2010年6月19日 (土)

iPadを使ってみる

iPadを購入して3週間が過ぎました。
Wi-Fi+3G 32GBモデルを店頭で衝動買いしてしまいました。

これまで、MACパソコンも、iPodもiPhonも全く触ったこともなければ、買ってみようと思ったこともなかったのですが、今度ばかりは、いくらなんでもどんなものかかじっておかなければと思い入手しました。
Windowsに対しては、おそらく上級者の中に入れてもらえるのではないかと思うのですが、それだけガチガチWindows頭の私です。まずは、ともかくWindowsとの互換性や仕様などは全て切り離して、初心者に徹して触ってみることに。

シンプルで、面白いです。持ち歩きも楽です。
日本語に対応していないアプリも多々ありますが、なんとかなるものです。
買ってきてすぐに使うのは高校生の息子、次々画面を展開して、アプリをダウンロードして・・・さすが。
所有者としては負けていられない!!

仕事で使うということは全く考えず、手軽に移動時間を楽しんだり、子供とのコミュニケーションとして良い買い物をしたと思います。
それから、方向音痴の私は、地図が役立ってます。先日は、ミュージカルを見に行くのに、はじめていくホールまでの電車の時間だけでなく、駅から現地までの徒歩の道順で大変活用できました。

平日は、なかなか時間がないので、休日に設定を変更したり、新しいアプリを増やしたり、まだまだ、新境地いっぱい・・ある番組でデーブ・スペクターはもうiPadは飽きたと行っていましたが、私はまだまだ楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

「ミント神戸」オープン

明日、2006年10月4日、JR三ノ宮駅前に新しい商業施設「ミント神戸」がオープンします。
ここは、阪神・淡路大震災までは、「神戸新聞会館」があり、その中の映画館によく行ったものでした。
それから11年、やっと、新しいビルができて、ファッション・飲食・シネマ・オフィスなど多様な顔を持った複合ビルとして生まれ変わります。
神戸初、関西初のテナントも沢山入って、新しい顔になりそうです。
ターゲットはカップルだそうで、多様なカップルが楽しめるよう各フロアともかなり意識されているようです。
私の仕事のお客様の会社が出店されていますので、親しみと楽しみがアップです。
夕方、一日早く、内覧会に行ってきました。
さすが神戸といった感じです。グルメショップも、堅苦しくなく、それでいて安っぽさもなく上品で、いい感じでした。大阪とはひと味違いますよ。(ひいき目かなぁ)
行ってみたいところがいくつかありましたが、食べ物屋さんは、2軒、3軒とハシゴが出来ないので、足繁く通うしかないですね。

B1階は、神戸にもやってきました阪神百貨店の「デパ地下」。
こちらだけは、今日からオープンでしたので、人も多くてバス。
駅前ですから、利用客は相当なものでしょう。すぐ近くには他の百貨店やスーバーもあるのですが、影響は!?
私のお気に入りは、4階と5階。特に5階では、息子もあちこちで立ち止まっては動こうとしません。
時間が少なかったので、一通り見て、5階で雑貨をいくつか買いました。
それから、なんといっても私が一番期待しているのは、9~12階のシネマコンプレックス。
三宮のOS系の映画館がいくつか閉館されるのは残念ですが、ここに集約されて行きやすくなると思います。
すでに会員に登録済みで、12月まで使えるオープン記念の招待券も手に入りましたし、さて、最初は何から観ようかな。
既存の映画館もあの手この手のサービスを考えているようで、映画ファンとしては嬉しいですね。

続きを読む "「ミント神戸」オープン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

ディズニーキャラクターのノートPC

我が家のいつくかのパソコンの中の1台は、エプソン製です。といことで、エプソンダイレクトよりダイレクトメールが来ました。ディズニーキャラクターのノートPCが発売されるとのこと。
これまで、機能性に優れていて、価格も安かったので、製品としては評価していましたが、デザインは、シンプルでこれといった特徴もなかったように思いますが、ここで、クリスマスを控え、大胆に新商品の発売ですね。
これば、見逃せません。早速サイトを見に行きました。全部で9種類。ボディのデザインは、どれも可愛いくてオシャレで、大人から子供まで使えそうです。
サイトでは、写真などが詳しく紹介されていますが、概観だけでなく、スクリーンセーバーや壁紙、アイコン、動作音までキャラクターで統一できるように用意されていて、ディズニーファンにはたまらないです。
白のボディのくまのプーさんをちょっと狙ってみようかな。
アイコンのゴミ箱なんてどうしましょう、果物がいっぱい入っています。ん~。)^o^(

エプソンダイレクト、ディズニーキャラクターのノートPC(BCN)
エプソンダイレクトは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとキャラクターライセンス契約を結び、ディズニーキャラクターをデザインしたオリジナルノートパソコンを発売した。
ベースモデルは「Endeavor NTシリーズ」で、A41機種、B52機種の計3タイプ。それぞれ絵柄の異なる3モデルを用意した。いずれもBTOに対応しており、CPUやメモリなどの仕様をカスタマイズすることができる。
A4サイズの「Endeavor NT2800」をベースにしたモデルは、ダークメタリックのボディに、コミック調のミッキーマウスをデザインした。価格は最小構成10万7100円から。
B5サイズの「Endeavor NT350」をベースにしたモデルは、同じくダークメタリックのボディに、ミッキーマウスをシルエットでデザインした。価格は最小構成14万3850円から。
B5サイズの「Endeavor NT350 White Edition」をベースにしたモデルは、ホワイトカラーのボディに、ミッキーマウス、くまのプーさん、ティンカーベルのキャラクターイラストをあしらった。価格は最小構成15万1200円から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

マンハッタン・ジャズ・クインテット

「マンハッタン・ジャズ・クインテットJapan Tour 2005」神戸こくさいホールにて。
マンハッタン・ジャズ・クインテットは、よく来日していますが、初めて聴きに行きました。
4ビートジャズバンドとして結成され、メンバーを少しずつ変えながら今年は21年目を迎えたそうです。
現メンバーは、
デビッド・マシューズ(リーダー、アレンジ、ピアノ)
ルー・ソロフ(トランペット)
アンディ・スニッツァー(テナーサックス)
チャーネット・モフェット(ベース)
ビクター・ルイス(ドラムス)
デビッド・マシューズとルー・ソロフは結成当初から不動。
今回の曲目は
カム・トゥゲザー/ア・デイ・イン・ザ・ライフ/恋を抱きしめよう/テイク・ファイブ/アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー/A列車で行こう/ブルー・ポッサ/ミッシェル/アイ・ガット・リズム/枯葉/ザ・チキン/キャラバン
と、おなじみのジャズの曲や、ビートルズやクイーンの曲などが演奏されましたが、1曲が10分前後、アレンジやアドリブで原曲はどこへ~といった感じです。それぞれのソロがかっこいい!!
ルー・ソロフの愛嬌たっぷりの動きが面白く、トランペットのミュートは足もとに7つ、8つ並べられていたでしょうか、巧みに取り替えて演奏されました。
DSC01554デビッド・マシューズはとても日本語が上手で、曲目も日本語で紹介してくれました。字も書けるそうです。(^^ゞ
コンサート終了後は、パンフレットまたはCDを買った人対象にデビッド・マシューズのサイン会。私もしてもらいました。最近、この形式のコンサート、続いています。流行っているのか、はたまた偶然かしら。
マンハッタン・ジャズ・クインテットは『MJQ』と略されるそうですが、そういえば、昔「MFQ』( The Modern Folk Quartet)っていうアメリカで一世風靡したグループもありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

大阪フィル&アロージャズ

子供が「久々に現田先生の演奏会に行きたい」と言ったのがきっかけでした。曲がクラッシック&ジャズという珍しい組み合わせとあれば、行かないわけにはいきません。
小さい頃からジャズも聞かせていましたし、スィングガールズの映画にもはまってしまった子ですから、楽しみにしていました。始まる前は、舞台の上の2台のドラムや、他の打楽器に興味津々でした。なのに、演奏が始まると、前半うとうとしている我が子、オイオイ・・・☆α==(・・#)パーンチ
(やっぱり、末は、大馬鹿か大物か。)

ザ・シンフォニーホールで、指揮者を目当てに行く場合、最近ちょくちょくやるのですが、舞台のサイドのバルコニー席をあえてとります。今回もそうしたのですが、大フィルの打楽器の定位置(舞台最後列)にジャズバンドがずらーっと並ぶことで、打楽器は、舞台向かって左手に配置されました。ということは、私たちの真下で打楽器が鳴ります。
ワーグナーは、打楽器の音が先に聞こえて、バランスが良くなかったのですが、「題名のない音楽会」でおなじみのあの現田氏の優しい表情と指揮の様子はバッチリ。指揮をしながら楽しそうな笑顔がこぼれます。
合間に、現田氏がマイクを持って、トークをする場面もありました。

大フィルの気迫も伝わってきます。プログラムに書かれている曲は以下のものだったのですが、そのあと、まだまだ続き、いったいいつ終わるの?というくらい、多くの曲が演奏されました。ジャズの裏拍のリズムにわくわく。
この状態だと弦楽器の弓のプチンと切れるのが見られるのではと思っていたら、やはり、コンサートマスターの長原幸太さんの弓の糸が切れていましたね。
大フィルの打楽器奏者とジャズバンドのドラム奏者がまるでドラムラインのような展開を繰り広げ、会場を大きくわかせました。
最前列にいたので、前かがみになると、後ろの人がみえなくなるといけないと、できるだけ深く座っていたのですが、このときばかりは、バルコニーから身を乗り出してしまいました。(^_^;)
演奏後、ジャズバンドのすぐ前に並んでいる大フィルの金管セクションの人たちが、とても嬉しそうに振り返って、拍手をされていました。観客と同じ気持ちなんでしょうか。
奏者も観客も楽しめた演奏会だったと思います。

大阪フィル&アロージャズ
~スペシャル・コラボレーション~ 〈ウエストサイド物語〉
10月18日(火) 19時開演
大阪 ザ・シンフォニーホール
指揮 現田茂夫
共演:北野タダオ&アロージャズオーケストラ
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
《大阪フィル》
ワーグナー/楽劇「ワルキューレ」より “ワルキューレの騎行”
ワーグナー/歌劇「タンホイザー」序曲
《アロージャズ》
デュークエリントン/The Mooch
カウントベーシー/Shiny Stockings
ベニーグッドマン/その手はないよ
グレンミラー/ムーンライト・セレナーデ~イン・ザ・ムード
《大阪フィル&アロージャズ》
バーンスタイン/ミュージカル「ウエストサイド物語」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

やっぱり ボバ・フェット

chara_bfchara_ct先日、I・O DATAのスター・ウォーズシリーズのUSBメモリについて、アップしましたが、残りの製品はやっぱりボバ・フェットでした。
もう一つが、クローン・トルーバー。
あと3つって発表されていたのですが、2つだけになったのでしょうか?
ヨーダを期待したのですが・・・(;_;)
ん~、どうしようかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

買ったばかりなのに

「スター・ウォーズ」USBメモリの「R2-D2」を先日買いました。
小さいのですが、重量感があり、ネックストラップもついて、なかなか満足しています。
といっても、一度手にして、再びきれいに箱に納めました。(^_^;)
(普段は、ディズニーのPoohさんのUSBメモリを使用しています。)

それはさておき・・・
dvhs"好評につき第二弾!人気キャラクター続々追加"だそうで。「ダース・ベイダー」の別パターンと「ハン・ソロ」が8月中旬に発売されました。
え~、どうしましょう!?カーボナイト冷凍にされた「ハン・ソロ」ですよ。おぉ~!!欲しい。
それだけでなく、近日中に、あと3点発売されるんだとか。
集めたくなる~って、私のように思う人がいっぱいいるから、どんどん出てくるわけで。
この感情をなんとかおさえなくては。(;_;)

あとの3点に、「ボバ・フェット」が出てきそう・・・希望的観測ですが、ボバファンの同僚は、ボバか出なくて何が出る?と言い切っています。となるとカーボナイトのハンソロを運ぶボバの両方を買うそうです。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月31日 (日)

LAST SHOW

LAST SHOW -ラストショウ-
公演日程 2005年7月28日(木) ~ 7月31日(日)
会場 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
作・演出 長塚圭史
キャスト 風間杜夫/永作博美/北村有起哉/中山祐一朗/市川しんぺー/古田新太

キャストと演出家が良さそうという理由だけで、ストーリーもわからないま行ったお芝居でしたが、頭にガーンとくるような舞台でした。
笑えるところは多々ありましたが、役者さんたちの素晴らしい演技のもと、とても奥深いものでした。
狂気、ねじ曲がった人生観、社会問題、生死・・・どういう構想であのような演出ができるのでしょう。
舞台では珍しくグロテスクで目を背けたくなるような怖いいシーンもありました。
そんな馬鹿な・・・ありえない・・・っていうようなことばかりであるにもかかわらず、どんどん引き込まれ、なんだかよくわからないまま涙しました。
楽日ということでしょうか、長塚氏も最後に客席から舞台に上がり、簡単な舞台挨拶もありました。
終演後、しばらく言葉を失いましたが、魅力的な舞台でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

Music Baton

まりあさんから、バトンを渡されたので、参加します。
ちょっと、チェーンメールっぽいカンジもありますが、バトンを渡され側で参加の意思を決められそうですし、くっきもさんみゅーみゅーさんも参加されてるので、私も宿題に答えてみます。

ミッションは5つ

1.Total volume of music files on my computer
 (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

38Gちょっとです。結構入ってましたね。こちらから、Sonyのネットワークウォークマンにいくつか入れて持ち歩いています。

2.Song playing right now
 (今聞いている曲)

最近、あまり音楽は聴く時間がないのですが、声楽のレッスン曲をいくつか聴いています。
イタリア古典歌曲です。

3.The last CD I bought
 (最後に買った CD)

氷川きよし演歌名曲コレクション5
なんで突然・・・と思ったのですが、プロモーションビデオを見て、衝動買いです。(^_^;)

4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
 (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

1.アヴェ・マリア(シューベルト)・・・バッハ、アルカデルト、リスト、ブラームスなどではなく、シューベルトのアヴェ・マリアをいつかは人前で独唱してみたいなんていう、大胆な夢があって。
2.ハロー・グッバイ・・・柏原よしえも好きですけど、ポール・マッカートニー のこの曲は、歌いやすいので。
3.乾杯グラス・・・フォーリーブスの曲なのですが、再結成してからこの曲を聴いたとき、メンバーが若いときに歌っていたのとずいぶん雰囲気が変わって、年齢に合った大人のムードがしっとりと印象に残りました。
4.オリビアを聴きながら・・・少し古い曲ですが、尾崎亜美のピアノの弾き語りをするこの曲が好きです。
5.22歳の別れ・・・初めてかぐや姫を聴いたのは小学生でした。かぐや姫といえば、「神田川」「妹よ」なんでしょうか、でも、この曲もいいなぁ。

5.Five people to whom I'm passing the baton
 (バトンを渡す 5 名)

バトンを渡されてから、アップするまでに時間がかかりすぎて、あちらこちらにまわってどなたに渡していいかわからないので、パス。(^_^;)

ふぅ、やっと、宿題ができた~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

Folk West 2005

fw20055月の終わりに行ったAmerican Folk Festivalの出演者もいくつか出演の「Folk West 2005」が、神戸三宮のクラブ月世界で開催されました。
出演バンドは、ベイサイドクラブ・バンド/バラーズ/きたむらいずみ&ドギーズ/チャリオット・シンガーズ/マッシュ リカー/J・クロス/レイニーブルー/レインボートゥリー。
クラブ月世界は職場のすぐ近くにありますが、初めて行きました。昔からあるキャバレーが現在の姿になったものですが、ミラーボールがキラキラ・・・ほぉ~、こういうところなのか・・・(^_^)
いろんなジャンル、楽器、トーク・・・アマチュアバンドですが、盛り沢山でとても楽しいものでした。
会場は満員。友人、知人などの関係者が多いとは思いますが・・・(^_^;)
それでも、年齢を重ねても、活動を続けられるというのは、立派だと思いますし、羨ましいです。エネルギッシュなおじさま、おばさまは素敵ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)