2009年7月23日 (木)

疲労が原因?

昨日、左耳が聴こえなくなりました。以前突発性難聴になった右耳ではなく、反対の左耳。
職場の電圧が低く、UPS(無停電電源装置)がピーとよく鳴ります。1分ぐらい鳴り続けることがあるのですが、その音が一定ではなく、何度も小さくなったり大きくなったりするので、機械の調子がよくないのだと思っていました。
まわりに聞いてみると他の人には一定に聴こえるとのこと。
その事実を知ったときは、血の気が引きました。
音が小さくなったときに、左耳を押さえると右からは聴こえます。右耳を押さえると全く音がなくなります。
今は、どちらも同じように聴こえるので、様子を見ています。

回復といえば、右耳はよく聞こえています。しかし、発病前にはほとんどなかった耳鳴りは、頻繁に起こります。
ブンブンという低い音の耳鳴りも、ピーという高い音の耳鳴りも。
すぐに治まるので、気にしないようにしています。

最近、仕事で精神的ストレスが多くて疲れているので、こういった症状がでるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

治療62日目 治療終了

聴力検査をした結果、高音を除いてはほぼ正常に戻った。
聴こえにくい高音域も生活音には影響なし。
耳鳴りの回数も大幅に減ったので、長かった投薬治療と通院がようやく終了。

何度も何度も病院で、よく療養する、神経をあまり使わない、よく睡眠をとるというような指導をされた。
私には本当に難題だったが、出来る限りの努力はしたつもり。
さすがに、2月後半からは、もう気を遣ってる余裕はなく、かなりハードな仕事をこなし、一日4時間ほどしか睡眠時間がとれない環境になってしまったが、それでも悪化することはなかった。
耳鳴りは時々残るかもしれないが、基本的には再発はしないとのことなので、あまり気にしないようにして、これまでの生活をしていこうと思う。
でも、今後は自分で頑張るのではなく、後輩育成に力を注ぐようにと身にしみて感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

治療41日目

耳の状態にはあまり変化ない。
生活音は普通に聴こえていて、耳鳴りが時々起こる程度。
もう、おそらくこれ以上の変化はないと思われるが、まだ安定はしていないと診断された。
ビタミン剤をもうしばらく飲み続けて治療継続。

耳はさておき、時々咳が出るようになったので頓服薬10回分、咳が出るときだけ用に処方された。
シロップ3種 フスコデシロップC-チステンシロップ5%ホクナリンドライシロップ0.1%小児用
これらは、もともと気管支の弱い私は、過去にも処方されたことがある薬。
副作用がちょっとやっかいで、注意書きには、
「5~6時間あけて飲むこと。まれに眠気がすることがある。まれに便秘をすることがある。動悸・手指のふるえなどが起こることがある。」
と書かれている。
この"まれに"は曲者。ぜんぜんまれにではなくて、眠気はそんなに気にならないが、便秘が半端ではない。
以前知らずに、まじめに薬を飲んでいて、咳もとまって喜んでいたら、とんでもない事態に。
次に病院に行ったときに、便秘はしなかったですか?と質問されて、そんなこともっと早くに言っておいてほしいと思ったくらいひどい目に遭った辛い過去が思い出された。
当時のことを先生に相談したら、1回に飲む量を普通の半分にしなさいと、それでも十分効果はあるんだとか。
あとは、大量の水を一緒に飲みなさいとのこと。
まぁ、頓服なので、出来るだけ回数も減らして調整することにした。
もう1つの副作用・・・
仕事中に咳が出るのが辛いので、朝は飲んでから出勤するようにしていると、職場に着いた頃に、手が震えてペンが持てない。
1時間もすれば、普通にもどるのだが、まぁ、この薬は、本当に厄介だ。wobbly

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

2009.1.24 歯科通院

夜更かししても大丈夫・・というわけではないけども、じっとして眠れないよりはと、普段とおりのペースで、昨夜は午前1時半頃就寝。
朝は、いつもどおり起床。子供のお弁当作って、いつも通りの生活。この平凡さがたまらなかったりするwink

虫歯は、早く治療をした方がいい状態、それより、歯茎の腫れもまだひかないし、あれあれ、なんとまぁ、鏡で口の中を見ると右頬のちょうど裏側部分に、白い斑点が3つ4つ。
口内炎もできてきた!?
早速、朝、歯医者に電話して、完全予約制なので、今日の飛び込み診察が可能かどうかを尋ねると、朝一番、すぐに来てもらったら大丈夫と言われ、全て放って、急いで出かけた。
急いで歩いて3分。
診察台にすぐ座り、耳のことも含めてこれまでの経過を説明。
案の定、親知らずなので、ごちゃごちゃ触るより抜いてしまいましょうということになった。
ところが、歯茎の腫れがあると麻酔も効きにくいし、抜くことも危険なので、まず化膿を止めてしまわないといけない。

ひとつ薬が減ったかと思えば、また薬が増えた。coldsweats01
抗生物質をもらった。ビタミン剤と一緒に飲んでも大丈夫。
タイミングとしては無駄がないかな。
自力でなかなか菌をやっつけられなくなっていたところに、抗生物質メイアクトMS錠が処方され、これで出血も腫れも炎症もみんな治まっていくことだろう。
3日間飲んで、来週火曜日に抜歯決定。
歯を抜いたら肩こりも治まると期待している。
早く全ての痛みから解放されたい!!

続きを読む "2009.1.24 歯科通院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

治療10日目 通院 結果良好

当初治療の目処として予定していた10日目。
耳鼻科で診察を受けた。
聴力検査は、もう少し聴力が安定してから測定するとのことだが、回復は順調で、予定通りステロイドの投与は明日の朝、最後の1錠で終了。
今後悪くなる可能性は、ほとんど考えにくいということで、一安心。
あと2週間、ビタミン剤と血流をよくする薬を続けると、もう少しよくなる可能性あり。
生活も重いものを持つなど無茶をしないようにすれば、普段の生活に戻ってOK。
当初は、とても深刻になり、統計的にも、治る可能性があまり高くなかったので、回復しないのではかとずいぶん心配で憂鬱だった。
早期発見、早期治療の効果がこんなにあるなんて、ほんとうに嬉しい。

さて、耳の回復傾向とは裏腹に、ここ数日次々起こる症状は、やはりステロイド剤の影響だったようだ。
なかなか医者の言うことを聞かなかった(?)私の自力での免疫力回復は、ゆっくり薬を減らしていったにもかかわらず、きちんと追いつかなかったようで、ステロイド投与の終わる頃に、感染症で出血する今回のような症状が出ることがあるそうだ。
耳の後下が痛むのも、耳には異常なかったが、喉は心なしか赤くなっていると言われた。
咳は出ないから風邪は大丈夫そうなので、これらの症状はまもなく治まってくるとのこと。

子供が中学に入った頃から、仕事が急に忙しくなって、かなり無理をしてきたと思う。
いつか身体をつぶすのではと思うくらい精神的ストレスもあった。
昨年秋頃、いよいよ限界を感じ対策を考えて始めたところに、次々身体に変調が現れ、ついにこんなことにまでなってしまった。幸い回復はしたものの、これを機に、もう無理はきかなくなった自分の年齢も自覚し、もう少しゆとりある生活を送れるよう意識的に努めようと思う。

歯が痛い~!!
やっと、歯医者に行けるsmile

続きを読む "治療10日目 通院 結果良好"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

治療9日目

勘弁して・・・・昨夜も眠れない。
3日ほど、無理に休養をとる目的で職場から帰宅後、息子が帰宅するまで横になるようにした。
いずれも30分~1時間足らず、うつらうつら眠っていた。普段こんなことをしたことないが、人間、横になったら寝られるものなんだと思った。^_^;
まぁ、普段の私のことを考えると、睡眠時間は足りているのかもいれない。
通常2時ごろまで起きているのは苦ではないが、何もせずただ布団に入って眠れないのはちょっと辛いものがある。
疲労感はないので、仕事には今のところ支障はないが、安静にするよう言われているのに、これでいいのだろうか。
薬を中止するまで、本当は仕事も休んだ方がいいんだろうな。

こんな状況ではあるが、耳の状態は、とても良くなっているようだ。
耳鳴りも共鳴もない。耳塞感もない。音もほぼ普通に聴こえている。
ただ、昨日と同様、右耳の後ろ側リンパ部分を抑えると痛みが感じられる。
肩こりもさらにひどいので湿布を貼った。
その肩こりも要因になっているのか、下側の歯茎が左右腫れて、出血もしている。
歯ブラシをあてると痛くて磨くことができない。
放ったままの虫歯も時々痛むので、そのせいかもしれない。

続きを読む "治療9日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

治療8日目

昨夜は、とんだ災難に見舞われた。
いつもより早くベッドに入ったにもかかわらず、朝四時頃まで寝付けなかった。
昨日、あれこれ動きすぎて神経が高ぶっていたのか、布団に入るものの眠れない。
普段なら2時3時まで起きていることも多いけれど、こんな時なので本を読んだりパソコンをつけたりしたら疲れるし、余計に目が冴えてはいけないと、ひたすら目を閉じてじっとしていたがやっぱり眠れず。
日頃、短い睡眠の習慣にもかかわらず、治療開始とともに下手に睡眠時間を増やしたせいなのか、それとも薬の副作用なのか。

休養が必要かと午前中は自宅で療養して午後から出勤しようかとも考えたが、睡眠不足でしんどいという感じはなかったし、今日は、他のスタッフの外出予定が多く、留守番がいないと困るので、普通に出勤した。
夕方は早く仕事を切り上げるつもりだったが、少し仕事が立て込んできて、今週末に必要な資料も出来ていないので定時まで続けた。
例年、この時期は残業になることも多い。
今後もっと忙しくなることがわかっているので、そのためにも今は治療を優先にして、途中で仕事をやめて、定時で帰宅。

今日から神戸はタクシー代が約1割値上がりする。
タイミングが悪いなぁ。いやいや、そんなことは言ってられない。
人混みを避けられて、しかもほとんど疲れることもないんだから。

ん~、こんなことでいいんだろうか、安静にって言われてるのに、休養が足りないのでは・・・・
右耳の後ろ側リンパ部分に痛みが感じられる。
手でしばらく揉みほぐすと、痛みがなくなった。
肩こりもかなりひどいので、肩と耳の後ろに湿布を貼った。
今日は、うーんと早くベッドに入ろう。

続きを読む "治療8日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

治療7日目

この時期、周りは菌でいっぱい、仕事を休まなかったことを後悔しないよう外部との接触を極力避けるために贅沢ではあるけれど今週いっぱいは往復タクシーで出勤することにした。
仕事も事務所の中だけでと決めた。
しかし、先週延期したクライアント先にどうしても訪問したかったので、昨日の主治医の注意が頭によぎるが、午後からマスクをして出かける。
これもまた贅沢だが、自腹でタクシーで往復。先方での仕事は、事前に事情を説明していたので、必要最低限のことだけを行って、次回への宿題とさせてもらって、1時間ほどの滞在で引き上げた。
事務所に戻って、残務を片付けたら早退した。

帰宅後、今日も息子が帰宅するまで1時間程、身体を休めて、夜も早めに寝ることにした。

続きを読む "治療7日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

治療6日目 通院

4日まるまる家の中でゆっくり過ごしたので、とりあえず、出勤した。
突然休んだので、途中になっているものを整理したり、顧客との連絡をとったり、仕事は山積ではあるけども、休み休みペースを落として行う。無理をするなと自分に言い聞かせながら。

耳鳴りはほぼ治まった。
聴力は少し回復、左よりはかなり音量は劣るが右耳だけでも殆どの音を聴くことができる。
閉塞感あり、自分の声の共鳴は相変わらずあり。

夕方、早退して、耳鼻科に行った。
薬の効果があったのか、経過はまあまあ順調とのこと。

ただし、体調がよくなるとすぐバタバタしそうな私のことを先生はよく解ってか、前回よりさらに怖い警告があった。^_^;
ステロイド剤は長期に服用しない方がいいことと、最初にかなり多くを投与したので、急に中止をすると身体が自分の力で回復することが出来ないので慎重に少しずつ量を減らしていくとのこと。
その薬のせいで、感染症にかかりやすくなっているので、風邪は禁物。
ステロイド剤投与が終わるまでは、ともかく安静に、外にも出ないようにと再度念押しをされた。

ゆっくり休養したので、自分自身は身体も楽で、耳も聞こえるようになったので、安心していたが、そんな落とし穴があったとは・・・
ちょっと驚いたと同時に反省。
やっぱり私は病気なんだ、勝手な素人判断をしてはいけないと生活を改める。
家に帰って子供が帰宅するまで、1時間程横になった。
今週いっぱいは、通勤は往復タクシー、外ではマスク着用、仕事は事務所の中だけで顧客先の訪問もしない、昼休みもお弁当持ちで事務所の中でとり、勤務時間も短縮することにした。
若くない身体に、今私がきることはこれが限界。

もうひとつ問題あり。
例の虫歯が痛む。
歯科に行こうと思っていた矢先に、耳がこんなことになったので、すっかり後回し。
耳鼻科で相談したら、感染症にかかりやすくなっているので、やはり抜歯はダメだと言われた。
市販の鎮痛剤は飲んでもいいとのことなので、来週までだましだましでやり過ごすことにした。

続きを読む "治療6日目 通院"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

治療5日目

外部からの音は昨日より聞こえはいい、音とともに聞こえるブンブンの耳鳴りはないが、右耳だけで聴くと、サワサワガサガサというような音を伴う。
自分が話す声は二重に共鳴する。
しばらく、家に篭ったままなので、午前中、まだ人出が少ないうちに、2時間ほど買出しに出かけて、すぐ戻って休養。
スイーツも買ってきて、午後はティータイム。
休日であっても、家にいることは少なく、こんなにゆっくり時間が流れることは、最近ほとんどなかった。
病気のおかげかな。
イライラは禁物、美味しいものを食べて余計なことは考えないようにしなければ。
明日から仕事に復帰する予定なので、十分休んでおこう。

続きを読む "治療5日目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧