« とぼけた旧友 | トップページ | 神戸電鉄 あわや・・・ »

2006年6月27日 (火)

プーさんの商品化権戻らず 

ディズニーキャラクターの中では、最も好きなプーさんと仲間たち。家族側の言い分がわからないでもないですが、夢を売る裏側がドロドロしているのは残念です。気になっていた裁判でしたが、やっと決着がついてほっ。(^_^;)
これからも、たくさんの可愛いキャラクターが商品化されることを楽しみにしています。

プーさんの商品化権戻らず 原作者一族の敗訴確定
【ニューヨーク26日共同】「クマのプーさん」の原作者、英作家ミルンの孫らが、プーさんの商品化権の返還を求めていた裁判で、米連邦最高裁は26日、原告の上告を棄却、ミルン家の敗訴が確定した。米メディアが伝えた。
プーさんの関連商品を製造、販売する権利の返還を求められていたのは、ミルン本人から権利を獲得した米企業スティーブン・スレシンジャー。
米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、スレシンジャーに権利使用料を支払ってプーさんのキャラクター商品を販売している。ディズニーは訴訟でミルン家を支援、商品化権を原作者一族に取り戻した上で、独自にプーさんビジネスを展開したい意向だった。
これに対し、スレシンジャー側も、権利使用料支払いが実際の収益に比べて少ないとして、ディズニーに損害賠償を求めるなど、訴訟合戦となっていた。

|

« とぼけた旧友 | トップページ | 神戸電鉄 あわや・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/10697641

この記事へのトラックバック一覧です: プーさんの商品化権戻らず :

« とぼけた旧友 | トップページ | 神戸電鉄 あわや・・・ »