« 発熱 | トップページ | リレンザ »

2009年2月 1日 (日)

2009.2.1 インフルエンザ

ウソでしょ・・・次はインフルエンザ!?
難聴の治療でステロイドを飲んでいる間は、感染症にかかりやすいと言われていたが、投与が終わって1週間では、まだ抵抗力も正常ではなかったのだろうか。
インフルエンザなんて20年近くかかってなかったのに。

11月上旬に予防接種済。
最近の予報接種は、Aソ連型(H1N1)、A香港型(H3N2)、B型の3種類の混合ワクチンで、このうちどの型が流行しても効果があるそうで、予防接種をしてインフルエンザにかかる確率は3割程度・・その中に入ってしまったよう。
判定はA型。

一昨日夕方、咳が少し出て喉がイガイガしてきた。
昨日午後から微熱、夕方38度まで上がるが、インフルエンザにしては低めの熱だと思い、歯科の鎮痛剤をやめて、ロキソニンを飲み、一旦熱は下がったが、今朝また38度。
突発性難聴の治療が続いていて、ビタミン剤を飲み、先週は、歯科で、抗生物質や、鎮痛剤をもらってるのに、熱が出たり、下がらなかったりというのは怪しいと思い、休日なので近所の救急病院に行った。

Aソ連型はタミフルが効かないと言われている。
検査では、A型とB型の違いはわかっても、Aソ連型かA香港型かは、区別できないということなので、タミフルではなくリレンザ(1日2回)と解熱剤としてカロナール錠(1日3回)を処方された。
対処が早いので、おそらく、回復は早いと思われるが、熱が下がって2日は保菌状態なので、明日、明後日くらいは、出勤はしないで、自宅で仕事。
家でも、家族にうつらないよう自室で隔離状態。
大幸薬品のクレベリンやウィルシールドがよさそうなので、使用してみよう。

参考:
私の風邪・インフルエンザ対策
解説委員室 スタジオパーク 「タミフル効かないAソ連型急増」
中外製薬 インフルエンザ情報サービス
インフルエンザ潜伏期間|知っておきたい潜伏期間情報

|

« 発熱 | トップページ | リレンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23990/43932732

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.2.1 インフルエンザ:

« 発熱 | トップページ | リレンザ »