2009年5月17日 (日)

感染拡大

新型インフルエンザの感染はどんどん拡大されているようです。
息子の学校も今日になって休校が決まりました。
22日まで学校への立ち入り禁止、自宅待機、外出も自粛とのことです。
県が決めたという健康調査に基づき、健康観察票なるものに、朝夕2回体温を測って、健康状態を記入しなければなりません。

外は、昨日からマスクをしている人が急増し、スーパーや薬局ではマスクが売り切れ状態になっているとかで、異様な雰囲気です。
外を歩く人もいつもより少ないようですし、人が集まるイベントも中止されたり、美術館などの施設も休館になったり、季節のいい5月の風景とは思われません。

先週は、簡易検査でA型のインフルエンザの陽性反応が出ている生徒が出てきていたけれども、海外渡航歴がないので、簡易検査後、香港型かソ連型のいずれかを検査しようとしても、新型を疑うことはなかったとか。
今、ニュースで報道されてる以外にも、GW明けからインフルエンザの生徒がらあちらこちらで出ているという情報が、友人、知人関係から続々入ってくるので、まだまだ広がることでしょう。

症状はいずれもそんなにひどくならないようですし、タミフルやリレンザも効くようなので、パニックにはならないようにとか、あまり神経質にならないようにとかの声もあります。
過剰に騒ぐことは避けたいですが、もう日本全国他人事ではないことは自覚しなければならなくなりましたね。
そして、いかに最小限に食い止めるかは、国民全員の協力が必要だと思われます。

学校からの自宅待機中の指導にちょっと面白いものを見つけました。
外に出ないようにとか、手洗いうがいをするとか、睡眠をよくとるとか・・・
当然のことが掲げられている中に、「家事の手伝いをさせる」という文字が。
直接インフルエンザの予防には関係ないと思われるのですが、休みだからといってダラダラしていてはいけないということなのでしょうか。
こういうところにも、学校の指導らしいところが垣間見えて少しほっとしています。^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

新型インフルエンザ 神戸で

時間の問題だと思われていた新型インフルエンザの国内初が地元神戸の高校生だということで、我が家でもショックを受けています。
朝から、新聞やテレビ、インターネットで情報集め。
東部の学校が休校と早々と発表されました。
息子の学校は対象に入っていませんが、学校では先生たちが今後の対応で追われていたようでした。
夕方、学校から連絡が入りました。連絡網ではなく担任が1件ずつ電話をして、生徒と家族の健康状態について調査をしたいということでした。月曜日からの対応はまだ決定していませんが、明日は外出を自粛するようにとのことでした。

神戸まつりも中止になりました。(雨天だったので、いずれにしても大きなイベントは中止になっていたかもしれませんが)
どこまで広がり、どこで食い止められるか、身近で起こっているだけに、慎重に対応していかないといけない問題です。

1月に私自身が季節性のインフルエンザにかかったときにマスクを備蓄していますし、コープ神戸の個別配達がちょうど土曜日で、今日は冷蔵庫はいっぱいになるくらい食料もあるので、来週は外出しなくてもいいくらいですが、仕事は休むわけにはいかないので、予防に努めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

指揮者の大植英次氏入院

来週の定期演奏会楽しみにしていたのですが・・
最も、ここのところ、ずっと仕事が詰まっていて、行けそうにないと半ば諦めていたのですが。

少し頑張りすぎですよ・・・お大事になさって、たまには休んでいただきたいものです。
大植さんと比べたらたいしたことはないのかもしれませんが、私も、気をつけなければ、連日の睡眠不足と疲労で倒れそうです。(^_^;)

指揮者の大植英次氏が入院(日経新聞)
大阪フィルハーモニー交響楽団の音楽監督で指揮者の大植英次氏が頸部(けいぶ)を痛め入院したことが15日、明らかになった。疲労が原因で今後4週間程度の静養が必要という。今月22、23日(大阪)、25日(東京)に開かれる大阪フィルの定期演奏会で、大植氏はマーラー「交響曲第9番」を指揮する予定だったが、指揮者をクラウス・ペーター・フロール氏に変更。曲目もチャイコフスキーの交響曲などに変える。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 4日 (土)

ポール・モーリアさん死去

ポール・モーリアの曲はとても素敵でした。子供の頃からよく聞きました。残念です。
そのニュースについて、息子との会話です。
私 「ポール・モーリアが死んだんだって。」
息子「誰?」
私 「有名な人やん。♪たららららん~♪(オリーブの首飾りのメロディを口ずさむ)」
息子「マジシャンだったん?」
私 「・・・・(--;))
ちなみに息子は、幼稚園からピアノやドラムを習い、中学校でブラスバンド部に所属しています。(--;)

「恋はみずいろ」のポール・モーリアさん死去 (asahi.com)

「恋はみずいろ」「オリーブの首飾り」などの編曲で知られるフランスのオーケストラ主宰者(指揮者)ポール・モーリアさんが3日、南仏ペルピニャンで死去した。81歳だった。近親者の情報としてAFP通信が4日伝えた。

マルセイユ生まれ。第2次大戦中から自分の楽団を率い、65年にポール・モーリア・グランド・オーケストラを結成。68年に世界的にヒットした「恋はみずいろ」(アンドレ・ポップ作曲)のほか「エーゲ海の真珠」「涙のトッカータ」など、情緒豊かで親しみやすい楽曲を多数生み出し、イージーリスニングと呼ばれる分野を確立した。特に日本での人気はファンクラブができるほどで、69年から98年まで日韓両国で計1200回の演奏会をこなした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

まぬけなニシキヘビ!?

ヘビの口はなんとなくわかりますが、目はどれ?
羊にへびのような模様がついてる・・・!?
考えられない写真です。丸飲みするのに時間はどれくらいかかるのでしょう。
ひつじさん、逃げることも出来なかったのでしょうね、かわいそう。飲み込むにしても、もう少し後先考ればいいのに。

2006090600000391reuentview000
羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用[クアラルンプール 5日 ロイター]
マレーシアの首都クアラルンプールから東に約200キロ離れた村で5日、羊を丸飲みした大きなニシキヘビが路上に現れた。
現地紙によると、体長6メートルのこのヘビは、お腹が膨らみ過ぎて動けなくなっており、消防隊員らによって簡単に捕獲されたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

紀子さま、男の子出産

おめでとうございます。さて、今日は一日どこに行ってもこの話題です。
帝王切開経験者としては、親近感が・・・(^_^;)
細かいことはいいじゃないか、皇室であれ、一般人であれ、男の子でも女の子でも新しい命の誕生は喜ばしいことです。

紀子さま、男の子出産 41年ぶりの男子皇族誕生(asahi.com2006年09月06日08時54分)
秋篠宮妃紀子さま(39)は6日午前8時27分、東京都港区の愛育病院(中林正雄院長)で男の子を出産した。体重は2558グラム。男子皇族の誕生は秋篠宮さま以来約41年ぶり、天皇陛下の孫の世代では初めての男子となる。皇位継承順位は、皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第3位。胎盤の一部が子宮口をふさぐ「部分前置胎盤」のため、予定日より1カ月近く早い帝王切開による出産だった。皇族の帝王切開による出産は初めてで、現皇室での最高齢出産となった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

シュレッダーで幼児2人が指切断

指9本切断・・・痛ましい事故です。
職場で、ネクタイやジャケットの裾がシュレッダーに巻き込まれた事があります。
私も、下を向いて紙を入れるときに、自分の髪が入ってしまったことがあります。
大人でも気をつけないといけないものですから、幼児にはさらなる注意が必要ですね。
我が家にも業務用シュレッダーがあります。
子供が小さい頃、やはりとても興味を示しました。子供には不思議なオモチャにしか見えません。
使用しないときは、コンセントを抜いておく、使うときは子供が離れていることを確認する、子供にも裁断途中の紙を出して、何度も何度も危ないことを教えました。
小学校に入る頃には、今度は、親が横について、紙の上の方を持つ、動いている間は近づかないなど細かく使い方を説明し、実際に使わせて、紙が吸い込まれる速さと強さを体験させました。
小学生の子供の指でも充分入ります。
機械の改良も必要ですが、機能を低下させないためには限界があります。
最新の注意を怠らず、今後このような事故が続かないようにしたいものです。

シュレッダーで幼児2人が指切断=経産省、業界に再発防止要請へ(時事通信)
 書類を細断するシュレッダーに幼児が手を入れ、指を切断する事故が今年春から夏にかけて2件発生したことが22日、明らかになった。これを受け経済産業省は、業界団体に同様の事故がほかにもあるか調査するよう要請するとともに、再発防止策の検討を求める方針。
 事故が発生したのは静岡県と東京都。いずれも2歳の幼児で、1人は指を9本切断した。シュレッダーのメーカーはアイリスオーヤマ(仙台市)とカール事務器(東京)。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ゆで加減教えてくれる卵

ちょっとした思いつきでいろんなことできるものです。いいかも、これ。(^^ゞ

ゆで加減教えてくれる卵 英生産団体が発売へ(共同通信)
「半熟でも固ゆででも、食べたいゆで卵が簡単に作れます」-。英国の鶏卵生産団体が殻に特殊な塗料を印刷し、最適なゆで加減が一目でわかるようにした卵を近く発売することになった。
 「ソフト」「ミディアム」「ハード」の3種類があり、卵の表面がある一定の温度に達してから3-7分後に、ゆで上がりを示す表示が殻に浮かび上がる仕組み。
消費者はゆで時間を気にせず、表示を確認して火から下ろすだけで思い通りの仕上がりが期待できる。同団体の広報担当者は「卵のゆで方に悩む人は本当に多い」と開発の動機を説明。価格は通常の卵とほぼ同じだという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

シャープ製携帯電話、1千万台に不具合

私の電話・・・対象に入っている機種です。試してみようかな。(^_^;)
好奇心いっぱいの私です・・・
「かぜがなおりかけた」は難なく変換できました。
「みられまくっちゃ」はさいごの「ゃ」を入力する際に「や」「ゆ」「よ」とボタンを押して、次の「ゃ」を押した瞬間、
あっ!!画面が消えて再起動。
その後も、画面がすぐ消えます。バッテリをはずして、元どおり・・・になったと思うんですが。
『現在確認されている、端末がフリーズするという現象だけでなく、付随してほかの問題が起こる可能性もあるので、手持ちの製品で不用意に試さない方がいい』って別の記事に書かれていました。(-_-メ)

ちなみに、「目の付け所がシャープでしょ・・」のシャープ製品は個人的にとっても好きなので、今のところ、手放すつもりもないです。
それより、DoCoMoのサイトでは、これらのことは何も公開されてない方が不満です。

シャープ製携帯電話、一部機種1千万台に不具合(読売新聞)
NTTドコモとボーダフォンのシャープ製携帯電話端末の一部で、特定の文字列を入力すると突然、再起動するなどの不具合が起きることが18日分かった。
いずれも漢字変換のソフトウエアが原因で、不具合の起きる機種は約1000万台に上るとみられる。
両社によると、不具合が見つかったのは、NTTドコモの「SH902i」など10機種・522万台と、ボーダフォンの「905SH」など17機種・524万台。
不具合のある機種でメールを作成する際、語尾に「まくっちゃ」を含む言葉や、「かぜがなおりかけた」といった特定の言葉を入力して、一度に漢字変換しようとすると、突然作動しなくなったり、自動的に再起動したりすることがあるという。
関連 I
Tmedia シャープ製携帯の一部、特定の文字入力でフリーズ
「みられまくっちゃ」でフリーズ――シャープ製端末搭載shoin4に不具合か?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

神戸電鉄 あわや・・・

事故が続く神戸電鉄で、惨事になりそうな事故が発生しました。通勤通学の時間帯での事故でしたが、電車が通っていなくてよかったです。

阪神高速から車転落、バウンドし線路越える(神戸新聞)
000608311









二十八日午前八時十五分ごろ、神戸市北区山田町藍那の阪神高速北神戸線南行き車線で、乗用車が左側ガードレールを突き破って、約十メートル下に転落し、乗用車の男女二人が全身を強く打って死亡した。転落した乗用車は、阪神高速の下をくぐっている神戸電鉄粟生線の架線を切り、西鈴蘭台-志染間の運転が二時間半以上、ストップした。阪神高速南行き車線も事故処理のため、しあわせの村-藍那間が午前十時半から約二時間半、通行止めになった。
神鉄粟生線は事故のあった午前八時台、上り六本、下り四本の電車が走っていたが、巻き添え惨事は免れた。
兵庫県警高速隊によると、死亡したのは、西宮市山口町、無職の男性(53)と、妻(53)。
 調べでは、現場は二車線で、ゆるい右カーブ。乗用車は高さ一メートルのガードレールを約四・四メートルの区間にわたって突き破り転落。阪神高速下で、交差する県道を飛び越え南側の駐車場でいったんバウンドし、さらに神鉄の線路を飛び越えて、南側の竹やぶに突っ込んだとみられる。竹やぶは、転落地点から約百メートル南だった。
神鉄は西鈴蘭台-志染間をバス十七台で代替輸送。約千人が影響を受けた。新開地-西鈴蘭台と志染-粟生で折り返し運転していた。レールに損傷はなく、午前十一時ごろ、運転を再開した。
転落現場は神鉄西鈴蘭台-藍那間。周辺には駐車場やマンションが点在している。
事故現場近くの藍那小学校では、六人が神鉄を利用しているが、発生時にはすでに登校しており、影響はなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧