2009年2月 4日 (水)

癒しをありがとう

Photo今朝、ぺっとのウサギが息を引き取りました。
我が家にやってきて、もうすぐ5年のウサギが病気になったのが10日ちょっと前。
片足が麻痺し、すぐにもう片足も。数日前には、背中から腰のあたりに、腫瘍が見つかりました。
動物病院ではもう治らないだろうから、あれこれするより、家族の元で見守られて生活するほうがいいと言われました。
知り合いの人がウサギを専門に見てくれる病院が近くにあると紹介してくれたので、行ってみようかと考えいたところでした。
朝、私が起きてきたときは、じっとしているように見え、変化には気付きませんでした。
子供が起きてきたら、ウサギが鳴き出したのです。息子を呼んでいるかのように、小さくて高い声で「くうくう」とか「チー」というような感じでしょうか。
ウサギは普通では鳴きません。少し抑えつけたりすると低い声で「ぐぐぐ」と言うよな声を出します。
初めて聞く鳴き声です。
子供が抱き上げるとおとなしくなりました。体温がずいぶん下がり冷たくなっています。
子供が「ゆき」と呼べば反応します。
ヒーターの前でタオルにくるんで抱っこしたまま温めてやりました。でも殆ど動かず、私たちの声はなんとか聞こえるようでした。
大好きなジュースをスポイドを使って口に入れてやったあと、静かに床に置きました。
まもなく息を引き取り、首がだらんとなってしまいました。
学校に行く前のあわただしい時間ですが、時が止まってしまいました。
子供は号泣。
でも、ウサギは、いちばんかわいがっていた息子のことをよくわかっていて、息子が起きてくるまで頑張って、息子が学校に行く前にお別れをしてくれました。
とてもおりこうな家族です。
長い間、一人っ子の息子の友達でいてくれてありがとう。私たちをかわいい顔と動きで沢山癒してくれてありがとう。
息子の携帯電話には先週撮った最後の写真が残っています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

インフルエンザ

インフルエンザにかかってしまいました。A型です。
11月上旬に予防注射はしましたが・・・それでも3割くらいの人はかかるそうで、その3割に入ってしまったわけですね。

突発性難聴の治療が続いていて、ビタミン剤を飲み、先週は、歯科で親知らずを抜歯し、抗生物質や、鎮痛剤を飲んでいるのに、風邪をひいたり、熱が出たりというのはどうも怪しいと思い、休日ですがすぐに近所の救急病院に行きました。

Aソ連型は、タミフルが効かないとメディアで報道されています。
検査では、A型とB型の違いはわかりますが、Aソ連型かA香港型かは、区別できないということなので、タミフルではなくリレンザを処方されました。

対処が早いので、おそらく、回復は早いと思われますが、保菌状態なので、また数日仕事をお休みすることになります。

とてもとても忙しい時期なんですが、出勤して他の人にうつすわけにはいきません。
皆さんごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

うざぎの病気と突発性難聴の回復

昨夜うさぎのゆきの歩く様子がおかしいことに気づきました。
右足をひきずっています。
ゆきのお気に入りの場所は、和室の3枚重ねの座布団の上ですが、そこに上るときも右足はブラブラ。
夕方には気づかなかったのですが、いつからだったのでしょう。
そういえば、ここのところトイレではないところで、排便することがよくあるので、そろそろ歳をとってきたのかなぁと話していたところでした。今考えてみると、今週になってそれが急に多くなっていました。
少しずつ、兆しがあったのかもしれないのに、どうしてもっと早く気づいてやれなかったのかと悔やまれます。
どこからか落ちたとか、ひっかかったとかの心当たりは全くないのですが、骨折していると思われたので、今日夕方息子が、部活動を休んで病院に連れて行きました。
レントゲンを撮って、骨折はしていないということ。足も腰も骨盤も。
安心したいところですが、事態はもっと深刻なようです。
脊髄を圧迫しているような感じで、右足は完全に麻痺してたそうです。
原因は全くわかりません。
とりあえず、10日間薬を飲んで様子を見ることになりました。
骨折ではないので痛みはないのが救いですが、悪くなれば両足麻痺してしまうかもわかりません。
薬でよくなるかどうかもわからず、手術をしたら治るかもわかりませんが、可能性の割合もゆきの負担も今はどれくらいかわかりません。
とりあえず、様子をみて、今後の治療を考えることになりました。

もらってきた粉薬はなんと1回の量の少ないこと。吹けば飛ぶくらい。
人間の赤ちゃんの薬のようです。そりゃそうですね。体重2キロもないうさぎですから。^_^;
1日1回、ジュースに混ぜて、スポイドを使って口に注入します。
あとは、出来るだけ好きなものを食べさせてやって、ケージから出さないで安静にさせてやって下さいとのこと。
トイレに移動することができないのでその場でする上に、きれい好きで、自分の身体をいつもきれいに手入れしていたのに、それもできないので、足の裏や、お腹が汚れてきてとてもかわいそうです。

ところで、息子が言うには、その薬は確かステロイドって言ってたと思うと。
ステロイドを10日間飲んで安静に・・・
10日ほど前に全く同じことをどこかで聞きました。
そう、私と一緒だねと息子と笑いました。

おかげさまで、私も治療して10日、2日ほど前から、生活音は殆ど普通に聞こえるようになり、耳鳴りも治まり、少し違和感が残っていますが、順調に回復しました。
我が家にやってきて4年7ヶ月、大事な大事な家族です。特に一人っ子の息子にとっては、小学生から一緒にいたので、犬よりも愛着があるようです。
ゆきも、私と同様に回復しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

突発性難聴

浜崎あゆちゃんで話題になった突発性難聴と診断されました。びっくり。
その名のとおり、突然発症するそうです。
私は、元気ですよ、どこも痛くないですよ。ただ、耳に違和感があるだけで、何でも日常どおりで出来ますよ。
それでも、文科省が難病に指定している・・・それはもしかして、結構大ごとなんでしょうか。


<2009/1/10 夕方>
自分の声が、2重に聞こえます。歌を歌うと、1人で二人の声がします。これは楽しい。(・∀・)♫。
音程は同じなので、デュエットではなくユニゾンかな。


<209/1/11 朝>
声は1つに聞こえます。でも、違和感。気圧が変わって、耳がつまった感じが常時。
台風が近づいたり、極度の低気圧が通過すると、私の耳は同じような症状を起こしますが、この日はそこまで低い気圧の通過はなし。


<209/1/12 早朝>
吐き気がして目が覚め、トイレへ。昨夜9時半頃に食べたものがまだ消化されず残っていた。
胃がとても弱い私は、消化が遅く、これは初めてではない。正月からの連休が重なるので、日ごろは少食なのに、つい油断して暴飲暴食をしてしまい、そろそろ危ないので、気をつけなきゃと思った矢先にまた、やってしまった・・・という感じ。
その後、飲み物だけで、固形物は口にしなかったので、吐き出すものはもうなかったが、1日中胃がムカムカと39度の熱。
3回の胃薬と1回の解熱剤で夜にはとりあえず治まる。
よくある症状で、明らかに消化不良なので、これが、難聴に関係があるかどうかは不明。


<2009/1/13 朝>
右の耳が聞こえない?気のせい?よく聞いたら聞こえるしなぁ。でも音が小さい!?
右耳を塞いでも、聞こえる音はあまり変化なし、左耳を塞ぐと、明らかにやや小さいぞ。


<2009/1/13 夜>
一日胃に違和感があったので、薬を飲み、食事もほとんどしなかった。
指を耳に入れたり出したりすると、右耳だけ「ブンブン」とスピーカーのノイズのような音がする。なんじゃこりゃ。


<2009/1/14 朝>
やっぱり、右耳は聞こえてない。気のせいではない。唾を飲み込んでも、あくびをしても右耳はそれにあわせてブンブンブン、姿は見えないけど、蜂が飛ぶ。
胃の調子は、ほぼ完治のよう。

昼間は、人の声も少し2重に聞こえたり、こもって聞こえたり、変だ・・・変だ・・・

続きを読む "突発性難聴"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

映画「明日の記憶」

昨夜、17日放送の「徹子の部屋」に俳優の渡辺謙さんが出演されていたので、録画をして見ました。
先日、南果歩さんとの結婚された話題も少し出て、お幸せそうでした。
徹子さんが「ハリウッドにずっと滞在しているのかと思えば、日本でこのような映画を作ってらしたのね・・・」と紹介されたのが来月から公開される「明日の記憶」。
荻原浩さん原作で、山本周五郎賞を受賞した作品です。
渡辺さん自身は、かつて急性骨髄性白血病で過酷な闘病生活を送ったので、これまでは、仕事でも「患者役は軽々しく演じられず、お断りしてきた」ということでしたが、今回は、渡辺謙さんが自ら原作に感銘を受けて、映画化したいと、原作者に手紙を書いたそうで、映画では、エグゼクティブ・プロデューサーもつとめられました。
渡辺さんは患者や家族がこの映画をどう受け止めるか、当事者たちが納得できないものは、映画化する意味がないと言い切り、認知症の当事者と家族との交流会を開き、映画を見て意見を交換したそうです。
今日、午後8時よりNHK教育テレビの「福祉ネットワーク」でその様子が放送されるようです。

映画を夫婦、親子、家族や身近な人と一緒に観て、一緒に考えて欲しいということでした。

関連 2006年4月3日 読売新聞 医療と介護

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

白血病患者支援チャリティー開催へ

昨日本田美奈子さんの通夜が、今日10時から葬儀が行われました。
遺影として祭壇に飾られた写真は、 昨年11月にカレンダー用に撮影されたものだそうですが、それはそれは綺麗で、笑顔が素敵で、テレビ流れる映像を見ながら、涙がこぼれました。
棺の中にはファンからの手紙や20周年を記念して作った着物、治療の時にいつも握りしめていたコアラのぬいぐるみが納められ、美奈子さんはパジャマ姿で、足にはペディキュアがきれいに塗られていたそうです。
通夜での南野陽子さんのインタビューで、「私のこんな話よりも、美奈子ちゃんの歌をいっぱい流して欲しい」という言葉が、ますます涙を誘いました。
悔しい思いで天国に行った美奈子さんの遺志をずっとずっと継いでいって欲しいです。
pfuln20051109006005

白血病患者支援チャリティー開催へ(スポニチ)
LIVE FOR LIFE――。「生きるために生きる」というプロジェクト名は本田さんが病床で名付けた。通夜終了後、所属事務所の高杉敬二エグゼクティブプロデューサーが会見し「これは彼女が残してくれた財産。大事に大事に、末永くやっていきたい」と強調した。
(中略)
その遺志を継ぎ、発起人になったのは本田さんがミュージカルに挑戦した当初から歌唱力を高く評価し、病床でも一緒に復帰作を話し合っていた恩師の作詞家、岩谷時子さん(89)。ほかにも親交の深かった歌手の岩崎宏美、松崎しげる、作曲家の井上鑑氏ら計17人が名を連ねた。これから歌手仲間などに呼び掛け、早ければ来春にも追悼を兼ねたチャリティーコンサートを開催する。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年1月17日 (月)

1995.1.17 5:46

阪神・淡路大震災から10年。
自分の中では、思い出したくないことの多くが記憶から消されてしまっているような気がします。思い出そうとしても封印してしまって思い出せないような。逆に、どうしても忘れられないことも多くあります。当日の光景は目に焼き付いて離れることはないでしょう。
被災した頃、なかなか周りの人に言えなかった「ありがとう」という言葉。落胆し、余裕もなく、言いそびれた言葉です。
あらためて、多くの人に支えられたことに感謝します。
テーマに掲げられた『神戸からの発信 してきたコト、これからするコト・・・』心に刻みながら・・・

朝、出勤時には、追悼式に天皇・皇后両陛下が出席されるということで、ものものしい警官とパトカーの数、白バイも連なって警備しているのを目にしました。
今日、報道番組を見ることは、必要なことかもしれませんが、私は避けようと思います。

続きを読む "1995.1.17 5:46"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004年11月16日 (火)

インフルエンザ予防接種

急に寒くなってきました。風邪も流行り始めています。職場でも順次感染中。
昨年は、インフルエンザがあまり流行しませんでした。初期症状がSARSと見分けにくいことから、予防接種を推奨するポスターなどがそこここに貼られていたおかげで予防接種をする人も例年よりは多かったのでしょうか。
今年は災害などの当たり年?インフルエンザも例年になく早く流行し始めています。子供の友人のところでは家族のうち2人が既にかかりました。(こんなものの流行には敏感になりたくないですね。(-_-;))どこかの学校では学級閉鎖もあったとかなかったとか。
最近は学校で集団の予防接種が無くなったので、親の判断で子供を病院に連れていかなければなりません。しかも小学生は2度の接種が必要です。うちでは、11月に入ってすぐに1度目に連れて行きました。3週間後2度目に行きます。保険が利かないので、2回で7,000円くらいかかるのですが、高熱で何日も苦しむよりいいですよね。
この季節、仕事が忙しくなるので、私は近年毎年受けるようにしています。今年も行ってきました。確か、型の当たりはずれがあるのでしたっけ、ですからこれで安心ということはないですが・・・
ところで、このインフルエンザの予防接種は、私が入っている健保組合からは、代金が全額補助されます。1回接種でも2回接種でも。被保険者だけでなくその扶養家族も対象です。これは助かりますね。(この特典のために、健康保険だけ子供を私の扶養にしようかなんて思うこともありますが。^^;)
夫の会社では、集団接種が出来て、料金も健保組合から一部補助されるので、申し込んだそうです。
我が家では、とりあえず、対策をしましたが、油断は禁物。基本は、手洗い、うがい、睡眠、健康管理には十分注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)