« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月17日 (日)

感染拡大

新型インフルエンザの感染はどんどん拡大されているようです。
息子の学校も今日になって休校が決まりました。
22日まで学校への立ち入り禁止、自宅待機、外出も自粛とのことです。
県が決めたという健康調査に基づき、健康観察票なるものに、朝夕2回体温を測って、健康状態を記入しなければなりません。

外は、昨日からマスクをしている人が急増し、スーパーや薬局ではマスクが売り切れ状態になっているとかで、異様な雰囲気です。
外を歩く人もいつもより少ないようですし、人が集まるイベントも中止されたり、美術館などの施設も休館になったり、季節のいい5月の風景とは思われません。

先週は、簡易検査でA型のインフルエンザの陽性反応が出ている生徒が出てきていたけれども、海外渡航歴がないので、簡易検査後、香港型かソ連型のいずれかを検査しようとしても、新型を疑うことはなかったとか。
今、ニュースで報道されてる以外にも、GW明けからインフルエンザの生徒がらあちらこちらで出ているという情報が、友人、知人関係から続々入ってくるので、まだまだ広がることでしょう。

症状はいずれもそんなにひどくならないようですし、タミフルやリレンザも効くようなので、パニックにはならないようにとか、あまり神経質にならないようにとかの声もあります。
過剰に騒ぐことは避けたいですが、もう日本全国他人事ではないことは自覚しなければならなくなりましたね。
そして、いかに最小限に食い止めるかは、国民全員の協力が必要だと思われます。

学校からの自宅待機中の指導にちょっと面白いものを見つけました。
外に出ないようにとか、手洗いうがいをするとか、睡眠をよくとるとか・・・
当然のことが掲げられている中に、「家事の手伝いをさせる」という文字が。
直接インフルエンザの予防には関係ないと思われるのですが、休みだからといってダラダラしていてはいけないということなのでしょうか。
こういうところにも、学校の指導らしいところが垣間見えて少しほっとしています。^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

新型インフルエンザ 神戸で

時間の問題だと思われていた新型インフルエンザの国内初が地元神戸の高校生だということで、我が家でもショックを受けています。
朝から、新聞やテレビ、インターネットで情報集め。
東部の学校が休校と早々と発表されました。
息子の学校は対象に入っていませんが、学校では先生たちが今後の対応で追われていたようでした。
夕方、学校から連絡が入りました。連絡網ではなく担任が1件ずつ電話をして、生徒と家族の健康状態について調査をしたいということでした。月曜日からの対応はまだ決定していませんが、明日は外出を自粛するようにとのことでした。

神戸まつりも中止になりました。(雨天だったので、いずれにしても大きなイベントは中止になっていたかもしれませんが)
どこまで広がり、どこで食い止められるか、身近で起こっているだけに、慎重に対応していかないといけない問題です。

1月に私自身が季節性のインフルエンザにかかったときにマスクを備蓄していますし、コープ神戸の個別配達がちょうど土曜日で、今日は冷蔵庫はいっぱいになるくらい食料もあるので、来週は外出しなくてもいいくらいですが、仕事は休むわけにはいかないので、予防に努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »