2010年1月17日 (日)

15年

震災から早15年。
今朝は、息子が修学旅行に行くのに、みんな早起きしました。
さきほど息子を送り出しましたが、外はとても冷えています。
家の中でも寒いです。
まもなく、あのときの時刻になります。
15年前も、とても寒かったのですが、それどころではなくて、何もわからないまま、やっと空が明るくなる頃、まだ1歳のよちよち歩きの息子を連れて、近くの小学校に避難したことを思い出します。
当時のことは全く記憶にないそんな息子が高校2年、元気に出かけて行きました。
一番寒い時期に、なんと、北海道へ・・・(笑)

ここ数日、震災関係の新聞記事や、テレビ番組をよく目にします。
家族で、当時のことをあれこれ話し、そう、あの頃は、必死でしたし、ともかく前に進もうと懸命で、そして、人がとても優しくて思いやりがありました。
忘れることはないですが、少し忘れかけていた小さなこと、もう一度心に刻み、日々の生活を大事にしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

感染拡大

新型インフルエンザの感染はどんどん拡大されているようです。
息子の学校も今日になって休校が決まりました。
22日まで学校への立ち入り禁止、自宅待機、外出も自粛とのことです。
県が決めたという健康調査に基づき、健康観察票なるものに、朝夕2回体温を測って、健康状態を記入しなければなりません。

外は、昨日からマスクをしている人が急増し、スーパーや薬局ではマスクが売り切れ状態になっているとかで、異様な雰囲気です。
外を歩く人もいつもより少ないようですし、人が集まるイベントも中止されたり、美術館などの施設も休館になったり、季節のいい5月の風景とは思われません。

先週は、簡易検査でA型のインフルエンザの陽性反応が出ている生徒が出てきていたけれども、海外渡航歴がないので、簡易検査後、香港型かソ連型のいずれかを検査しようとしても、新型を疑うことはなかったとか。
今、ニュースで報道されてる以外にも、GW明けからインフルエンザの生徒がらあちらこちらで出ているという情報が、友人、知人関係から続々入ってくるので、まだまだ広がることでしょう。

症状はいずれもそんなにひどくならないようですし、タミフルやリレンザも効くようなので、パニックにはならないようにとか、あまり神経質にならないようにとかの声もあります。
過剰に騒ぐことは避けたいですが、もう日本全国他人事ではないことは自覚しなければならなくなりましたね。
そして、いかに最小限に食い止めるかは、国民全員の協力が必要だと思われます。

学校からの自宅待機中の指導にちょっと面白いものを見つけました。
外に出ないようにとか、手洗いうがいをするとか、睡眠をよくとるとか・・・
当然のことが掲げられている中に、「家事の手伝いをさせる」という文字が。
直接インフルエンザの予防には関係ないと思われるのですが、休みだからといってダラダラしていてはいけないということなのでしょうか。
こういうところにも、学校の指導らしいところが垣間見えて少しほっとしています。^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

新型インフルエンザ 神戸で

時間の問題だと思われていた新型インフルエンザの国内初が地元神戸の高校生だということで、我が家でもショックを受けています。
朝から、新聞やテレビ、インターネットで情報集め。
東部の学校が休校と早々と発表されました。
息子の学校は対象に入っていませんが、学校では先生たちが今後の対応で追われていたようでした。
夕方、学校から連絡が入りました。連絡網ではなく担任が1件ずつ電話をして、生徒と家族の健康状態について調査をしたいということでした。月曜日からの対応はまだ決定していませんが、明日は外出を自粛するようにとのことでした。

神戸まつりも中止になりました。(雨天だったので、いずれにしても大きなイベントは中止になっていたかもしれませんが)
どこまで広がり、どこで食い止められるか、身近で起こっているだけに、慎重に対応していかないといけない問題です。

1月に私自身が季節性のインフルエンザにかかったときにマスクを備蓄していますし、コープ神戸の個別配達がちょうど土曜日で、今日は冷蔵庫はいっぱいになるくらい食料もあるので、来週は外出しなくてもいいくらいですが、仕事は休むわけにはいかないので、予防に努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月21日 (土)

2代目ユキちゃん

200903211503000_3正確には先代のユキの前にハムスターのユキがいたので、我が家では3代目ということになるのでしょうか。

先代のユキがいなくなって、人間でいう四十九日も過ぎ、ぽかんと空いてしまったゲージにやっと新しい家族が入りました。
平成21年2月中旬、熊本生まれ、種類はミニレッキス
たぶん先代ユキもこの種類ではないかと思うのですが、何もわからないまま我が家にやってきたので定かではないです。

まだ小さいので、以前下に敷いて使っていたスノコも網もしばらく撤去。トイレもまだいらないそうなので、これも撤去。代わりに身をかくせるような巣箱を買ってきて入れてやりました。
大きくなったらいらないようですが、小さいうちは安眠のために必要なんだそうです。
それにしても、ゲージの中に入れても、まあ小さいこと。しぐさも可愛くて、飽きません。癒してくれます。

さて、ユキと名づけましたが、まだ性別が判定できません。オスでもユキでいいかなぁ。^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

癒しをありがとう

Photo今朝、ぺっとのウサギが息を引き取りました。
我が家にやってきて、もうすぐ5年のウサギが病気になったのが10日ちょっと前。
片足が麻痺し、すぐにもう片足も。数日前には、背中から腰のあたりに、腫瘍が見つかりました。
動物病院ではもう治らないだろうから、あれこれするより、家族の元で見守られて生活するほうがいいと言われました。
知り合いの人がウサギを専門に見てくれる病院が近くにあると紹介してくれたので、行ってみようかと考えいたところでした。
朝、私が起きてきたときは、じっとしているように見え、変化には気付きませんでした。
子供が起きてきたら、ウサギが鳴き出したのです。息子を呼んでいるかのように、小さくて高い声で「くうくう」とか「チー」というような感じでしょうか。
ウサギは普通では鳴きません。少し抑えつけたりすると低い声で「ぐぐぐ」と言うよな声を出します。
初めて聞く鳴き声です。
子供が抱き上げるとおとなしくなりました。体温がずいぶん下がり冷たくなっています。
子供が「ゆき」と呼べば反応します。
ヒーターの前でタオルにくるんで抱っこしたまま温めてやりました。でも殆ど動かず、私たちの声はなんとか聞こえるようでした。
大好きなジュースをスポイドを使って口に入れてやったあと、静かに床に置きました。
まもなく息を引き取り、首がだらんとなってしまいました。
学校に行く前のあわただしい時間ですが、時が止まってしまいました。
子供は号泣。
でも、ウサギは、いちばんかわいがっていた息子のことをよくわかっていて、息子が起きてくるまで頑張って、息子が学校に行く前にお別れをしてくれました。
とてもおりこうな家族です。
長い間、一人っ子の息子の友達でいてくれてありがとう。私たちをかわいい顔と動きで沢山癒してくれてありがとう。
息子の携帯電話には先週撮った最後の写真が残っています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

うざぎの病気と突発性難聴の回復

昨夜うさぎのゆきの歩く様子がおかしいことに気づきました。
右足をひきずっています。
ゆきのお気に入りの場所は、和室の3枚重ねの座布団の上ですが、そこに上るときも右足はブラブラ。
夕方には気づかなかったのですが、いつからだったのでしょう。
そういえば、ここのところトイレではないところで、排便することがよくあるので、そろそろ歳をとってきたのかなぁと話していたところでした。今考えてみると、今週になってそれが急に多くなっていました。
少しずつ、兆しがあったのかもしれないのに、どうしてもっと早く気づいてやれなかったのかと悔やまれます。
どこからか落ちたとか、ひっかかったとかの心当たりは全くないのですが、骨折していると思われたので、今日夕方息子が、部活動を休んで病院に連れて行きました。
レントゲンを撮って、骨折はしていないということ。足も腰も骨盤も。
安心したいところですが、事態はもっと深刻なようです。
脊髄を圧迫しているような感じで、右足は完全に麻痺してたそうです。
原因は全くわかりません。
とりあえず、10日間薬を飲んで様子を見ることになりました。
骨折ではないので痛みはないのが救いですが、悪くなれば両足麻痺してしまうかもわかりません。
薬でよくなるかどうかもわからず、手術をしたら治るかもわかりませんが、可能性の割合もゆきの負担も今はどれくらいかわかりません。
とりあえず、様子をみて、今後の治療を考えることになりました。

もらってきた粉薬はなんと1回の量の少ないこと。吹けば飛ぶくらい。
人間の赤ちゃんの薬のようです。そりゃそうですね。体重2キロもないうさぎですから。^_^;
1日1回、ジュースに混ぜて、スポイドを使って口に注入します。
あとは、出来るだけ好きなものを食べさせてやって、ケージから出さないで安静にさせてやって下さいとのこと。
トイレに移動することができないのでその場でする上に、きれい好きで、自分の身体をいつもきれいに手入れしていたのに、それもできないので、足の裏や、お腹が汚れてきてとてもかわいそうです。

ところで、息子が言うには、その薬は確かステロイドって言ってたと思うと。
ステロイドを10日間飲んで安静に・・・
10日ほど前に全く同じことをどこかで聞きました。
そう、私と一緒だねと息子と笑いました。

おかげさまで、私も治療して10日、2日ほど前から、生活音は殆ど普通に聞こえるようになり、耳鳴りも治まり、少し違和感が残っていますが、順調に回復しました。
我が家にやってきて4年7ヶ月、大事な大事な家族です。特に一人っ子の息子にとっては、小学生から一緒にいたので、犬よりも愛着があるようです。
ゆきも、私と同様に回復しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

写真整理

ひょんなことで、仕事を休み、家から出ることなく出来るだけ安静にして過ごすことに努めていますが、なにせじっとしていられない性格、ストレスがたまらないことで何か出来ることはとやり始めたのは、子供の写真の整理。
写真をいっぱい撮って、親類に送ったり、何冊もアルバムにきれいにファイルして、コメントを書き込んで・・・子供が小さい頃は、私もマメにしていましたが、小学生の3年生くらいにもなると、ぐんと写真を撮る機会が減ってきます。
プライベートの写真は、デジタルカメラにとってかわり、画像データとして、我が家のサーバーマシンの中に納まってしまっているので、学校での行事のスナップ写真や記念写真が殆どですが、それでも100枚ほどは溜まっていたのでしょうか、気にはなっていたのですが、いつでも出来る、まとめてやったらいいと、どうしても後回しになって、かれこれ6~7年放ったらかしていました。
さて、いざ始めると、時系列がわかりません。日付が入ってるものはそれを、あとは被写体の大きさ、服装、そして何より子供自身の記憶をたどりながら、あっちが先、これが後・・・
小学生の頃は身長が小さく前の方だったのが、今ではクラスで1,2番の大きさの息子、顔つきもどこから見ても女の子だったのに、すっかりにきび面の青年へ。
当時の思い出を話しながら、久しぶりに息子と他愛のない時間を過ごすことができました。
引き出しいっぱいにたまっていた写真もなくなり、これは、いいストレス解消です。これで聴力の回復につながればいいのですが。

ところで、その写真の整理、もうひとつおまけがありました。

続きを読む "写真整理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

同窓通信

1年に1度、この季節に卒業した高校から同窓通信が届きます。(同窓会費を払っていなくても。ごめんなさいm(__)m)今年も届きました。

昨年高校に入学した息子は私と同じ高校です。
まさか、わが子が自分と同じ高校に入るなんて、子供を産んだときからずっと、想像しませんでした。
近所の人に息子は「お母さんと同じ高校行くんでしょ?」なんて言われてたそうですが、親と同じところに行っても面白くないじゃないかというのが、私の考えでしたから、できれば違う学校にとか、もしくは、私が昔行きたかったところに・・・なんて考えていました。
もちろん親子で通えることは誇りにも感じています。

もうひとつ、息子に行ってほしくない理由がありました。
親子や兄弟で同じ学校に入ることを希望する人が意外と多い、
教師に卒業生が多い、
OBは部活動や学校行事に顔を出す人が多い、
加えて、卒業生は、少し風変わりというか、いえ、個性的な人が多い・・・・
息子のクラスにも何人も親が卒業生っていう人がいます。
また、私と同じ部活動の2年上の先輩夫婦(二人とも先輩)の子供が息子の同級生として入学してきました。
結束が固いというのか、愛校精神が深いというか、少し異様な雰囲気も感じられるので、今の生活基盤を大事にしたいので、私自身は、親しい友達との付き合い以外は同窓会に行くでもなし、学校に顔を出すでもなし、付かず離れずくらいの距離をおいています。

続きを読む "同窓通信"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

懐かしい・・・

Drumまもなく仕事が少し落ち着いてきます。
一足早く、休暇をとりました。
昨日まで、息子が2泊3日の北九州での修学旅行に行って、今日は学校がお休み。
それに合わせて。
だからといって息子とどこかへ出かけるでもなく・・・まだ息子は布団の中でぐっすり(^_^;)
ゆっくり休ませてやって、それから旅行の話や学校の話をして、そんな一日になることでしょう。
家で自分の時間を持つこともしばらくなかったのですが、少し時間が出来たので、ファイルの整理をしていると、こんな画像を見つけました。
ドラムを演奏する息子は、おそらく小学校の3~4年生前後ではないかと思います。
今や、身長が174センチにもなる息子もこんな時期があったんだなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

バレンタインデー

最近様変わりして、男性がチョコレートを買うとニュースなどで見ますが、息子は年々持って帰ってくる数が増えてきています。(^^ゞ
なんたって、先月、かわいいお菓子をみつけたからといって、ホワイトデーのお返しを早々と買って、冷蔵庫に入れていましたから・・・とんでもない自信なんでしょうと思っていたのですが、なるほど、納得。
なんでもいいや、どうせ分けてももらえませんので。(-.-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧