に関東で活動しているのアーティストと関西で活躍するアーティストのコラボレーションで、それぞれの個性たっぷり。
テルミンを間近で見て聞いたのは初めてです。楽器の形は昔とはずいぶん違っていてスマートでしたが、確かに音色はあの独特ものでした。それから、シタールもテレビでしか見たことない楽器。ちょうど今週5月28日(日)の題名のない音楽会21若林忠宏さんらよる演奏で紹介されていたところで、弦のはじき方、おさえ方、面白いです。
ラテン的な曲や、中国語の歌があったり、日本の民謡があったり、なんだかよくわからない初めて体験する雰囲気でした。

●須藤かよのまんまるツアー●
須藤かよ(ピアノ、ヴォーカル、アコーディオン)
ロムチアキ(テルミン)
夏秋文尚(パーカッション、ディジリドゥ)
李 浩麗(vo)
田中 峰彦(シタール)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

シーラカンス撮影

ちょっと驚いたので、引用記事をアップします。

シーラカンス撮影=99年以来2例目2006053104470655jijpsociview001
海洋科学館「アクアマリンふくしま」(福島県)がインドネシア近海で「生きた化石」といわれる深海魚シーラカンスを撮影。「魚の形やひれ、目の特徴から間違いない」としている(アクアマリンふくしま提供)(時事通信社)09時00分更新

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »