« 新しい家族 | トップページ | ペットのお引っ越し »

2010年7月15日 (木)

ゲリラ豪雨、浸水被害

昨日は、神戸市にも、大雨・洪水警報が出ました。一日中降ったり止んだり、一時的には傘が用無しになるほど激しく降りました。
今日は警報は出てませんでしたし、朝方までで雨も上がっていたのですが、夕方、4時ごろから雷が鳴り始めたら、たちまちすごい雨。
傘を持たずに外出している人も結構いたようで、ずぶ濡れで走らなければいけなかったようです。
窓を雨が叩きつけ、雷は鳴り続け、閉まっているブラインド越しにもが見え、高低差が急な道路は川のように水が流れていました。
室内は、何度か瞬間的に停電し、蛍光灯が一瞬暗くなる状態でした。

連日、あちらこちらで浸水している様子が報道されています。神戸でも7月の初めに六甲山に登る道が土砂崩れで、通行止めになり、復旧に3カ月ほどかかるとのことですが、今日の雨は、2時間ほど降り続いただけで、街の中でかなりの被害が出てしまいました。
同じ神戸市内でも、あまり雨が降っていないところもあったようです。また、6時半頃、仕事を終えて帰宅する時にはすっかり雨も上がって、何もなかったように静かで、まさにゲリラ豪雨でした。

県南部中心に局地的大雨、神戸で172棟浸水(神戸新聞より)

兵庫県内は15日、南部を中心に局地的な大雨が降った。神戸市では観測史上最大の1時間雨量48ミリを記録し、同市長田区の172棟が床上、床下浸水した。降り続く雨の影響で土砂崩れも相次いだ。
 神戸海洋気象台によると、梅雨前線に南から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になった。1時間雨量は神戸市48ミリ、三田、三木市で38ミリ、西宮市32ミリ‐など。
 神戸市によると、長田区南部の庄田町、二葉町では、川のようになった道路から雨水が商店街や住宅街に流れ込み、計161棟が床上浸水。駒ケ林町などを含む11棟が床下浸水した。兵庫区と垂水区では市道の3路線が冠水し通行止めになった。灘区では土砂崩れが発生、市道をふさいだ。

|

« 新しい家族 | トップページ | ペットのお引っ越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/48887851

この記事へのトラックバック一覧です: ゲリラ豪雨、浸水被害:

« 新しい家族 | トップページ | ペットのお引っ越し »