« 2008年1月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

フォーリーブス ター坊 永眠

これまで、ファンクラブ会員として、何度となくフォーリーブスについては、書いてきました。
明日で再結成して丸7年という日に、あまりに悲しい知らせです。
再結成後、若かった頃よりもずっとずっとサービス精神旺盛で、私たちファンと一体となって、楽しませてくれたメンバーでしたが、ター坊の体調も含めて、今年の3月で一旦活動休止を発表され、残念に思っていました。
ファンクラブでは、心配する会員にマメに報告をしてくれていました。そして、できるだけ静かにター坊の病状を見守っていくことにしていましたが、再結成のきっかけを作ってくれたター坊なのに、あまりに早すぎます。まだ小さいお子さんもいるというのに、どれだけ心残りだったでしょう。
あの優しい歌声と笑顔、あのまじめで誠実さがそのまま出てくるトーク、忘れられません。

フォーリーブスの青山孝史さんが死去 (スポーツ報知)
1970年代に活躍した4人組アイドルグループ「フォーリーブス」の青山孝史(あおやま・たかし、本名城下孝行=しろした・たかゆき)さんが28日午前7時、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。57歳だった。
16日に会見した同僚の江木俊夫(56)によると、青山さんは昨年10月中旬にがんが見つかり、深刻な病状だったが「どういう形になってもステージに出たい」と開催中の同グループの全国ツアーに、入院先を抜け出して出演。10歳になる娘を思い「1秒でも(長く)生きたい」と話していたという。
葬儀・告別式は2月4日午前11時から東京都渋谷区西原2の42の1、代々幡斎場で。喪主は妻めぐみさん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

うさぎの年齢

ゆきはこれまで病院に行ったことは一度もありませんでした。
性格も穏やかで、いたずらも殆どしないので、自由に家の中で放し飼いにしていますが、怪我をすることもありませんし、たまに下痢をすることはありましたが、すぐ回復していました。
度胸も満点、寝るときは無防備にお腹を上に向けて大きく伸びて寝ます。ゆきよりも身体の大きな犬のクニマルが寄ってきていたずらすると、跳ね除けてクニマルが逃げて行きます。

そんなゆきも我が家にやってきたときは、神経質で、びくびくしていました。
ほとんど動かない、抱っこも嫌がって暴れていました。
実はゆきは、箱に6~7匹も入れられて捨てられていたのです。
どこかで飼われていたのか、ペットショップにいたのか、種類は何か・・・何もわかりません。
見つけて拾ってきた人が、里親探しをしていた中の1匹でした。
それなので、警戒心がひどく、人間不信ようでしたが、今ではすっかり慣れて、自分から私たちのひざの上に乗ってきて、抱っこをも嫌がらないので、寒いときは湯たんぽ代わり、すっかり家族の一員です。

さて、そういう経緯なので、ゆきが我が家にきたときは、既にもう今と同じ大きさで、いつ産まれて、何歳なのかがずっと謎でした。
今回病院に連れて行ったことで、これはチャンスとばかりに、獣医さんに尋ねてみたのですが、結局わかりませんでした。
犬は歯で歳がわかるんだそうですが、ウサギは病気も含めて、わからないことがまだまだ多いそうです。
心配なのは、ウサギの平均寿命が7年だそうで、我が家に来てもうすぐ5年。
年齢はわからないですが、そろそろ高齢期に入っている頃ではないでしょうか。
今回の病気で体力がどれくらい持つのか本当に心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

うざぎの病気と突発性難聴の回復

昨夜うさぎのゆきの歩く様子がおかしいことに気づきました。
右足をひきずっています。
ゆきのお気に入りの場所は、和室の3枚重ねの座布団の上ですが、そこに上るときも右足はブラブラ。
夕方には気づかなかったのですが、いつからだったのでしょう。
そういえば、ここのところトイレではないところで、排便することがよくあるので、そろそろ歳をとってきたのかなぁと話していたところでした。今考えてみると、今週になってそれが急に多くなっていました。
少しずつ、兆しがあったのかもしれないのに、どうしてもっと早く気づいてやれなかったのかと悔やまれます。
どこからか落ちたとか、ひっかかったとかの心当たりは全くないのですが、骨折していると思われたので、今日夕方息子が、部活動を休んで病院に連れて行きました。
レントゲンを撮って、骨折はしていないということ。足も腰も骨盤も。
安心したいところですが、事態はもっと深刻なようです。
脊髄を圧迫しているような感じで、右足は完全に麻痺してたそうです。
原因は全くわかりません。
とりあえず、10日間薬を飲んで様子を見ることになりました。
骨折ではないので痛みはないのが救いですが、悪くなれば両足麻痺してしまうかもわかりません。
薬でよくなるかどうかもわからず、手術をしたら治るかもわかりませんが、可能性の割合もゆきの負担も今はどれくらいかわかりません。
とりあえず、様子をみて、今後の治療を考えることになりました。

もらってきた粉薬はなんと1回の量の少ないこと。吹けば飛ぶくらい。
人間の赤ちゃんの薬のようです。そりゃそうですね。体重2キロもないうさぎですから。^_^;
1日1回、ジュースに混ぜて、スポイドを使って口に注入します。
あとは、出来るだけ好きなものを食べさせてやって、ケージから出さないで安静にさせてやって下さいとのこと。
トイレに移動することができないのでその場でする上に、きれい好きで、自分の身体をいつもきれいに手入れしていたのに、それもできないので、足の裏や、お腹が汚れてきてとてもかわいそうです。

ところで、息子が言うには、その薬は確かステロイドって言ってたと思うと。
ステロイドを10日間飲んで安静に・・・
10日ほど前に全く同じことをどこかで聞きました。
そう、私と一緒だねと息子と笑いました。

おかげさまで、私も治療して10日、2日ほど前から、生活音は殆ど普通に聞こえるようになり、耳鳴りも治まり、少し違和感が残っていますが、順調に回復しました。
我が家にやってきて4年7ヶ月、大事な大事な家族です。特に一人っ子の息子にとっては、小学生から一緒にいたので、犬よりも愛着があるようです。
ゆきも、私と同様に回復しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

写真整理

ひょんなことで、仕事を休み、家から出ることなく出来るだけ安静にして過ごすことに努めていますが、なにせじっとしていられない性格、ストレスがたまらないことで何か出来ることはとやり始めたのは、子供の写真の整理。
写真をいっぱい撮って、親類に送ったり、何冊もアルバムにきれいにファイルして、コメントを書き込んで・・・子供が小さい頃は、私もマメにしていましたが、小学生の3年生くらいにもなると、ぐんと写真を撮る機会が減ってきます。
プライベートの写真は、デジタルカメラにとってかわり、画像データとして、我が家のサーバーマシンの中に納まってしまっているので、学校での行事のスナップ写真や記念写真が殆どですが、それでも100枚ほどは溜まっていたのでしょうか、気にはなっていたのですが、いつでも出来る、まとめてやったらいいと、どうしても後回しになって、かれこれ6~7年放ったらかしていました。
さて、いざ始めると、時系列がわかりません。日付が入ってるものはそれを、あとは被写体の大きさ、服装、そして何より子供自身の記憶をたどりながら、あっちが先、これが後・・・
小学生の頃は身長が小さく前の方だったのが、今ではクラスで1,2番の大きさの息子、顔つきもどこから見ても女の子だったのに、すっかりにきび面の青年へ。
当時の思い出を話しながら、久しぶりに息子と他愛のない時間を過ごすことができました。
引き出しいっぱいにたまっていた写真もなくなり、これは、いいストレス解消です。これで聴力の回復につながればいいのですが。

ところで、その写真の整理、もうひとつおまけがありました。

続きを読む "写真整理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

突発性難聴

浜崎あゆちゃんで話題になった突発性難聴と診断されました。びっくり。
その名のとおり、突然発症するそうです。
私は、元気ですよ、どこも痛くないですよ。ただ、耳に違和感があるだけで、何でも日常どおりで出来ますよ。
それでも、文科省が難病に指定している・・・それはもしかして、結構大ごとなんでしょうか。


<2009/1/10 夕方>
自分の声が、2重に聞こえます。歌を歌うと、1人で二人の声がします。これは楽しい。(・∀・)♫。
音程は同じなので、デュエットではなくユニゾンかな。


<209/1/11 朝>
声は1つに聞こえます。でも、違和感。気圧が変わって、耳がつまった感じが常時。
台風が近づいたり、極度の低気圧が通過すると、私の耳は同じような症状を起こしますが、この日はそこまで低い気圧の通過はなし。


<209/1/12 早朝>
吐き気がして目が覚め、トイレへ。昨夜9時半頃に食べたものがまだ消化されず残っていた。
胃がとても弱い私は、消化が遅く、これは初めてではない。正月からの連休が重なるので、日ごろは少食なのに、つい油断して暴飲暴食をしてしまい、そろそろ危ないので、気をつけなきゃと思った矢先にまた、やってしまった・・・という感じ。
その後、飲み物だけで、固形物は口にしなかったので、吐き出すものはもうなかったが、1日中胃がムカムカと39度の熱。
3回の胃薬と1回の解熱剤で夜にはとりあえず治まる。
よくある症状で、明らかに消化不良なので、これが、難聴に関係があるかどうかは不明。


<2009/1/13 朝>
右の耳が聞こえない?気のせい?よく聞いたら聞こえるしなぁ。でも音が小さい!?
右耳を塞いでも、聞こえる音はあまり変化なし、左耳を塞ぐと、明らかにやや小さいぞ。


<2009/1/13 夜>
一日胃に違和感があったので、薬を飲み、食事もほとんどしなかった。
指を耳に入れたり出したりすると、右耳だけ「ブンブン」とスピーカーのノイズのような音がする。なんじゃこりゃ。


<2009/1/14 朝>
やっぱり、右耳は聞こえてない。気のせいではない。唾を飲み込んでも、あくびをしても右耳はそれにあわせてブンブンブン、姿は見えないけど、蜂が飛ぶ。
胃の調子は、ほぼ完治のよう。

昼間は、人の声も少し2重に聞こえたり、こもって聞こえたり、変だ・・・変だ・・・

続きを読む "突発性難聴"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

同窓通信

1年に1度、この季節に卒業した高校から同窓通信が届きます。(同窓会費を払っていなくても。ごめんなさいm(__)m)今年も届きました。

昨年高校に入学した息子は私と同じ高校です。
まさか、わが子が自分と同じ高校に入るなんて、子供を産んだときからずっと、想像しませんでした。
近所の人に息子は「お母さんと同じ高校行くんでしょ?」なんて言われてたそうですが、親と同じところに行っても面白くないじゃないかというのが、私の考えでしたから、できれば違う学校にとか、もしくは、私が昔行きたかったところに・・・なんて考えていました。
もちろん親子で通えることは誇りにも感じています。

もうひとつ、息子に行ってほしくない理由がありました。
親子や兄弟で同じ学校に入ることを希望する人が意外と多い、
教師に卒業生が多い、
OBは部活動や学校行事に顔を出す人が多い、
加えて、卒業生は、少し風変わりというか、いえ、個性的な人が多い・・・・
息子のクラスにも何人も親が卒業生っていう人がいます。
また、私と同じ部活動の2年上の先輩夫婦(二人とも先輩)の子供が息子の同級生として入学してきました。
結束が固いというのか、愛校精神が深いというか、少し異様な雰囲気も感じられるので、今の生活基盤を大事にしたいので、私自身は、親しい友達との付き合い以外は同窓会に行くでもなし、学校に顔を出すでもなし、付かず離れずくらいの距離をおいています。

続きを読む "同窓通信"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

1年ぶり

Kuni←今年の干支に扮するクニ丸(元気です)
新年の挨拶も書き込まず、仲良くして下さっていた方々のところへも訪問を怠り・・・1年いえ、2年かも、プライベートでネットの利用をほとんど離れてしまいました。
最近はだいぶセキュリティも強化されてきていますし、利用方法もさまざまな対策も講じられてはきましたが、やはり誰がいつ見ているかわからない、私がおじゃましたサイトから、どこで私の動きをキャッチされるかもわからない・・・
この世界でできたお友達はいい人ばかりで、中には直接お会いしたり、メールでやりとりしたりする人もいて、ほんとに楽しかったのですが、そんな私に対して、よく思わない人も世の中には、ごくごくまれにいるんですよね。
まあ、ある程度、特定はできたのですが、基本的には、自分の身は自分で守らなけりばいけないので、どうしても保守的になってしまいます。

仕事は、やっばり忙しくて、プライベートの時間がどんどん減っていることもあって、コンサート等の鑑賞も外出も激減し、自分で書く楽しい記事のネタもないし、かといって、ネットサーフィンして、面白い話題を見つける時間もありなくて、そんなこんなで、また、今年も、ほとんど皆様にお目にかかることは少ないと思います。

でも、完全1年お休みしたので、少しずつ、戻ってこようと思います。使い方も忘れかけ・・・
新しい機能がいっぱい増えてて、わからない・・・・
ボチボチとですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2009年2月 »