« 写真整理 | トップページ | うさぎの年齢 »

2009年1月23日 (金)

うざぎの病気と突発性難聴の回復

昨夜うさぎのゆきの歩く様子がおかしいことに気づきました。
右足をひきずっています。
ゆきのお気に入りの場所は、和室の3枚重ねの座布団の上ですが、そこに上るときも右足はブラブラ。
夕方には気づかなかったのですが、いつからだったのでしょう。
そういえば、ここのところトイレではないところで、排便することがよくあるので、そろそろ歳をとってきたのかなぁと話していたところでした。今考えてみると、今週になってそれが急に多くなっていました。
少しずつ、兆しがあったのかもしれないのに、どうしてもっと早く気づいてやれなかったのかと悔やまれます。
どこからか落ちたとか、ひっかかったとかの心当たりは全くないのですが、骨折していると思われたので、今日夕方息子が、部活動を休んで病院に連れて行きました。
レントゲンを撮って、骨折はしていないということ。足も腰も骨盤も。
安心したいところですが、事態はもっと深刻なようです。
脊髄を圧迫しているような感じで、右足は完全に麻痺してたそうです。
原因は全くわかりません。
とりあえず、10日間薬を飲んで様子を見ることになりました。
骨折ではないので痛みはないのが救いですが、悪くなれば両足麻痺してしまうかもわかりません。
薬でよくなるかどうかもわからず、手術をしたら治るかもわかりませんが、可能性の割合もゆきの負担も今はどれくらいかわかりません。
とりあえず、様子をみて、今後の治療を考えることになりました。

もらってきた粉薬はなんと1回の量の少ないこと。吹けば飛ぶくらい。
人間の赤ちゃんの薬のようです。そりゃそうですね。体重2キロもないうさぎですから。^_^;
1日1回、ジュースに混ぜて、スポイドを使って口に注入します。
あとは、出来るだけ好きなものを食べさせてやって、ケージから出さないで安静にさせてやって下さいとのこと。
トイレに移動することができないのでその場でする上に、きれい好きで、自分の身体をいつもきれいに手入れしていたのに、それもできないので、足の裏や、お腹が汚れてきてとてもかわいそうです。

ところで、息子が言うには、その薬は確かステロイドって言ってたと思うと。
ステロイドを10日間飲んで安静に・・・
10日ほど前に全く同じことをどこかで聞きました。
そう、私と一緒だねと息子と笑いました。

おかげさまで、私も治療して10日、2日ほど前から、生活音は殆ど普通に聞こえるようになり、耳鳴りも治まり、少し違和感が残っていますが、順調に回復しました。
我が家にやってきて4年7ヶ月、大事な大事な家族です。特に一人っ子の息子にとっては、小学生から一緒にいたので、犬よりも愛着があるようです。
ゆきも、私と同様に回復しますように。

|

« 写真整理 | トップページ | うさぎの年齢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/43840848

この記事へのトラックバック一覧です: うざぎの病気と突発性難聴の回復:

« 写真整理 | トップページ | うさぎの年齢 »