2011年7月 8日 (金)

近畿も梅雨明け

気象庁が、8日、四国、中国、近畿、東海が梅雨明けしたとみられると発表しました。
このまま確定すれば、どこも平年より早くなり、近畿は13日早く、1951年の統計開始後では、3番目の早さになるそうです。
梅雨入りが早かったので、明けるのも早いことを期待していましたが、良かった。
と言いながら、暑い夏はとても苦手なのですが。
たしかに、今日は日差しも強く、節電でどこに行っても暑い、暑い・・・
我が家は、最近帰宅すると、35度になっている部屋もありますが、エアコンは毎年28度に設定していますので、これといって不自由はないですが、職場は28度では、人も多い、パソコンもいっぱい、空気も流れないので、特に午後からは厳しい環境になっています。
早く家に帰りたい・・・・と思う毎日。(^_^;)

いよいよ、今年も厳しい夏が始まるようです。
日焼け、熱中症対策万全に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

沖縄梅雨明け

沖縄気象台の発表によると、
『9日の沖縄地方は高気圧に覆われて青空が広がる天気となり9日午前、沖縄地方が梅雨明けしたとみられる』とのこと。
沖縄地方の梅雨明けは平年に比べて2週間早く、過去最も早い梅雨明けということならば、他の地方も当初梅雨入りが早く、今年は梅雨が長くなると予想されていましたが、意外と梅雨明けは早くなると期待してもいいのでしょうか。
毎日、じとじとジメジメ・・・豪雨にならないで、ほどほどで梅雨明けになればいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

梅雨入り

まだ5月ですよ!!
梅雨入り早すぎる。
いったいどうなっているのでしょうか。

被災地は、やっと暖かくなってきたら、今度は雨の心配が出てきました。
まだまだ、大きな余震が続いているというのに、どうして、こんな時に限って、例年よりとんでもなく早いなんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

東北地方太平洋沖地震

M8.8(3月12日にM9.0に訂正されました)、国内史上最大の地震。東北・関東地方で大きな被害。押し寄せる大津波。
第1報は、顧客先で知り、テレビを付けると、とんでもない光景が映っていました。
出していただいた桜の香りのお茶とお菓子は、本当はとてもおいしいものだったはずですが、ほとんど味もわからず、逆に気持ちが悪くなるくらいで、テレビの画像に胸が締め付けられ、鳥肌が立ちました。
職場に戻る道中もワンセグをずっと見ていました。
その間も、地震情報のメールがひっきりなしに入ってきました。

親戚が東京と千葉にいます。様子が気になるものの電話がつながらない・・・
夕方になりようやくメールが来て無事を確認しましたが、交通網はストップで会社で足止めであるとか、家は風呂や玄関に亀裂が入ったり、本棚や食器棚の中のものが飛び出しているというようなことでした。
16年前の我が家とよく似ています。
報道される火災の様子もあの頃を思い出します。
なんとも重苦しい気分です。

明日は大学の後期試験が実施されるところが多いようですが、延期、中止も次々発表されています。
16年前も、受験シーズンで沢山の受験生に影響が出ました。
大きな災害は、人の運命、将来を変えてしまいます。
被害がこれ以上大きくならないように・・・・そして早く元の生活に戻れるように祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

ゲリラ豪雨、浸水被害

昨日は、神戸市にも、大雨・洪水警報が出ました。一日中降ったり止んだり、一時的には傘が用無しになるほど激しく降りました。
今日は警報は出てませんでしたし、朝方までで雨も上がっていたのですが、夕方、4時ごろから雷が鳴り始めたら、たちまちすごい雨。
傘を持たずに外出している人も結構いたようで、ずぶ濡れで走らなければいけなかったようです。
窓を雨が叩きつけ、雷は鳴り続け、閉まっているブラインド越しにもが見え、高低差が急な道路は川のように水が流れていました。
室内は、何度か瞬間的に停電し、蛍光灯が一瞬暗くなる状態でした。

連日、あちらこちらで浸水している様子が報道されています。神戸でも7月の初めに六甲山に登る道が土砂崩れで、通行止めになり、復旧に3カ月ほどかかるとのことですが、今日の雨は、2時間ほど降り続いただけで、街の中でかなりの被害が出てしまいました。
同じ神戸市内でも、あまり雨が降っていないところもあったようです。また、6時半頃、仕事を終えて帰宅する時にはすっかり雨も上がって、何もなかったように静かで、まさにゲリラ豪雨でした。

県南部中心に局地的大雨、神戸で172棟浸水(神戸新聞より)

兵庫県内は15日、南部を中心に局地的な大雨が降った。神戸市では観測史上最大の1時間雨量48ミリを記録し、同市長田区の172棟が床上、床下浸水した。降り続く雨の影響で土砂崩れも相次いだ。
 神戸海洋気象台によると、梅雨前線に南から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になった。1時間雨量は神戸市48ミリ、三田、三木市で38ミリ、西宮市32ミリ‐など。
 神戸市によると、長田区南部の庄田町、二葉町では、川のようになった道路から雨水が商店街や住宅街に流れ込み、計161棟が床上浸水。駒ケ林町などを含む11棟が床下浸水した。兵庫区と垂水区では市道の3路線が冠水し通行止めになった。灘区では土砂崩れが発生、市道をふさいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

迷走する惑星

つい先週、太陽系の惑星が12個と報道されたばかりでは?
今度は、増えた3つどころか、これまでの冥王星もはずされる?
国際天文学連合って、誰がどう決めるのかよくわかりませんが、そんなコロコロ変えていいの?

「惑星は8個」で決着へ(共同通信)
国際天文学連合は23日までに、太陽系惑星の数を冥王星を除いて8個とする修正案をほぼまとめた。日本からの参加者によると会員に異論は少なく、修正案通りに可決される可能性が高いという。プラハで開催中の総会で、日本時間24日深夜―25日未明に採決する。修正案では、原案で惑星の仲間に格上げしていた冥王星などの比較的小さな天体を惑星とは別の「矮(わい)惑星」に分類する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

宇宙で仮面舞踏会

夜空が大好き、久しぶりに天体の記事をアップ。神秘的で感動します。あと5億年ほどで1つに融合するなんて、夢がありますね。もちろん生きてはないですが、地球もなくなってるかもしれないなんて、現実に引き戻されてしまうご意見も!?(>_<)

宇宙で華麗な仮面舞踏会? 合体途上の2つの銀河【ワシントン26日共同】
2006042700000046kyodosocithum000舞踏会用の華麗な赤い仮面をつけた神秘的な青い目のように見える、合体途上にある2つの銀河の鮮やかな画像を、米航空宇宙局(NASA)が26日公表した。赤外線宇宙望遠鏡スピッツァーの観測データを基に、星は青、ちりや雲を赤く着色した。
2つの銀河は、地球からおおいぬ座の方角に約1億4000万光年離れた宇宙空間にある。約4000万年前に互いの重力で引き寄せ合い始め、あと5億年ほどで1つに融合するとみられるという。
「仮面」を縁取るビーズに見えるのは、銀河の相互作用でできたちりの塊。中では赤ちゃん星が次々に生まれている。スピッツァーは、星に温められてちりが発した赤外線をとらえることで、ビーズの精巧な並び方を初めて明らかにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

大雪

雪が積もるのって一瞬ですね。(と、話には聞いていましたが)
先週も夜中のうちに降った雪が少しだけ積もって、朝起きたらあたりがうっすらと白くなっていました。
ですが、8時頃には雪も溶けていましたし、子供は普通に出て行きましたから、私もいつも通りに出勤の準備をしていました。
ところが、いざ、出ようとすると、とんでもないありさま。
道路では、車はズルズルスリップしたり、立ち往生して乗り捨てられていたり。
バスは運休に。タクシーも通っていません。たった30分ほどで普段では絶対考えられない状況になっていました。
そうだ、電車は?
高架の上に通っているのが見えたので駅に向かいましたが、駅までに長い坂があり、なかなか前に進めません。
改札口に着いたころに、電車がホームに入ってきましたが、反対側のホームまで走っても間に合わないので、見送り、ホームについて時刻表を確認したものの、その時間には電車は来ません。
ローカル線ですから、遅れているというアナウンスもないし、何分遅れなどの表示もなく、ただ来る電車を震えながらじっと待つばかり。
ホームには、普段電車なんて乗らない人もいっぱいで、携帯電話であちこちに連絡しています。
もちろん、私もその中の一人です。(^_^;)
結局15分ほど遅刻。それで済んで良かったです。
北の方から六甲山を越えて通ってくる同僚は、雪に慣れていますし、既に通勤時間帯には大雪だったので、交通機関が乱れることを予想して早めに出たらしく、彼だけはギリギリ間に合ったようです。エライ!!

通勤だけで、どっと疲れてしまいました。ふぅ。(-_-メ)

ちなみに、これだけの積雪量は神戸では88年ぶりだったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

立冬

よく晴れて、空は澄んでいました。風はやや吹いていましたが、寒くはなかったです。
午後からは、仕事で、片道徒歩15分ほどのところへ出かけて帰って来たら、汗ばんでいました。
10月の半ばの方が、朝晩の冷え込みが大きく、冬の訪れがすぐそこに感じられましたが、今日あたりは、立冬と言われても、ピンときませんね。
ただ、カレンダーを毎日見ながら、ため息は漏れます。
もう、目の前に仕事がどっさり。来年の春まで、また、戦いです。(>_<)
その前に、インフルエンザの予防接種も行っておかないといけません。
1に体力、2に体力・・・・そうだ、美味しいものも食べなきゃ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

初雪と火星の接近

ここ数日神戸でも寒いです。3日前から、夜は靴下を履いて寝ています。(^_^;)
北海道では雪が降ったそうです。秋は短いですね。もう、冬は目の前・・・。まわりでは、風邪か流行っています。
この季節、仕事帰りで疲れているとき、歩きながら見上げると、夜空が澄んで、星がきれいで、ほっとします。(^_^)
そういえば、最近、夜空は赤っぽい明るい星が、はっきりと見えてきています。
先日もお友達からメールで「最近明るい星が見えるのは何?」と尋ねられ、「たぶん火星が見えてるんじゃないかな」というよう答えをしました。
2003年の8月に、6万年ぶりと言われる大接近となった火星、夏休みに親子で観測しましたが、10月30日に再び最接近します。彗星と違って、肉眼でもすぐに確認できますし、望遠鏡があればさらにはっきり見られます。

神戸ではほとんど雪は降りませんから、初雪のニュースは、ロマンティックな気分になりますね。

北海道各地で初雪(共同通信)
北海道では25日、上空に寒気が流れ込み、旭川と稚内、岩見沢、留萌の各市で初雪を観測した。旭川市での初雪は平年並みだった昨年より2日遅い。旭川地方気象台によると、冬型の気圧配置の影響で旭川市は、午前7時すぎに5度となり、みぞれが約20分間降った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧