« 更年期の兆し? | トップページ | 2008.12.20 腹部エコー検査 »

2009年1月 5日 (月)

2008.12.6 胃カメラ検査

11月に受けた生活習慣病検診で異常がない背景に実は胃の検査をしていない。
というのも、2000年に初めて受けた検診でバリウムを飲んだとき、変な液体を飲むのも、グルグル振り回される検査そのものも辛かった上に、検査後、下剤を多めに飲んだにも関わらず、次の日になっても便が出なくて、挙句の果てに、文面には書けないほど悲惨で苦しい思いをしたので、それ以降バリウムの検査はしないことにした。
あんな過激な検査、病気の人は出来ないんじゃないの!?健康な人も悪くなりそう・・・みんなよく平気でいられるのが不思議。

元々胃が弱いので、若い頃から胃カメラの検査は何度か経験していて、私にとっては、バリウムに比べたらよっぽど楽なので、個別に定期的に胃カメラの検査をすることにしている。
昨年末の胃の不具合も気になっていたので、ここいらでしばらくぶりに胃カメラ検査をすることにした。
検査の2日前に、問診で、出された薬は、以下を7日分。
プロテカジン錠10㎎を1日2回(胃酸の分泌を抑え、胃潰瘍や胃炎を治療する)
ガスモチン錠5㎎を1日3回(胸焼け、嘔吐を改善する)

テレビで見たり、人から聴いていたりで、ちょっと興味があったので、口からより楽だという鼻からの検査に挑戦。
検査だというのに、この好奇心はどうしたもんだろうか。^_^;

確かに口からよりずいぶん細いけど、想像より太くて、こんなものは鼻に入れて痛くない?
結論から言うと、基本的に口からでも苦しくなかった私は、次からはやっぱり口からにしよう。(*^_^*)
鼻からだと、喉を通る不快感は緩和されるし、検査中も話ができるし、悪くはないんですが、事前に鼻から麻酔を入れるときの不快感と、検査後5~6時間、鼻の中が痛い、鼻水は止まらない、涙が出て辛かった。

で、検査の結果はというと、異常なし。
過去の検査と比較して一番まともな胃の中。
いつもは擦過傷のように赤くただれたり、ポチッと小さい腫れ物があったりがほとんど見当たらない。
やれやれ・・・よかったよかった。
でも、じゃ、どうして胃がもたれるの?

ドクター曰く、神経性でしょう。
一応、腹部エコーもやってみましょうということで、後日検査決定。

|

« 更年期の兆し? | トップページ | 2008.12.20 腹部エコー検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/43815530

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.12.6 胃カメラ検査:

« 更年期の兆し? | トップページ | 2008.12.20 腹部エコー検査 »