« 治療27日目 | トップページ | 歯の痛みが治まる »

2009年2月10日 (火)

歯科通院

抜歯をしてちょうど2週間。
毎日1~2回鎮痛剤を飲んでいる。ガマンしようとするが、やはり痛みがひどくなるので薬に頼る。
3日前に鎮痛剤が切れ、予約日ではないが薬だけをもらいに行ったくらいだ。

今日の診察は、抜いた歯の部分写真を撮った。
先生が、それを見ながら、「どうしようかな」と漏らした。
骨に歯の先がくっついてしまってまだ残ってるらしい。
炎症はましになっているが、治まってない。
中途半端な状態で、神経に一番近い部分なので、痛みが大きいらしい。
今の状態で歯の残りを掻き出して抜くのは不可能なので、炎症を一気に抑えるため、強めの抗菌抗生物質ケテック錠300㎎が出された。
1日1回、24時間ごとに同じ時間に3日間2錠ずつ飲むようとのこと。
また難しいこと言われた。^_^;
きちんとパッケージになっていて、1日目、2日目、3日目と順に並べられ、日付も記入できる。
いかに規則正しく飲むことが必要かということであろう。
夕食後か、寝る前に飲むのがいいようだ。
というのは、注意書きとして、別にカラー刷りのチラシをもらった。
そこには、『高いところでの作業、自動車の運転、危険を伴う機械の操作は行わないで下さい。
飲むとまれに突然気を失ったり、物が見えにくくなったりすることがあります』などと書かれている。
なんか、怖い・・・・
炎症が治まると残った歯は、浮き上がるか、歯茎の中に入っていくかどちらかになるらしい。
浮き上がってきたら、すぐに取ってしまう、埋まってしまったら、以前上の歯を抜いたときと同様に骨と同化されて硬くなるようだ。
できれば、もう触りたくないので後者であって欲しい。

|

« 治療27日目 | トップページ | 歯の痛みが治まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/44019563

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科通院:

« 治療27日目 | トップページ | 歯の痛みが治まる »