« 癒しをありがとう | トップページ | 2代目ユキちゃん »

2009年2月 5日 (木)

ペットの訪問火葬

Dsc02446役所に問い合わせると、火葬はしてくれるもののそのまま処分されてしまうのが寂しくて、アイムペット葬儀で、ウサギの火葬をお願いしました。
夜9時、家族全員(犬も含む)と玄関で最後のお別れをし、ウサギは、家の前の駐車場に止めた火葬車両の中に入っていきました。
待つこと30分、きちんと骨以外の不要なものと骨とに分けて頂けて、骨だけをシートを敷いたトレイに並べてもらえます。腫瘍の部分は真っ黒な塊でそのまま残っていました。人間と同じです。ずいぶん大きかったのには驚き、痛々しく感じました。
最後まで食欲はあったので、胃の中の食べ物も固形物で残っていました。happy01
きれいにお骨となったウサギを、お線香を立てて、玄関でお骨上げをし、最後に喉仏を小さな小さな骨壷に収めました。

ウサギがいなくなったケージは、とても広く感じます。
寂しさでいっぱいですが、きちんと葬ってあげられたので、ほっとしました。
お骨は、しばらく自宅において、いずれ近くの動物霊園で供養しようと思います。

|

« 癒しをありがとう | トップページ | 2代目ユキちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/43965936

この記事へのトラックバック一覧です: ペットの訪問火葬:

« 癒しをありがとう | トップページ | 2代目ユキちゃん »