« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

長崎カステラアイス

Dsc01841Dsc01842





丸永製菓の長崎カステラアイスというものを見つけました。まずはカップのデザインが滑稽だったのですが、中を開けてびっくり。
なんじゃ、こりゃ・・・小さいカステラが真ん中に一切れ埋め込まれていました。
見かけはぱっとしないのですが、味はいいです。カステラがなくても、バニラアイスがとても美味しいのですが、ふんわりしたカステラとの相性もよくて、クセになりそう。どこかで見つけた方は、食べてみてください。
もう少しカステラの量を増やすか、かけらをちりばめるとかして欲しいですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

ホットペッパー

Dsc01849_1
7月最終金曜日、地下鉄三ノ宮駅付近にて。
暑い中ごくろうさまです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

シャープ製携帯電話、1千万台に不具合

私の電話・・・対象に入っている機種です。試してみようかな。(^_^;)
好奇心いっぱいの私です・・・
「かぜがなおりかけた」は難なく変換できました。
「みられまくっちゃ」はさいごの「ゃ」を入力する際に「や」「ゆ」「よ」とボタンを押して、次の「ゃ」を押した瞬間、
あっ!!画面が消えて再起動。
その後も、画面がすぐ消えます。バッテリをはずして、元どおり・・・になったと思うんですが。
『現在確認されている、端末がフリーズするという現象だけでなく、付随してほかの問題が起こる可能性もあるので、手持ちの製品で不用意に試さない方がいい』って別の記事に書かれていました。(-_-メ)

ちなみに、「目の付け所がシャープでしょ・・」のシャープ製品は個人的にとっても好きなので、今のところ、手放すつもりもないです。
それより、DoCoMoのサイトでは、これらのことは何も公開されてない方が不満です。

シャープ製携帯電話、一部機種1千万台に不具合(読売新聞)
NTTドコモとボーダフォンのシャープ製携帯電話端末の一部で、特定の文字列を入力すると突然、再起動するなどの不具合が起きることが18日分かった。
いずれも漢字変換のソフトウエアが原因で、不具合の起きる機種は約1000万台に上るとみられる。
両社によると、不具合が見つかったのは、NTTドコモの「SH902i」など10機種・522万台と、ボーダフォンの「905SH」など17機種・524万台。
不具合のある機種でメールを作成する際、語尾に「まくっちゃ」を含む言葉や、「かぜがなおりかけた」といった特定の言葉を入力して、一度に漢字変換しようとすると、突然作動しなくなったり、自動的に再起動したりすることがあるという。
関連 I
Tmedia シャープ製携帯の一部、特定の文字入力でフリーズ
「みられまくっちゃ」でフリーズ――シャープ製端末搭載shoin4に不具合か?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

吉田拓郎秋の全国ツアー

今日は、興味深い芸能情報がいろいろあって、どれをとりあげましょう。できれば楽しい話題にしたいので・・・
松平健が初めてパパに・・・もよかったのですが、私にとっては、やはりこれです。
大阪にも来るんですよ、行きたいなぁ。でも、チケットを取るのは、難しそうです。

吉田拓郎秋の全国ツアー発表(日刊スポーツ)
 9月に静岡・つま恋でかぐや姫と31年ぶりにジョイントコンサートを行う吉田拓郎(60)が、秋の全国ツアー「TAKURO 2006秋~ミノルホド コウベヲタレル イナホカナ~」の開催を発表した。10月23日の大宮ソニックシティを皮切りに、12月7日の大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホールまでの11カ所でビッグバンドツアーを敢行する。中でも11月10日の日本武道館公演は実に10年ぶり。還暦を迎えたが、精力的な秋になりそうだ。問い合わせはTYインフォメーションホームページ=http://www.ty-information.comへ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

節目に思うこと

7月に入りました。現在の職場でちょうど丸10年を迎えます。
傍目から順風満帆の生活に見えて、これをあれこれいうのは贅沢だと言われそうですが、思うところはいろいろです。

大手会社を辞めて、職種も全く違う小さな個人事務所に就職しました。
そこで数年後、妊娠して、休職しました。
子供が小学校に入るまでは仕事をしないつもりでしたが、元の職場の所長から「来られる時間だけでも」と復職の要請があり、2月末生まれの息子が3歳になってまもなく、幼稚園に入園させた4月に復帰しました。
ですが、3ヶ月後、復帰した職場の所長が亡くなり、現在の職場へ顧客の仕事丸ごとを持って移って来ました。
あれこれ、職場で配慮してもらい、期待もされて、家族には多大なる理解と協力のもと、仕事を続けてきました。
年々仕事が増えて行き、残業や休日出勤も多く、数年前からは自宅でパソコン教室なるものもはじめ、自分で忙しい状態を次々作ってしまい、息子との接点がとても少なくなりました。
小さい頃は、本当にやりやすい子で、息子の夏休みなどに、よそへ預けて仕事に行くときも、「お母さん、僕は大丈夫だから、頑張ってお仕事してきてね」って送り出してくれたほど。かえって、それが後ろ髪をひかれる思いでした。
外部団体の宿泊を伴うキャンプなどに3歳頃から、人見知りもしないで、積極的に参加し、自立心が早くからあった子だったのですが、やはり年齢とともに寂しさは積み重なっていくものでしょう。
私も両親が共働きだったので、息子の思いはわかっているつもりですが、最近では、なかなかうまくコミュニケーションがとれません。
どこにでもわりとついてくる子なので、コンサートや映画には頻繁に一緒に行きますが、そういうイベント的なものを除くと、顔を会わせるわずかな時間に、つい基本的な生活態度が悪いと小言を言い、おそらくわざと息子は逆らい、嘘をついたりごまかしたり。
会話もそれなりにありますが、いい関係を長く維持できず、ある一つの言動がきっかけで、ぶつかってしまいます。
外ではとてもいい子で、優しい子ですし、成績も良いのですが、それなりにストレスがあるのでしょう、以前は頭痛が頻繁に起こり、最近では、腹痛をよく起します。

実家の母に、息子が私の犠牲になっていると指摘されました。
よく、わかっているつもりです。
母親が働いているから目が届かないと言われたくないという自分のプライドが、息子に厳しくし、成長期の息子は自分に理解を示してくれないと反発する・・・よくある構造ですが、お互いに余裕がなくて悪くなるばかり。
最近の少年犯罪・・・我が子が起しそうで、不安です。
息子は、ニュースを見ながら、どんなにイヤなことがあっても、あんなこと僕はしないよと言ってくれますが、これもどこまで本心か。

仕事でもここ1~2年、人間関係でトラブルもあり、これもどこでもあることですが、今、10年という節目を迎え、そろそろ今の職場を辞めてもいいかなと考える毎日です。

少しここらで休憩して、生活に変化を与えて、息子が『子供』である時期ももうそんなに長くないと思うので、しっかり向き合っていこうかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »